メインへ戻る

2005年4月28日

panda01.gif 胃の調子が・・・

[晴れ]
朝6時起き、7時10分発、8時40分出社、18時30分退社

昨日飲み会のせいもあり、胃の調子が悪い。ということで、昼はメロンパン×2個。今日は装置と格闘。午後は引き継ぎプログラムを理解。ちょっとだけ書き直し&足す。

渋谷で寄り道。寝不足のため、ちょっと元気が無い。


時事ネタ的には遅いのですが、兵庫県尼崎市のJR宝塚線(福知山線)の脱線事故について一考しておきます。

高校の物理でおなじみの向心力を考えてみましょう。速度をv、回転半径をr、質量をm、加速度をaとすると向心力Fは以下の式で表されます。
F=ma=m(v×v)/r

これは何を意味しているのかというと、遠心力は物体の速度の2乗に比例するということです。ということで、制限速度70kmのところを100kmで行くと、約2倍の遠心力が掛かります。

これだけみると、制限速度の2倍の遠心力がかかりゃ脱線すると思うかもしれませんけど、そうともいえません。何故ならば、電車はモーターや台車等の重たい部品が全部車体の下についているので、そもそも転倒しにくい構造なわけです。

その証拠として、JR西日本側の発表でも「快速が脱線したのは、踏切の約100メートル手前の右カーブで、計算上、時速133キロ以上の速度が出ていないと脱線しないという。快速は「207系」という電車で、設計上の最高速度は120キロ。現場は時速70キロの速度制限区間だった。」

つまり、力学的(モーメント的)には計算上、脱線しないわけです。

そこで、私が注目しているのは、外輪(フランジ)と線路(軌道)の間で生じる摩擦力です。

先にも書きましたが、時速70kmと100kmでは、遠心力が2倍違うわけです。摩擦力というのは、垂直抗力(この場合は遠心力)に比例します。よって、車輪(フランジ)と線路の間で生じる摩擦力も2倍になっていたと考えられます。

そのために、以前日比谷線の地下鉄事故で問題になったような、車輪の這い上がり現象(乗り上がり脱線)が生じた可能性があります。

もしそうであれば、外輪が脱線後、電車は直進し、内輪が外部軌道(レール)に乗り上げて外側に傾斜し、そのままマンションに突っ込んでいったと考えられます。


この事件とは別に、直前の駅で60mもオーバーランしてるという証言があります。この原因は二つの可能性があります。一つは「運転手の居眠り」。そしてもう一つは「ブレーキ関連の故障」

何故、60mもオーバーランした原因を誰も聞いていないのでしょうか。60mオーバーランした時点で、車掌とかが運転手に原因を聞くのが普通じゃないですかね。8m位のオーバーランじゃないんですよ。大体、60mもオーバーランしてる時点で乗客が運転手を不審がるのが普通ですよ。

こう考えていくと、ブレーキ関連の故障があるような気もするんですよね。

そして、ブレーキ関連の故障を考えていくと、ただ単に壊れた ということもあるでしょうが、テロのような事件の可能性も否定できなくなってくるわけです。

この部分に関しては、警察さんにお任せしましょう。まっ、居眠りのラインが濃厚な気もします。

投稿者 cazper : 23:23 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年1月28日

panda01.gif スタイルシートってバグバグじゃん

[晴れ]
ライブドア ホームページ・クリエイター6 ホ-ムペ-ジクリエイタ-6-W [ホムペジクリエイタ6W]←今非常にこれがほしい。誰か買ってちょ。(T_T)

何気にヒキー決め込む。一点集中やっとります。やれるときにやらんとね。

ええと、夜のテレビで、粉々になる風船の仕組みが話されてた。今度作ろうっと。作り方は、普通のシャボン玉溶液に砂糖を大量に入れるらしい。そうすると、シャボン玉作った後で、水分が飛んで殻が固くなるらしい。ただ、乾くまでに時間が掛かるので、静電気とかで空中に浮かせていないといけないらしい。
直ぐに乾くように細工するならば、シャボン溶液にエタノール入れて、砂糖大量にいれればいいのかな。そうすれば、エタノールの蒸発と共に水分も飛んで、直ぐに硬くなるかな。これ、シャボン溶液メーカが作ったら儲かるんじゃない?

今の時代はスタイルシートで作るのが良いのかと思ってたけど、バグ多すぎ。

今作ってるのは、左枠の幅が可変で 右枠の幅が固定した 2段組で 左の枠の中に枠幅一杯のTableがあるわけさ。IE専用ならば作れるんだけど、NN7やMozilla君で読み込むと、2段組にならないよ。ショボーン。

結局、スタイルシート使わないでTableだけで作る羽目に・・・

投稿者 cazper : 04:25 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年1月24日

panda01.gif 風力発電と腐食

WBSでアメリカのCAPE CODで風力発電所を建てようと計画しているCEOと地元の住民の様々な反応が放映されていた。ここは遠浅の海らしく海洋発電所を作りやすいらしい。遠浅の海をもつ海岸はどこでもリゾート地になってるから開発は難しいんだろうね。

それはそうと、資本回収に10年以上かかる代物である風力発電の支柱は金属で出来てるわけで、腐食を考えないといけないでしょう。地中に埋まっている部分が特に溶解してしまうでしょう。ということで、当然ながら亜鉛ブロックなどを用いた防食を考えないといけないでしょう。

そこで重要になるのが、大規模腐食解析シミュレーションでしょう。無限境界問題とけば結構楽に解けるとは思うけど愚直に解きたくも無いしな…。

しかし、腐食しやすい金属で作られた物体をよく海洋にもっていこうとするなぁ。メンテナンス費用は馬鹿にならないんじゃないかな~。技術屋はこういう問題を克服すべく進んでいくものだけどねぇ。

投稿者 cazper : 10:54 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年1月18日

panda01.gif 学部生不在

[晴れ]

スキーバッグを着払いで送ったのだが、1500円掛からない位で届く。研究室にゆっくり行くが、どうやら、N君としゃっ君が最近来ていないらしい。学部生なので卒業できるのか?というのが専ら学生間の話題。帰宅後は、ガイアの夜明けとWBSを見る。

人生の法則の話
前から周りの人には言っているのだが、人生って上の図にあるような法則があるような気がする。知識を得て、実践し体感し、それで生じた失敗をもとに知識を増やし、さらに実践していく。これを繰り返して成長していくんだろうなぁと。しかーし、実践するには金銭的な損失や様々なコストが生じるので中々踏み出せない。っていうよりも、殆どの人は踏み出さない。そういう意味で、自分で目標を持って一歩一歩「実践」していく事が重要なんだろうね。

ビジネスの話
先日中国の自動車アフターパーツの話を書いたのだけど、今日の日経新聞にイエローハットが中国ビジネスを展開する話が書いてあった。これは非常に良い戦略なのではないでしょうか。

ビジネスの話
渋谷にINDEXという洋服屋があり若い女性であふれているのだが、あの母体が㈱WORLDだと知っている買い物客は少ないのではないだろうか。ところで、WORLDが展開するブランドは大小全部あわせると100程あるわけだ。この位あると、人によっては好きな二つのブランドが実は同じ会社の物だったという事もあるんでしょうね。

ビジネスの話
賃貸を運営する上で、最低限の利益率はどう決めてるんだろうと疑問に思うときがある。多分ではあるが、投資回収期間は10年位で計算されているのではないだろうか。木造建築だと法廷耐用年数が23年程なので13年分は丸儲けできるわけですね。

株の話
MSCBという転換社債は空売りをする事でうまく相場を作ることが出来る。今回大幅なMSCBを発行したのはフジテレビ。ニッポン放送を買収する資金を調達するのにMSCBを大和證券に引き受けてもらったわけだが…。今後株価がどう動いていくかは注目です。(下限118650円で上限474600円。毎月第3金曜日までの5日平均。平成17年2月28日から平成19年2月22日までの間)

化学の話
最近難燃剤の製品が多く世に出されている。では、難燃剤に利用される原料って何なんでしょう。と書きながら、私は難燃剤には興味が無くて、難燃助剤の方に興味があります。難燃助剤も色々あるようですが、三酸化アンチモンが幅広く利用されてるようです。そういう背景でレアメタルのアンチモン需要も大きいわけですが、アンチモンってかなーり毒性強いですよ。難燃助剤のくせして、燃えると毒性強い…たちが悪い。ということで、化学メーカは、環境負荷の少ない難燃剤の研究開発してるみたいですね。

投稿者 cazper : 11:31 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif