2015年10月のアーカイブ
メインへ戻る

2015年10月21日

panda01.gif ビオフェルミンでヨーグルトを作る

昨日自家製ヨーグルトを作る際に、ふと思い立ち、普段使っている乳酸菌ではなくビオフェルミンを入れてみたらどうなるのだろうと思いまして、普段使っている乳酸菌に追加する形でビオフェルミンも投入してみました。
Biofermin yogurt

11時間後に出来上がったビオフェルミン・ヨーグルトを食べてみると普通に出来てます。追加のビオフェルミンの効果なのか、普段よりも酸味が強く出ていました。
Biofermin yogurt
ただし、今回は普段使っている乳酸菌に追加する形でビオフェルミンを投入したので純粋ではないです。今回のヨーグルト製造後にネットで調べてみると同じように実験をしている人がいて、錠剤よりは顆粒のビオフェルミンの方が純粋にビオフェルミンだけでヨーグルトを作る際には出来上がりが良いようです。

ネット上の情報を総合すれば、牛乳1Lに対して顆粒では小さじ1で出来上がるようなので、錠剤であれば9個位必要そうです。錠剤の場合にはあまりゴリゴリ砕くよりは、軽く砕いて牛乳に投下して、自然と溶けていくのを待つのが良さそう。

次は、純粋にビオフェルミンだけでヨーグルトを作成してみようかと思います。

ちなみに、ビオフェルミンは生菌でして、某社のサプリだと死菌です。死菌だとヨーグルトの作成は出来ません。生菌が直接腸で働くと思いきや、死菌でもそれを原料にして体内の防御機能が上がるらしいので、効果は同じなんだとか。ただ、個人的には年令によって腸内の菌バランスに変化が現れることから、外部から直接的に生菌を投入する事は意味があると思っています。そんなこんなで、ヨーグルトや何らかの形で菌を体内に取り込んでいきたいですね。

投稿者 cazper : 13:40 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif