2015年4月12日

panda01.gif シャドーバンキングとソーシャルレンディング

WSJのニュースを見ていたら「拡大する影の銀行のリスク―IMFが再度の警告」とありました。シャドーバンキングって聞くと中国がすぐに思いつくのかもしれないのですが、これは何も中国だけではない気がします。

2008年の金融危機を見直すと、いろいろな問題があったにせよ、サブプライムローン問題が一つの鍵になっています。信用の無い人に貸し出すと貸し倒れリスクがあるので、複数の人の人の貸付債権を纏める事で、1人が貸し倒れても、まだ返済できる情況を作り出し、貸し倒れリスクが低くなったとみなして、格付けを上げる。その債権を複数の人に販売したが、債権販売会社は債権を売る際の手数料収入が売上となるので、個人の信用調査も甘くなり、格付けも甘くなり、ひたすら売れる債権を作り出しました。買う側も、高い利回りを求め、信用の低い債権でも利回りが高ければ、どんどん購入していきました。しかし、一度、土地の値段が下がり始めると、貸し倒れる人が想定以上現れ、債権の焦げ付きが連続して発生したってな感じです。

金融危機後は信用収縮していったのですが、その後台頭を現してきたのがレンディングクラブに代表されるようなソーシャルレンディングです。別名でP2P(個人から個人への貸付)やP2C(個人から企業への貸付)のレンディング形式が広まってきております。(日本では広がりを見せていないですが)

中国でも理財商品という形で以前から信託会社が資金を集め企業に貸し付けるという形式が多かったのですが、信託会社が集めたお金がどんな会社に貸し付けられているのかも見えづらいという事もあり、2013年頃からP2PやP2Cの貸付サイトが急速に人気を集めております。P2PやP2Cの何が良いのかといば、貸し倒れリスクをまともに貸付人がうける代わり、信託会社等を通してお金を貸すよりも高い利回りを求めることができる事です。もちろん、ソーシャルレンディングの運営側も貸し倒れリスクを貸付側に一方的に押し付けると、資金が集まりにくいことを認識しており、間に担保会社を入れたり、運営側自身がある程度の保証金を積むことで、貸付側のリスクがほぼ0になる事を謳っております。(理財商品の場合は、理財販売会社がリスクを負わないので貸し倒れたら即貸付側にリスクが来ます。しかし、今までの所、政府が資金を供給して元本割れを防いでいるようです。)

問題は、P2PやP2Cの形式では、個人が貸付先の信用調査を本来ならばしなければならないのですが、個人に信用調査をする能力があるのかという点です。そのため、運営サイドで格付けをすることになるのですが、運営サイドは個人が貸し出した先が倒産しようがどうなろうがリスクはありません。そして、貸付先を多く紹介していけば運営会社の収入が増えていきます。当然、信用調査なり格付けは甘くなります。

というわけで、ソーシャルレンディングが次の信用拡大の一端を担っていると思っており、当然、これらのお金は、銀行でお金を調達できない人やし難い人に貸し出されて行くことになるので、シャドーバンキングの問題は世界的にまた広がっていきそうだなぁと思うわけですね。その中でも中国はとてつもなく大きそうですが。

投稿者 cazper : 10:43 | コメント (0) | トラックバック (0) | 日記2015 | b_entry.gif
     

2015年4月11日

panda01.gif 日本のビットコイン取引価格は高い

世界で取引されているビットコイン価格と日本の大手取引所で取引されているビットコインの価格を比較すると、何故だか分からないのですが平均して2%~3%程度ビットコイン価格が高い現象が現れております。その事を一目でわかるようにビットコインの取引情報ボードを作ったわけです。

ビットコインの価格が上がるのにはいくつかの原因が推測されます。
●日本人が海外でのビットコイン価格を参考にせずに売買をしている
●日本ではビットコインを売却する人よりも買いたい人が多い
●日本ではビットコインを取引所で買うのではなく、高値でも良いので販売所で購入したい。(販売所の方が大手企業の出資を得られていたりします)

ビットコイン価格が日本だけ数%高いという事は、為替が動かないことを前提にすれば、海外でビットコインを購入し、即座に日本でビットコインを売却すればそれだけで数%の利益が出ていることを意味します。今の状態なら海外展開する企業や人にとっては濡れ手で粟のアービトラージ取引し放題の状態です。なにせ、海外でたまった外貨をビットコインを通して日本に送金し、日本円に返還するだけで確実に数%の利益が出ていくのですから。

マウントゴックスが運営されていた際は世界的に大きな取引は日本でおこなわれていたのですが、倒産してしまった後は世界の大きな取引は中国に移動してしまっております。そして、日本で運営されている取引所は世界的にみても小規模な取引額しか無くなってしまっているのが現状です。

取引額が大きくなって、正しい値決めがされるようになると、ビットコインが日本でも普及するようになるんじゃないでしょうか。鶏が先か卵が先かの話なのですが。

投稿者 cazper : 10:23 | コメント (0) | トラックバック (0) | 日記2015 | b_entry.gif
     

2015年4月10日

panda01.gif ビットコインの取引情報ボードを作ってみた

以下の背景からビットコインの取引情報ボードを作ってみました。リロードすれば、各大手取引所のビットコイン価格情報を取得して日本で売られているビットコインが世界に比べて高いのか安いのかを瞬時に表示するようにしてあります。アービトラージ取引する際には利用価値があると思います。


マウントゴックス亡き後、日本のビットコイン取引所で今の最大手はBtcBOXです。しかし、世界のビットコイン取引所から比べれば取引量は小さいです。

参考にですが記事を書いている時点で直近24時間の取引量は日本円換算で
BtcBoxが3500万円
Bitstampが3億円
Krakenが9500万円
BtcChinaが39億6千万円
となっています。

取引量が少ないとスプレッド(売り気配値と買い気配値の差)が大きくなるのですが、日本のビットコイン取引所を覗いていると変な現象がわかりました。それは、スプレッドは兎も角、ビットコインの売値が他の取引所と比べて異常に高いということです。簡単に言い換えれば、この状況下で日本の取引所でビットコインを買うのは損という事になります。

参考までに今日時点での1ビットコインの日本円換算の価格を書くと
BtcBoxが29,600円
Bitstampが29,434円
Krakenが29,276円
BtcChinaが29,259円
となっております。

スプレッドが開くのは理解できるとしても、ビットコインの価格が世界に比べて高いのは普通では説明が付きません。敢えて考えるのならば、日本ではビットコインを売る人に比べて買う人が圧倒的に多いという特殊要因があるのかもしれません。もしかしたら、日本ではbitFlyerに代表されるようなビットコイン販売所のような所でビットコインを買ってしまう人が多く、これらの販売所が高値でもビットコインを買っているのかもしれません。

とは言え、ビットコインでトレードをする上では世界の値動きを常に見る必要があり、それに対して日本での価格がどの程度なのかを直ぐに把握できる環境は必要だなぁとぼんやり思いました。そんなわけで、急遽作ってみたのが、ビットコインの取引情況を確認できるボードです。

このボードではJPY、USD、EUR、CNYで各取引所でビットコインを購入した場合、幾らで購入できるのかをひと目で確認することができます。また、公表の為替レートに対して、ビットコインを経由させて両替した場合、どの程度の為替レートで両替が可能なのかも確認できるようにしております。

ビットコイン・取引情報ボード
ビットコインやリップル等の仮想通貨で海外送金

投稿者 cazper : 00:04 | コメント (0) | トラックバック (0) | 日記2015 | b_entry.gif
     

2015年4月 7日

panda01.gif ボデシ人ローション

先週末は成都花水湾中旅樱花宾馆で温泉に入っていたのですが、そこで見つけたボディーローションの日本語が惜しかった。
ボデシ人ローション body lotion
ボデシ人ローション

古い温泉ホテルだけに、間違いを今まで指摘した人は居なかったのかと...問い詰めたい。

投稿者 cazper : 19:27 | コメント (0) | トラックバック (0) | 変な日本語 | 日記2015 | b_entry.gif
     

2015年4月 1日

panda01.gif パンダミルクチョコレートだった

だったら、今のお前は何なんだ?
Panda Milk Chocolate

投稿者 cazper : 08:23 | コメント (0) | トラックバック (0) | 変な日本語 | 日記2015 | b_entry.gif
     

2015年3月28日

panda01.gif 美的のホームベーカリー・マシンで食パンを作る

Midea(美的)のホームベーカリーマシンを2ヶ月ぐらい前に譲り受けたのですが、あんまり真剣に作ることを考えてこなかったので材料も用意せずに放置しておりました。

放置しておくのもしょうがないので、まずタオバオで酵母菌やら強力粉(面包粉)を購入。ちなみに酵母菌は5gが10袋で9.9元、強力粉は2.5Kgで23.5元。
面包粉
バターは近くのスーパーで2つで35元程度の物を購入。牛乳は完全殺菌の1年ものなのですが既に1ヶ月以上賞味期限が過ぎている物を利用。

コストを考えると、1回の食パンに、0.9元+2.3元+1.75元+1.5元+電気代+調味料となるので、概ね8元~9元掛かっている計算になります。市販の食パンよりも若干小ぶりなので、手間暇も考えれば、外から食パンを買ってきた方が安いし美味しい可能性が高いという事が、やってみてわかりました。(機械を譲ってくれた人は、パン屋からパンを買ってきた方が安いし美味しいと言っていたので、その通りという事になります) 逆に、バター風味が強いパンがパン屋で15元位で売られているのは、値段的に納得できます。

とはいえ、ホームベーカリーは自分好みに味を調整できるのですから、お金で換算できない価値があるのも確かです。

てなわけで、ホームベーカリーに材料を投入。投入の方法は付属の中国語の説明書に書いてあった方法とクックパッドに書いてあった方法をちゃんこにして、概ね目分量で投入。
Midea home bakery machine
強力粉250g、砂糖大さじ2杯、塩小さじ1杯未満、サラダオイル大さじ1杯、バター20g、酵母菌5g。入れる順番は、液体系を最初、その次にバター・砂糖・塩、その上に強力粉を入れて、最後に酵母菌の順番。説明書によると塩と酵母菌を接触させないようにしてくださいとのこと。

そして、電源投入
Midea home bakery machine

待つこと3時間。出来上がりました。
Midea home bakery machine
蓋を開けた瞬間に、パンの白い部分が目に入ってきたので失敗したかなぁと思ってたんですが、一応食パンとしては出来ました。ただし、粉が多かったためかパンの頭の部分がマシーンの天井にぶつかり、焦げ色がつかなかったようです。

逆さにすれば、食パンっぽく見えるのでよしとしましょう。
Midea home bakery machine

次は、バターと砂糖を若干多め、粉を少なめにして再挑戦です。

投稿者 cazper : 12:57 | コメント (0) | トラックバック (0) | 日記2015 | b_entry.gif
     

2015年3月27日

panda01.gif 漢能薄膜発電は資金を集めまくってるけど成長株なのか

太陽光発電で注目されている香港上場の漢能薄膜発電(0566.HK)ですが、23ヶ月の間市場が閉まる10分の間に株価が上がっているという指摘がされております。クリーンエネルギーは個人的には好きですが、太陽光発電は廃棄コストが大きいとか、パネル廃棄時の環境負荷が大きいとか、作成時のエネルギーに対して取り出しエネルギーは疑問符が付くという話があるため、あまり好きになれない業界だったりします。

偶然では有るのですが、最近P2C理財の実態を調べている際に、漢能薄膜発電系列がP2C理財サイトにて11%の年利の調達コストをかけながら資金を集めているのが目につきました。「汉能控股集团原材料采购应付账款转让项目」(実際には年利11%以上の調達コストを掛けていると思います。予想は20%位)

何故目についたのかというと、株価が上がり、創業者も時代の寵児となった会社にも関わらず、何故、太陽パネルの材料の調達の際に年利11%以上のコストを掛けているんだろうということです。この位の会社なら銀行からもっと低い金利で調達できるはずだからです。まだまだ本業である他の発電から上がるキャッシュフローがあるというのに、それ以上の資金を必要としているのも不思議です。

良い方に考えれば、生産が追い付かないぐらいパネルの需要があり、資金をかき集めなければならないフェーズであるという事。悪い方に考えれば、株価を上げるためにも、見かけであろうが無かろうが売り上げを上げることに必死で、前倒しで資金をかき集めて製造に回しているという事です。(発電からあがるキャッシュフローがあるから、ある程度の無理をしても売り上げの嵩を上げる事ができます)

良い方であって欲しい反面、昨日のニュースが出てくるところを見ると、こういう会社には近寄らない方が個人的には良い気がするのですけれども。

投稿者 cazper : 12:00 | コメント (0) | トラックバック (0) | 日記2015 | b_entry.gif
     

2015年3月24日

panda01.gif リップルトレードジャパンが破綻!?真相推測 5000万のマイナス!

リップルトレードジャパンに連絡が取れない、破綻したのでは?という話が流れていたので、リップルトレードジャパン's ブログから情報を拾ってみました。

2014年4月の段階で、合同会社が出来て、そこから毎週合同会社の収支及びキャッシュ・フローを公開しております。最初の週から出金が超過しており20週目の2014年8月に残高がマイナス1000万を突破、そのまま出金超過が続き2014年10月にはマイナス2500万を突破。2014年12月に大きな入金があり残高が300万程度のプラスに転じたものの、その次の週からは出金が急速に続き、最後の記録が残る2015年2月2周目にマイナス5000万の残高となっております。

つまり、合同会社が出来た直後から慢性的に残高がマイナスであった事が分かります。合同会社の資本金である100万円を大幅に超えるマイナス残高でも運営できているのは、IOU発行で調達した預り金があったからです。

リップルトレードジャパン:キャッシュ・フロー


しかし、その後も資金流出が続いた上に、3月頭のシステム・トラブルで信用不安が起き、一気に、出金額が増えたことで預り金残高がショートしたとみる事が出来ます。

一方で、ゲートウェイは独自IOUを発行して、それと引き換えに現金を預かるわけですから、預かった資金を流用していなければ、全員が出金したとしても全額返済できるはずです。したがって、もし、リップルトレードジャパンが返済できない状況に追い込まれたとするならば、合同会社に組織変更する前に既にIOUを発行して預かった資金を流用していた疑いが出てきます。(あくまでも想像ですので、真実はわかりませんが。)

ゲートウェイのビジネスモデルとしては、IOUで預かった資金の運用で儲ける事と、IOU発行及び買戻しの際に課金する手数料で儲ける事がメインとなります。ブログで発表されている数字を集めていくと手数料収入はこの1年で1700万円程度になっており、この大凡半分を内部留保にしているので850万円程度は合同会社としてのプラスの資金になっていたはずです。(逆に、運営側の給料としてみたら少な過ぎですが)

このプラスの850万円の内部留保(というか、合同会社の本来の収入)を考慮しても残高が大きなマイナス5000万になって、その後に音信不通になっているわけですから、合同会社としてリスタートした際には既に問題があったのであろうと推測が出来ます。合同会社とて公告義務はあるわけですから、官報やネット上に収支報告は載せるべきでしょうし、それさえ有ればより詳細な原因を追究できます。ただし、設立から1年経とうとした段階での音信不通なので、公的な強制力を働かせないと真相は闇の中になるでしょう。

ゲートウェイでIOUを発行するという事は銀行から通帳を発行してもらってお金を預けるのと同等なのですね。別の言い方をすれば、ゲートウェイは短期的な負債を背負っているという事です。無利子・無担保の借入れをしたゲートウェイが、その資金を流用していないとしても、例えば株式等の長期的な運用資産で資金を回していると、黒字倒産という事態は起き得ます。それを理解してゲートウェイビジネスを営んでいく事が重要だと思います。

投稿者 cazper : 18:47 | コメント (0) | トラックバック (0) | 日記2015 | b_entry.gif
     

panda01.gif リップルトレードジャパンが破綻!?連絡不能らしい

リップルで介在するXRPを現金化するにはゲートウェイが必要なのですが、日本ではゲートウェイとして東京JPYリップルトレードジャパンが有名で、取引量も多かったようです。しかし、リップルトレードジャパンからの出金が先週ぐらいから出来なくなっているようです。

もし破綻となった場合には、リップルトレードジャパンは合同会社(LLC)ですので、有限責任となりリップルトレードジャパン発行のIOUであるJPYを保有の人は、一般債権者として会社精算後の残金を債権割合に応じて請求し返済される事になると思います。

リップルに限らないのですが、現状における仮想通貨の最大リスクは「リアルな現金の出入りが伴う取引所」だったり「ゲートウェイ」にあります。

ビットコインの場合は、ウォレットサービスと合わせて現金の預入及びビットコインへの換金をする所に現金が集まります。ビットコインの場合のリスクは2つあり、オンラインのウォレットからビットコインが盗まれるという点と換金所が資金ショートして換金が出来なくなる点。

リップル・ゲートウェイの場合には、オンラインウォレットがリップルラボにより運営されているので、どちらかと言うと、ゲートウェイでの換金リスクの方が高くなります。

ビットコインでもそうなんですが、リップルも相場が上昇する際、つまり、リップルの現金価格が上がる際には問題は起きないのですが、現金価格が下がる際に問題が良く起きます。これは、株式に代表される証券取引でも同じで、有名なところではバーナード・L・マドフの事件があります。

何故、相場が下がる際にこうした事件が起きやすいのかというと、相場が上昇する際には流入する現金が多く、流出する現金が少ないため、運営側が仮に悪いことをして顧客から預かった資金を取ったとしても資金ショートが発生しません。しかし、相場が下落すると流出する現金の方が多くなるため、顧客からの預かり資金を流用していた場合、直ぐに資金ショートが発生します。

リップルに関しては、IRBAに掲載されているゲートウェイを利用することがこうした被害から免れる最低限の行動になるでしょう。しかし、ゲートウェイそのものが財務として顧客の資金と運営資金の分別管理ををしていかない限り、同じような事は起きる可能性はあるかと思われます。

したがって、日本のリップルゲートウェイのように一回の引き出し額に対して手数料が課される場合には、XRPを引き出す際には信用のあるゲートウェイから一気に引き出す必要があるでしょうし、中国のリップルゲートウェイのように引出し額に対して一定のパーセンテージで手数料が課される場合には、少額ずつ引き出すという行動が必要になるかと思います。

いずれにしろ、リップルの場合にはゲートウェイが破綻してもXRPで保有している場合には影響がありません。ゲートウェイが発行するIOUは可能な限り短時間で処分する事が必要になってくると思います。(IOUというのはゲートウェイに対する借用書ですからね、ゲートウェイに信用が無い場合にはIOUを保有すること自体がリスクです)

投稿者 cazper : 13:25 | コメント (0) | トラックバック (0) | 日記2015 | b_entry.gif
     

2015年3月23日

panda01.gif P2PやP2C理財は将来第二のサブプライム・ローン危機を招きかねない

中国のP2PレンディングとP2Cレンディング」について先日書いていたのですが、なぜ、中国でここまでP2PやP2Cレンディング(日本で言うソーシャルレンディング)が流行ったのかといえば、政府の指導で銀行から企業への融資額が制限され、企業活動が制限されたからだと言えるでしょう。それでも、企業の資金需要は強く、シャドーバンキングという名前が出てきたように中国では理財(ファンド)が銀行の融資制限を補う形で企業への融資をしてきており、その規模はどんどん大きくなってきているようです。

規模が大きくなるに連れ、本来の銀行業務の範囲である、車購入資金のための融資もP2P理財に侵食されてるし、企業の運転資金に対する資金もP2C理財に侵食されてるし、銀行間取引も理財(ファンド)が係るように成ってきております。もちろん、P2PやP2C理財では、融資する側の個人リスクが高くなるため、ファンドの運営側では融資先から担保をとったり、担保会社を介在させたり、CDS的な保険を保険会社から買う事で、リスクを低減させているようです。(ファンド運営側は元本・利息保証を謳ってたりします。)

当然、日本ではファンド運営において元本・利息保証なんて言えないですし、そもそも、政府としては顧客の損失を防ぐという名目で、銀行業を保護するために、なんやかんやでP2PやP2C融資市場の拡大をさせないようにしそうなものです。

中国に限らないんでしょうけれども、ファンド運営側が元本・利息保証を謳っていたり、色々な仕組みで元本を守ろうとしても、そんな事を100%信じられるか?というと言えないわけです。サブプライム危機のときでさえ、CDSで保険を掛けたから大丈夫だとおもってたら、保険を売った側が倒産して債務不履行の嵐になってたりするわけですから。

さて、以下の案件は、融資先企業が返済できず、更に、担保会社が連帯保証責任を放棄した例です。本来なら、債務を持つ企業が債務不履行になった際に、連帯保証人である担保会社が代わりに債権者に返済をし、その後、債務を持つ企業に対して返済を迫るのが通常なのですが、何故か担保会社は債務の肩代わりを速攻拒否しております。どうせ、担保会社は連帯保証人になる際の手数料だけを貰って、実際に融資先が事故ったら倒産すれば良いとでも考えていたのでしょう。(そういう責任感の無い担保会社は意外と中国には多そうです。特に地方で。)

【紧急通知】关于"电动车配件及电光源企业采购原材料"项目结清及暂停上线河南诺亚项目的通知

上記案件では、幸いにもファンド運営側が担保にとっていた資産(土地)を不動産会社に売却することで資金回収をして、債権者への返済に充てるようです。しかし、担保会社が債務の肩代わりをしないため返済の時期も遅れてしまいます。

P2PやP2C融資においては、元本保証計画という名前に吊られるし、融資する側の個人の方は融資の専門家でも無いので融資先の財務状況なんて一切調べないと思います。そもそも、P2C融資になると、融資先の名前を伏せるので担保会社からの紹介文を信じるしかありません。

ソーシャルレンディングの構図は実際には以下の様な構図になっていて
融資先企業:簡単に借りられるのなら借り入れしたい
担保会社:連帯保証契約をして手数料稼げるなら稼ぎたい(事故ったらトンズラ)
融資する側:担保会社が絡んで元本と利子を保証してるんだから、出来る限り高い利回りが欲しい

担保会社が介在したからといって元本が安全かといえば安全でもないし、担保があるから安全かといえば金融危機が起これば担保価値も同時に下がるので安全とも言えません。これは、まさにサブプライムローン危機が発生した際の構図そのもの。融資する側が貪欲にならず、融資先企業の内部を見る目が無いと、信用の無い人がどんどん金を引っ張っていくようになり、最後は爆弾が大きくなって破裂するようになっていくのでしょうね。

投稿者 cazper : 12:22 | コメント (0) | トラックバック (0) | 日記2015 | b_entry.gif
     

●他人が慎重さを欠いているときほど、自分たちは慎重に事を運ばなければならない
●買うのは企業、株ではない
●ルール その1:絶対に損をするな。ルール その2:絶対にルール1を忘れるな。
●貯蓄十両、儲け百両、見切り千両、無欲万両(邱永漢 氏)
●仕事をやるなら、陽の当たるところに動け(邱永漢 氏)
●時代の移り変わりが見える位置に自分をおく(邱永漢 氏)
●聖なる好奇心をもちたまえ。人生を生きる価値のあるものにするために。(アインシュタイン)