2015年5月のアーカイブ
メインへ戻る

2015年5月22日

panda01.gif 中国株の株価バブルが弾ける兆候が出始めたか?

中国株(上海・深セン)は今日も相変わらず上げていたりするのですが、一昨日、昨日ときな臭い動きが出たようです。まずは、一昨日、漢能薄膜発電(HKG:0566)の株価が30分で50%の下落をするという異常な動き。そして、昨日は高銀金融(HKG:0530)と高銀地産(HKG:0283)が50%を超した下落を見せた事。

漢能薄膜発電にしろ高銀金融にしろ高銀地産にしろ、共通しているのは売上が大きく上昇してきていた事。一方で、高銀の方はキャッシュフローがマイナスで動いてきた事。漢能薄膜発電の方は、親会社との取引が半分以上を占めており、親会社の都合で売上がどうとでもなってしまう情況にあった事。

中国本土株は株価が急上昇したことで既にPERが高いところにあるし、香港株も一部の銘柄は急上昇をし始めており、PERが高い水準に来ている企業がまぁまぁあります。PERが高いということは企業に対する期待値が高いということになるので、業績が追いかけられなければバブルといえます。

したがって、中国企業は業績を上げていかなければならないのですが、足元の経済は停滞気味です。P2P業界を見ていても、資金繰りがあっぱくされているのか、高利回りの理財商品が沢山売りに出されております。つまり、売り手筋からみれば、売上を無理に出しているようにみえる企業があれば、売り浴びせたくなるのではないでしょうか。

広発証券のマージントレードで借りている人々の動きも、最初の頃は1ヶ月限で年利10%で資金を借りていた人が、最近では2ヶ月~3ヶ月で年利12%~13%で借りる人が増えてきており、その数も増えてきております。マージントレードをする人が増えてくれば、売り手筋にとっては美味しい情況がどんどん作られていきます。

あとは何らかのキッカケが必要で、そのキッカケはギリシャ危機かもしれないし、どこかの大手が資金繰りに窮する事かもしれないし、はたまた、指数の売り浴びせかもしれないわけです。

先のことはわからないですが、今の中国株・香港株市場はなんとなく危険な香りがしますね。

投稿者 cazper : 10:14 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2015年5月21日

panda01.gif 犬がエスカレータをウォーキングマシンとして使う

[上海@晴]
帰宅途中で地下鉄の駅に繋がる階段を降りていたら、登りエスカレータにかわいいポメラニアンの仔犬があるいていました。エスカレータをウォーキングマシン(ランニングマシン)代わりに使ってました。

投稿者 cazper : 23:59 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2015年5月 8日

panda01.gif 株価の単なる上下動は富の移転を促進しているだけ

上海本土株がここのところ上昇を続けており、それが今週一気に下落に向かい、今日は上昇するといった荒い動きに成ってきているようです。

株価がこれだけ上下動する事は、端的に言って何が起きているのかというと、株の取引をしている人の間で富の移転が行われているという事だと思います。

宝くじはマイナスサムゲームなわけですが、胴元は必ず富が流れ込み、更に宝くじを買った人の中で当たった人にも富が流れ込み、大多数の負けた人からは富が流れ出します。株式も短期的なマーケットで見るならば同じことになります。したがって、荒いマーケット情況に慣ればなるほど、損した人から儲かった人に富が流れていきます。ただし、株式の場合には経済成長をしている限り、株を保有する全ての人に富が流れることには理論上はなっています。

そういう目でマーケットを眺めてみると、今週の中国本土のマーケットの中では多くの富の移転が行われたんだなぁと思うわけです。ただし、大波として捉えれば、相対的には儲かっている人が多く、これから来るであろう下げ相場において、大きな富の移転が行われるんだろうなぁと思うわけです。

投稿者 cazper : 21:55 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2015年5月 5日

panda01.gif 中国でP2P理財の終わりの始まりか?

[晴@上海]
地下鉄に乗っていたら、車内広告で以下のような吊り革広告を見ました。
中国P2P理財
国誠金融によるP2P理財の広告です。

今までは草の根的にP2P理財が拡大していたのが、一気に車内広告まで打って顧客獲得に乗り出してきております。しかも、1ヶ月等で利率は15%以上。

それだけ、資金に窮している人や企業が多いのが中国なのでしょう。今までは、P2P的な資金の貸し借りは少なかったので銀行が貸し渋りをした瞬間に資金繰りがきつかった企業が自動的に淘汰されていったのですが、今はP2P的な資金の貸し借りの土台が広がってきたので、苦しくても生き残ろうとする時間が伸びている情況も増えているのだと思います。

世界的にマイナス金利に向かっている中で、中国では資金繰りがキツくて資金を欲している企業や人が増えてきているようです。景気が回復すれば、当座を乗り切って生き延びれるのかもしれませんが、中国では生産過剰も良いところなので、どこか大きいところが息切れすると一気にパタパタと行きそうな気もします。それが今年なのか、来年なのか、はたまたそれ以降なのか、大どんでん返しで息切れせずに伸びていくのか、興味深い所です。

投稿者 cazper : 19:06 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2015年5月 2日

panda01.gif 釣具は日本製に限る!

中国では、日本製への信頼が何気に厚いです。そのせいか、中国人に依る中国人の為の工場であっても、日本製のごとく見せかけようとする製品が沢山あります。

その代表格の1つが釣具。
中国・釣り針

これは釣り糸の説明文。何だかわかるような、分からない文になっております。読んでいるとイラッと来る日本語なのですが、中国人にとっては日本語の説明文なんてよくわからないし、日本語書いてあるから性能が良いのだろうと思った人に買わせようという魂胆です。

もちろん、これを買っている人が中国製であることを分からないわけはないので、こんな事をやめて堂々と中国製で売れば良いと思うのですがね。

投稿者 cazper : 19:34 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif