メインへ戻る

2009年5月11日

panda01.gif 【仮説】花の開花時期を遅らせるには根の冷却が必要なんじゃないか?

ちょっと以前に、東北の方の大学で桜の開花時期を遅らせるための研究の様子が行われておりました。冷却水を幹の周辺に流して幹や枝を冷やすことで桜に勘違いを起こさせて開花を遅らせようとしておりました。

しかしながら、結果は失敗していたようです。


一方、個人的に「奇跡のリンゴ」を読んでいまして、植物にとって大切なのは人間の目には見えない土であり根っこの周辺の環境なんだなぁと理解したわけです。

そして、本の中でも林檎の色付きを良くするためには収穫時期に下草を刈って土の温度を下げてやる必要があると書いてあったのです。


そんなある日、この二つの情報が頭の中で繋がりました。「そうか!桜の開花時期を決めているのも根っこ周辺の土の温度なのではないかと!!」 てなわけで、桜の開花時期を制御したい方は根っこ周辺の土そのものを冷却してみたら良いのではないかと思うんですね~。

といっても、実験環境が私には無いので仮説は立てれても、検証は難しいわけですが・・・(誰か検証してみてくださいぉ)

投稿者 cazper : 12:23 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2009年3月22日

panda01.gif 近接者探索用ビーコン・システムを開発して!

[曇のち小雨・雨]

友人等々が出場するというので東京マラソン2009を見に行きました。

GPSシステムにより5km毎に通過時刻が登録されるため、友人を待ち受けるのは結構楽だったりします...が、意外と友人達の走る速さが速いじゃないですか!

走る人も多いので見つけることもままならず...結局ゴールまで移動してみたりしてました。


市民マラソン等は人がメチャクチャ多いわけでして、目的の人を探し出すのは大変だし、何時来るのかも分からない人を待ち続けるのは心理的負担が大きいわけです。

それならば、ランナーが近づいてきた事を知らせるビーコンがあっても良さそうな気がします。

ビーコンからは2.4Ghz帯か何かで一定範囲内にだけ電波が発信するようにして、応援者に近づくと応援者の持つレシーバからアラームが鳴る仕様にします。ビーコンから発進される電波には予め決めたIDが振られていて、レシーバ側でアラームを鳴らすIDを登録するようにするのです。これによって、多くの人の中から目的のランナーが近づいてるかどうかを知ることができるようになります。

多くの人がビーコンを持つと電波干渉の問題等はあるとは思うのですが、技術的には解決できるでしょうしねぇ。とにかく「近接者探索用ビーコン・システム」は欲しいですぉ。


今日の勉強
你是什么时候来的?
这是在哪儿买的?
这是谁画的?
你是怎么来的?
上大学时。你是学的什么?
情况时会有变化的。
问题是不能解决的。
问题不是不能解决的。

投稿者 cazper : 23:59 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2009年2月 1日

panda01.gif 【インフルエンザ対策】シアル酸噴霧器【加湿空気清浄機】

最近、「プラズマクラスター技術」を利用してウィルスを分解・退治するという加湿空気清浄機シャープから宣伝されているのですけれど...ウィルスでさえ分解してしまう活性状態の分子を人間が長時間にわたって吸った場合に将来的に変な事が起きたりしないんですかねぇ~と思ったり、思わなかったりするわけです。

この加湿空気清浄機が狙い撃ちしているのは明らかにインフルエンザ・ウィルスの流行なわけですから、もう少しインフルエンザ・ウィルスにフォーカスを絞った清浄機があっても良いんじゃないのかなぁと悶々と考えていたりします。

んで、インフルエンザウイルスの感染手段を見ていると、細胞のどこにでも結合できるわけではなく、細胞表面にある特異構造をもつシアル酸の糖鎖を「狙い撃ち」してくるようです。感染というのは、化学的に見れば化学結合なわけですから、空気中に浮遊するインフルエンザ・ウィルスに対してシアル酸糖鎖を結合させてしまえばウィルス活性を落とせるんじゃないかと、素人ながらに思うのです。

というわけで、加湿器の中に特異構造をもつシアル酸糖鎖を溶かしておいて、エアロゾルとして噴霧すればインフルエンザをウィルスの拡散を簡単に防ぐことのできるんじゃないかなぁと妄想しております。


↓を加湿器に入れたらどうなるんだろ...たぶん加湿器が壊れるな(笑
燕の巣 ゼリースティック

投稿者 cazper : 12:45 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2008年9月23日

panda01.gif ハロゲンランプでスズメバチの巣を駆除できないかなぁ?

秋はスズメバチの季節です。

スズメバチの巣を駆除をするのには、専用の防護服をして殺虫剤片手に攻撃しております。何故、このような手段をとるのかというと、接近して戦わざる得ないからです。

もちろん、屋根裏に入り込んでいたり、土の中に埋まっている場合は接近して駆除をしなければなりません。しかし、巣が軒下にできていたりして表に出来ている場合には遠隔駆除の方法を考えても良いと思うんですよね。
おたる8M


どういう方法が安全かなぁと考えると、「赤外線ランプ」や「ハロゲンランプ」を利用した駆除方法が良いんじゃないかなぁと思います。

ズズメバチの致死温度はおよそ45~47度ですから、巣の中が常に50度以上に保たれれば確実にスズメバチは死にます。したがいまして、直線性の良い投光機を作れば、巣に対して十分遠隔距離から攻撃が出来ますし、温度による攻撃なのでハチは攻撃本能を発動させる事が無いと思うんですよね。


ん~実験してみたいなぁ。

投稿者 cazper : 14:26 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2007年12月24日

panda01.gif 【妄想中】BB菌で水耕栽培の水浄化

以前、メダカの水槽に生物的浄化作用のあるBB菌を投下して一定の効果を確かめました。(製造元:ビッグバイオ)
エコバイオリング
その際に、この浄化作用を他の事に利用できないかなぁ~と考え、その際に浮かんだのが、「花瓶内の水の浄化」と「水耕栽培の水の浄化」でした。


花瓶の中の水は放っておくと水が腐って臭くなります。そのために雑菌の繁殖を防いで栄養を切花に与える活性化剤が販売されています。
花王PAT 400ml(切花活性化剤)

この活性化剤の代わりにBB菌の力で雑菌の繁殖を防ぐ事が出来ないかなぁと考えたわけです。しかし、BB菌は好気性細菌のためエアーが必要です。それに、切花は延命しても1週間程度なので、水を浄化してもあんまり意味がないなぁ~と思いました。

一方、水耕栽培の場合には、水をポンプで循環させるうえに、1週間に1度の頻度で養液を新しくしなければなりません。そのため、エコバイオリングの応用先として適しているのではないかと考えられます。

じゃ、早速実験を行ってみたいのですが…今は、そんな時間を割く(心と身体の)余裕が無いので実験手順等だけ書き残しておきます。

用意するものは、水耕栽培用プランター(ポンプ付き)とエコバイオリングと育てたい苗木です。
ホームハイポニカ501
エコバイオリングは水耕栽培の水溜まりに投下し、ポンプによって養液に空気が含まれるようにすればOKだと思います。

期待できる効果は、今まで1週間に1度のペースで養液の交換をしなければならなかったのが、交換せずに養液の追加をしていくだけで良くなるという事。もしかしたら、養液の追加頻度も落とせるような気もするんですよね。

誰か実験してレポートしてくれるとありがたいのですょ…(゜-゜)


P.S.1
水耕栽培はプラントレベルでも水質管理が大変で、必ず滅菌処理が必要だし、防菌剤の注入をしたりするようです。したがって、水耕栽培のプラントへのBB菌浄化システムの導入は案外上手くいくんじゃないかと思ってたりします。

P.S.2
滅菌という発想ではなく、善玉菌で悪玉菌を抑制するという発想の方がマトモだと思うんですよねぇ。この話は水耕栽培に限らず、普段の生活でも同じだと思います。

P.S.3
普段の生活がドタバタしなくなったら実験してみようかとは思いますょ。

投稿者 cazper : 03:12 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2007年11月11日

panda01.gif 今年はブログ年賀じゃ【ブロ賀】

最近では、名刺の代わりに、自分のブログを紹介するブログカードをプライベートな場面で受け渡しする機会も増えてきました。

名刺で伝えきれる事なんて肩書き位なんですが、ブログを読んでもらえれば人となりまでを伝える事が出来るわけです。

つまり、形式だけじゃなくて実体も伝えようという意思の表れだと思うわけです。


1年に1回送る年賀状というのも、挨拶程度しかできない代物だったりします。そんな形式ばった挨拶をするぐらいならば、実体を伝える方が大切なんじゃないですかね。

そんなわけで、挨拶状としての年賀状ではなく、ブログのURLを伝えるブログ年賀(ブロ賀)を流行らせるべきだと思うんですよねぇ~
2008 New Year Card for Blog

投稿者 cazper : 11:11 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2007年8月23日

panda01.gif 久々の雨

[久々の雨]
朝から雨。連日猛暑だったので助かりました。

今日は英文・和文の要約を作成してました(゜-゜) ようやく筋が通ってスッキリした文章が出来た気がするなぁ。

早く帰って髪を切ってみました。スッキリしましたね。


そういや、昨日の日経新聞夕刊で「C型肝炎ウイルス(HCV)のワクチン開発に成果」と出ていましたね。こうした治り難い感染症のワクチンというのはニーズがあるでしょう。是非上市までもっていって欲しいですね。

一方でね、バイオテクノロジーによる創薬が一部で注目を浴びているけれども、上場企業の中には患者数がそれほど多くない領域の薬を開発しようとしている企業があるので、投資をする際には注意しましょう。(ある人から聞いたのですが、とある上席研究者は、患者数が少なくても病気が治る人が少なくとも居れば社会的意義があると思っているようです。社会的意義があったとしても経済的意義を求める大半の投資家の資金でやる事では無いですね。)


そうそう、薬で思い出したのですが…緊急避妊薬のピルってありますよね。事に及んだ後でも一定時間内に薬を飲めば妊娠を回避できる代物です。この発想を応用した感染症予防薬ってもっと出てきても良さそうな気がしてなりません。

エイズ薬にも一応、この手の発想の薬がありますね。どういう薬かというと、医者が間違えてエイズ感染の可能性のある注射針を自分に刺してしまった場合に、直ぐに飲めばエイズに感染する確率を低くできるというものです。

狂犬病なんてのは未だに発展途上国に行けば存在するのですが、わざわざ予防注射受けるのも痛いわけです。したがって、犬に噛まれた後に飲めば狂犬病の感染確率を劇的に下げれられるような薬を作れば需要はある気がしてならないのですが…。


P.S.1
そういや、昨日グリーンシート登録銘柄でハウスウェディング運営をしている株式会社ブラスからグリーンシート登録廃止のお願いが来ていました。

ブラスの社長さんは従業員第一主義を掲げております。従業員第一主義を掲げる企業は私は好きですね。企業とは人で作られており、その人の成長によって企業成長がもたらされるわけですから。

非流通銘柄になろうが保有し続けますわぁ(スズメの涙程しか持ってないですが…)


P.S.2
従業員第一主義は素晴らしいのですが、従業員を甘やかさないようにする事が重要だったりします。あくまでも、従業員の成長に視点を当てるべきです。従業員が会社の資金を浪費するような状況になれば従業員第一主義という名の従業員横領容認主義になりますからね。

投稿者 cazper : 23:59 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2007年6月 9日

panda01.gif AmazonのEDY決済は使いにくい!

最近遅ればせながら気づいたのだが、AmazonEDY決済を始めたようである。

しかし、実際に使ってみようとしたら…クレジットカードを普段利用する人にとっては使いづらい!!!

クレジットカード決済にしていれば、注文後は何もしなくても商品が届くのだが・・・EDY決済では商品が確保された後にAmazonからメールが届き、わざわざ決済処理をしなければならないのだ。

しかも、決済処理にはPasoriが必要なのだ。
非接触ICカードリーダー/ライター“パソリ” SONY RC-S320 PASORI

そもそも、Pasoriを使っている人はEDYチャージにクレジットカードを利用している。当然、クレジットカードを利用している人はAmazonのショッピングにもクレジットカードを利用していると考えるのが妥当であろう。

そんな人がEDY決済にするのだろうか。確かに、ANAマイレージが付くEDYカードを利用すればマイルが溜まるのだが…。

ちなみに、楽天ブックサービスなら一度ANAのお客様番号を登録しておけば、本を買うたびに自動的にマイレージが溜まるのだ。

Amazonにはこの不便さを改善してもらいたいものである。

【私が考える解決案】
これを解決する策としては、EDYプールサービスを作るべきではないだろうか?

EDYプールサービスとは、EDYのポイントを保管できる管理口座をネット上に用意しておき、そこから引き落としが出来るようにするサービスである。

投稿者 cazper : 08:41 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2007年6月 2日

panda01.gif 【海外旅行用】水なしで磨ける歯磨き粉を売れ!【口中溶解タイプ】

航空機テロが増えてしまったため、国際線の機内には液体物の持込みが制限されるようになりました。

制限されるものは、飲料類、クリーム・ローション・オイル類、香水、スプレー、シャンプー類、シェービングフォーム、防臭剤等のエアゾール類、歯磨き粉等の練り状物、半固形物、その他同様の物と広範に及びます。

どうしても機内に持ち込みたい場合には、自分で用意した縦横の辺の合計が40cm以内の透明な再封可能なプラスチック袋(ジップロック状)に入れなければなりません。

でも、案外入らないものなんです。

そこで提案したいのが、液体のものを固形状にしてしまって機内に持ち込めるようにするというアイデア。

もっとも、粉末・固形歯磨き粉というのは以前から考えられています。しかし、粉末歯磨き粉は携帯用としては取り扱いが面倒だし、固形歯磨き粉の場合には解けにくいし、研磨剤を噛んで溶かす行為自体が不健全です。

そこで使うべきだと思うのが、口腔内崩壊錠に用いられているテクノロジーです。この技術は、胃薬で有名なガスター10にも用いられています。
ガスター10 S錠(12錠)

口腔内崩壊錠とは、水なしでも、場所を問わずに、給水制限のある患者さんでも服用可能な錠剤で、口腔内で5― 20秒程度で崩壊する錠剤の事を指します。(引用元

この技術を固形歯磨き錠剤に応用すれば、機内に気軽に歯磨き粉を持ち込むことが出来るようになり、虫歯を気にしている人にとっては重宝がられるのではないでしょうか?


P.S.1
シェービングクリームも、錠剤状にして現地で水で泡立てるようにすれば便利だと思うのですが…。

P.S.2
規制によって新たに生まれる市場は何だろう?って考えるのは楽しいものです。(見当違いでもね…)

投稿者 cazper : 08:18 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2007年5月10日

panda01.gif ICカード対応自動改札機で改良すべき点

SUICAやPASMOが導入された事によって多くの人がICカードの定期券を利用するようになりました。ICカードを読み取り部にかざすだけで良いので、いちいち定期入れから出さなくても良くなり利便性も向上しました。

しかし、ICカードになったが故の問題も発生しているようです。それは、ICカードの読み取りの失敗です。磁気カードの場合は自動改札に投入してしまえば読み取り失敗する事は殆どありませんでした。しかし、ICカードの場合は読取部に人がかざすので、かざし方にばらつきが生じ、読取りの失敗確率が磁気カードに比べて上昇しているようです。


現状のICカード対応自動改札機は下図のようになっております。手前の読取り部にICカードをかざせば、自動扉が開いた状態となり通り抜ける事が出来ます。

しかし、ICカードが読取られないと扉は閉まります。

現在の自動改札機は、人が一度改札の外に出ないと新たにICカードを読取ろうとはしません。しかし、多くの人は改札の外に完全に出ない状態で読取り部にICカードをかざそうとします。 当然、読取り部はICを読もうとしません。つまり、今のICカード対応自動改札機は人間工学的には駄目駄目な仕様なのです。

そこで、提案したいのが、2つ目の読取り部を設けたダブル読取り式自動改札機です。二つ目の読取り部は開閉扉の手前に設けておきます。 すると、最初の読取り部でICカードの読込みに失敗したとしても...

二つ目の読取り部にICカードをかざせば、一度元の場所に戻らなくても改札を抜ける事が出来るようになるわけです。

是非作って頂きたいですね。


磁気カードに対してベストな形状は、必ずしもICカードに対してベストな形状では無いのです。こうした違いを感じる事こそが技術者にとっては重要なんでしょうね。

投稿者 cazper : 12:43 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2007年4月21日

panda01.gif 次なるエネルギーは石炭液化(CTL)・ガス化? 『石炭液化にマイクロ波を応用できないかな…』

石油が枯渇すると叫ばれている今日この頃、次なるエネルギーとして注目されているのは天然ガスです。しかし、それよりも長期的に枯渇しないだろうと考えられているのが石炭です。石炭は固体だから使い勝手が悪いだろうと考えたら大間違いです。液化して使おうという流れが出来つつあります。

アメリカ経済終わりの始まり 松藤民輔 著
 「タミー(著者の愛称)、金現物はもうないよ。世界の中央銀行は現物売りをやめたけど、もともと、現物を持っていないくせに空売りしていた国が多いんだ。だから、政治の力で金相場を下げようとしていた。もう、どこにも金現物を持っている人はいないよ」
 金の需給関係を調査すると、10年分以上は金が足りないことがわかっている。だから、金価格が下がり理由はないのだ。彼は、金のほかに原油、ウラン、石炭にも注目しているっという、
 「タミー、知っているか。原油の生産量は2005年がピーク。むこう10年ほど、原油不足は明らかだ。世界で2番目に原油を所有する国はどこか知っているかい?」
 「イラン?」
 「NO! メキシコだよ。ところが、メキシコの原油生産量がすでに減り始めているんだ。30パーセント以上の減少になるはずだ。世界は原油不足になる。いま、南アフリカでは石炭を液化しているんだ。原油よりコストは安くなると思う。だからいま、ぼくは世界の石炭とウランに投資してるんだ」(p.130-131)
たぶん、ここでいう南アフリカの企業は石油化学会社であるサソール社(sasol)です。

ちなみに、このサソール社は中国最大の石炭サプライヤーである神華集団公司などとの間で、CTL工場(CTL=石炭液化)を中国に増設するための研究を行っていくようです。(参考先) 2010年には神華集団のCTL生産量は、1000万トンに達する見通しだとのこと。(参考先)

余談ですが、神華集団公司傘下でH株メインボードに上場しているのが中国神華能源股フェン有限公司(1088)。何気に、日本のNEDOが石炭液化技術の研究に協力している模様

石炭液化技術自体は古くから存在しているようです。しかし、商用ベースに乗せるところが難しいらしい。

石炭を液化させるまでのプロセスには1913年すでにドイツで成功している。石炭も石油も炭素と水素の化合物だが、石炭は分子量が大きく水素の割合が少ないため、通常は固体となっているのだ。そこに触媒と水素、さらに熱と圧力とを加えると、高分子の結合が断ち切られて液体となる。固体から液体にするまでには、状態を高温、高圧に保つ大掛かりな装置が必要で、生産的ランニングコストが高いという問題がある。現在のところ、コストではとても石油に太刀打ちできない。今のところ、石炭と触媒の接触効率を向上させる研究が進められている。一つひとつの分子レベルで接触させるようにすれば効率は上がる。(参照:21世紀へのマネジメント

ちなみに、南アフリカのサソール社は上記手法とは違う液化技術で商用生産しているようです。
石炭液化技術には上記のように石炭を粉砕し,溶剤と混合して高温・高圧下で水素と直接反応させる直接液化法と,石炭を一度ガス化(石炭ガス化)し,生成ガスを分離・精製した原料を合成反応させ液化する間接液化法に大別される。間接液化法は直接液化と比較してコストが高いとされているが、南アフリカサソールが商業生産を行っている。(化学業界の話題)

NEDOとかが狙っているのは、当然コストが安い直接液化法でしょう。しかしながら、直接液化法で必要とされる高温・高圧環境を作り出すための反応槽は作るのが大変だったりします。それならば、マイクロリアクター分野や創薬業界で注目されているマイクロ波(マイクロウェーブ)技術を石炭液化に使えるような気がしてならないのですが…既にやられているのでしょうか?

投稿者 cazper : 14:32 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2007年2月28日

panda01.gif 【通販2.0】YouTubeショッピング

テレビショッピングがあるならば、YouTubeショッピングもいけそうだ…通販2.0とでも言おうか。

これ一本でご家庭にある殆どの刃物が研げるんですね!
【送料無料】簡単!軽くなぞるだけでご家庭の刃物がほとんど研げる!ダイヤモンドWシャープナー


P.S.1
動画を使った通販の未来系は、一般の主婦が自分で商品紹介する映像をYouTubeにアップして、Blogを使って(ドロップシッピング)販売しまくる形態なんじゃないですかね。誰かやらないかな~。

P.S.2
とりあえず、YouTubeショッピングのテストサイトを作ってみた。

投稿者 cazper : 00:00 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2006年9月27日

panda01.gif スパイ衛星への妨害を防ぐには・・・

Technobahnによると、中国が米国のスパイ衛星に対して高出力レーザーを照射して監視・偵察能力を無力化してるそうです。

ん~、ありえる話ですね。

これに対抗するには、技術的にどうすれば良いのかを考えると・・・
●カメラ部に波長フィルタやマジックミラーのような物を取り付ける
●衛星形状を長くしたり、十字形状にして複数の末端にカメラ等の監視器具を取り付ける

あとは、愚直に
●同時に複数の衛星で監視するようにする

となります。

P.S.
まぁそんな事よりも、軍事衛星の駆動力は原子力電池であり、低軌道だからそのうち地球に落っこちてくる方が嫌ですね。

投稿者 cazper : 12:07 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2006年8月27日

panda01.gif 医薬品包装のホログラム化の奨め

テレビを見ていたら、●「バイアグラ」で始まった中国密造による偽造医薬品の恐怖● という特集が2006年8月26日号の週刊ダイヤモンドに掲載されている事を知りました。

どうやら、密造グループによって世界の医薬品の1割は偽造薬らしいです。特許使用許諾等を無視した模倣薬(ジェネリック医薬品)であるならばまだ許される部分はあります。・・・しかし、有効成分が入っていなかったり、有毒物質が混入されていたりするとなると全人類にとってメリットが全くありません。

バファリンプラスカプセル20カプセル

偽造薬が出回らないようにするための方法として、偽造団を取り締まるのは一つの方法でしょう。しかし、取締りを強化しても次から次と偽造団が現れてしまいます。そこで、私としては「錠剤等の医薬品の包装にホログラムを導入して偽造薬かそうでないかを簡単に判断できるようにすれば良い」と思うわけです。

現在、カプセルや錠剤はプラスチックの窪みとアルミ箔の間に収められており、窪みを押し出すことでアルミ箔が破られて錠剤を取り出せるようになっています。医薬品名と製造会社名はアルミ箔の上に印刷されています。この印刷は、特別な技術を要しないため簡単に偽造出来てしまいます。

そこで、今までのアルミ箔に代えてホログラムフィルムを使ってパッキングしてしまえば、医薬品の偽造団が簡単に医薬品を偽って流通経路に乗せることが難しくなると思います。


P.S.1
もちろん、ホログラムフィルムにするとアルミ箔のように破り難くなるので、窪みを押して取り出すのではなく、フィルムを剥がして取り出すような形態になるでしょうね。

P.S.2
(ある種の)錠剤の場合は、糖衣を偽造し難い物に変える方法もあるかとは思うのですが…糖衣の(見かけの)コピーは比較的簡単に出来てしまうので現実的な解決法ではないでしょう。

P.S.3
あ、一応、大日本印刷とかはホログラムの用途として想定はしてるみたいですね。

投稿者 cazper : 07:29 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2006年8月 7日

panda01.gif プール排水機構にもフィールセーフ設計を!

私が旅行している間に、プール排水口にこどもが吸われて亡くなるという事故がおきました。死因は、圧迫による脳損傷との事です。

このようなプール排水口の事故は今までにも何件も報告されています。それにも関わらず、事故は無くなりません。

何故でしょうか? それは、排水口の事故が起きた直後にだけ点検が強化され、また暫く経つと管理がずさんになるからです。残念ながら人間の性格とはそういう物なのです。

もちろん、管理項目を強化する事で防ぐことも重要ですが、事故が起きたとしても大事故に繋がらないような物を設計・構築していく事が重要になります。

このような設計思想はフィールセーフと呼ばれています。フィールセーフとは、もし機械・設備に故障が発生した時に、安全側に故障する仕組みをいいます(引用元)。既に、飛行機等の大事故が起きたら致命的な物の設計には取り入れられています。

それでは、フィールセーフな思想を反映させたプールの排水機構は何でしょうか?  それは、排水口を複数の口に分ける事でしょう。そして、排水口同士の間隔は人一人の大きさ以上離れるようにする事です。そして、一つの排水口の大きさは子供の頭の大きさよりも小さく作る事です。

そうすれば、排水口を囲う鉄柵が外れて排水口に吸い込まれたとしても、他の口が塞がれているわけではないので簡単に抜くことが出来ますし、一つ一つの排水口の大きさも人の頭よりも小さいので管の奥まで吸い込まれる事がないのです。

というわけで、既にあるプールは管理強化するしかないでしょうけれども、今後新設されるプールはフィールセーフな設計を取り入れていくべきだと思いますぉ。

投稿者 cazper : 06:56 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2006年7月18日

panda01.gif 【流通革命】アスクルのその先

最近までの不景気で企業はコスト削減ばかり行ってきました。その結果、直接費削る余地が無くなってきており、間接費の削減に注目する企業が増えてきています。

無駄な部分を削減する事は重要なのですが、単に無駄な部分を削除しても限界があります。例えば、使っていないボールペンを各机から回収する人を動かしたとします。一見すると、各机から使われていないボールペンを回収したから数千円浮いたと感じます。しかし、回収するために利用した時間が1時間であれば、回収した人の賃金の他に、その人に掛かる建物の減価償却費が乗っかってきたりして…結局、回収するための人を削減した方が会社にとってメリットがあるという事が少なくありません。

何故、このような事が起きるのでしょうか???それは、人間は、「目に見えるコスト」を削減したがるからです。本来やるべきなのは、目に見えない部分のシステムを変更し、結果として目に見える部分のコストを削減する事です。

ナンバーワン企業の法則
 必要なものを継続的に補給するというこの考え方は単純そのものである。すなわち、供給者が顧客の在庫管理の責任を負うというもので、それはまた、供給者の商品の流通をスムーズにし、自身の末端への供給コストを引き下げることになる。これでみんなが勝者になる。オペレーショナル・エクセレンス企業は、より安い価格の商品を仕入れ、かつ不必要な仕事のほとんどから解放されるからである。
 こうしたコスト削減のためのリレーションシップを作り上げるうえで先駆者となったウォルマートは現在、毎日の売上データを供給者に送るのに電子データ交換システムを利用している。供給者側のコンピューターはこのデータを、例えば在庫情報や売り上げ予測と一体化し、必要なら新規注文を生み出す仕組みになっている。(p.94)
さて、これを踏まえると、企業内の間接費を更に落とせると思います。

そのためには、企業内の事務用品の管理をアスクルのような事務機器通販会社に行わせるシステムを構築しなければなりません。例えば、事務用品をストックしてある棚から品を持っていく場合には、バーコードリーダーで読み取るようにさせるシステムを構築します。後は、事務用品の残数を通販会社が常にオンラインで管理して、不足してきたら補充するようにします。こうしてしまえば、各企業は事務用品の管理に必要な管理部門の人を削減することができます。

(別の表現をすれば、事務用品の看板方式みたいな感じですね。)

投稿者 cazper : 21:56 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2006年7月11日

panda01.gif 次の流行は「キリ格好良い」だ(笑

[曇]
朝6時起き。日経新聞を読んでいたら、「アップルコンピュータ日本法人社長の前刀禎明氏が退任して、ベンチャー起業をする」という記事を見てビックリ。以前、丸の内ビジネス人勉強会で前刀氏の講演を聞いたときにも「アップルコンピュータの社長では終わらない」といった含みを持たせていたので何かあるとは思ったのだが…。直ぐにその日が来るとはねぇ~。

それにしても、前刀氏はマーケッターとして超素晴らしい能力を持っていると思う。切れがある。


会社への行きすがら↓を読み終える。
すごいやり方
本の中の一文「深刻と真剣の違いは何かを考えてみる」というのは深いな~。どちらの状況でも一所懸命になるからねぇ。いつも思うんだけど目の前の事に一所懸命になると同時に、目の前の事から一歩手前に引いてみる事が大切だと思うんだよね。どうも、多くの人が目の前の事しか考えて無い気がしてしょうがない…。(ついでに言えば、目の前の事がどうにもならない状態になってもストレスを抱えながらも突き進もうとしてる人がいるようですね)

で、帰りがけに本屋に寄って↓を立ち読み終える。
全力ウサギ
確かに、経済状況が(見かけ上)好転してきているので、癒し系が飽きられてきている。この状況が続けば次第に全力系が見直されるのも時間の問題となるだろう。そして、流行は「キリ格好良い(キリッとしていて格好が良い)」になると思うんだよね。

最近の設備投資額は引き続き好調という指標がでている。しかし、重工業から腰折れるのは時間の問題だろう。日本は物があふれているのだ。そして、製品の輸出力が付いてきているのは日本よりも人件費の安い国なのだ。

それにしても全力系といえばバブルの時代に流行ったリゲインの宣伝を思い出すよなぁ。「♪キイロと、クーロは、勇気の印、24時間、戦えますか、リーゲイン、リーゲイン、ぼーくらーの、リーゲイン、ビジネスマーン、ビジネスマーン、ジャパニーズ・ビジネスマーン」
リゲインR


今日の地裁の判決で53年の作品の著作権が切れていると判断された模様。ということで、WinnyやBittrent等のP2Pで日本語字幕無しの原作の「ローマの休日」を流しまくっても問題無さげ…と言いたい所なのだけど、P2Pでコンテンツを流出させると海外でも取得できてしまうので著作権問題が発生するんだろうなぁ。

まぁ、著作権の期限を長くしてる事自体がおかしいと思う。何せ今の法改正の議論は、著作者を守るという観点ではなくて、著作財産権の所有者の都合ばかりが優先されてるからね。ライツビジネスは確かに美味しいのだが、期限付きだからこそ美味しいビジネスになっているという事をライツビジネス関係者は認識しないと駄目だろうょ。この問題は著作権だけではなくて、特許も同じだょ。
2ちゃんねるで学ぶ著作権


これは、アイデアの種なのだけども…今、蚊を家に入れないための方法は無いかを考えている。幾ら網戸をしても人の出入りと共にドアから蚊が侵入して、部屋で大暴れし始めるからなぁ(ーー;) エアーカーテンみたいなのを用意するしか無いのかなぁ。

あとは、フワリンカのようにガムを食べると体から匂いが出るように、ガムを食べると蚊の殺虫酵素が血中に溜り、蚊が刺すと蚊自体が死んでしまうとか…ガムを食べると蚊の嫌がる臭いが血中に溜り、一定時間は蚊に刺されにくくなるとか…。(まぁ医薬品関連になってしまい開発するのには障壁高そうだけどねぇ~)

投稿者 cazper : 23:59 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2006年7月 5日

panda01.gif 銅イオン水を消臭スプレーに応用しる

夏場になると、あらゆる場所からの臭いがきつくなります。生ゴミ、靴等々…。これらの臭いの原因は結局は雑菌の繁殖に依るものです。

昔は消臭剤で発生した臭いだけを抑えるスプレーしかなかったのですが、臭いの元となる布の中の臭いの元を分解し、臭いの元を作る細菌を抑える効果を謳う事で爆発的にヒットしたしたのがファブリーズです。
ファブリーズ除菌プラス

確かに部屋の臭いを抑えるだけならばファブリーズでも良いのですが、靴や生ゴミのように常に細菌が繁殖して臭いやすい物に対して毎回ファブリーズするのは勿体無いような気もします。

そこで考えるのが、銅イオンの殺菌効果を利用する方法です。昔から知られている事として、10円玉と靴の中に入れておくと雑菌の繁殖を抑えて靴が臭わなくなるといわれています。この方法を応用して、予め銅イオン水を作成しておき、それを靴や生ゴミにスプレーする事で雑菌の繁殖を抑え臭いの発生を抑えれば良いと思うわけです。

手っ取り早い方法としては、スプレー容器に満たした水に銅イオンの素を溶かし込む方法なわけですが…銅イオンの素が若干だけど値が張ります。
Cu+ 銅イオン スプレー容器 500-SV

というわけで、銅たわしから銅イオンを取れば良いのかなぁと考えるわけです。つまり、銅たわしをスプレー容器の中に入れっぱなしにして水を補充していけば銅イオン水を手軽に取れると思うわけです。しかし、銅たわしが若干大きいために、500mlの容器に入れ込む事が難しいという欠点があります。
銅のたわし

銅たわしの代わりに、大工センター辺りで小さく千切りやすい銅ウールを入手してスプレー容器に突っ込めばコストの掛からない抗菌水を作る事ができると思うのですが…。


P.S.1
実験したわけではないので、効果はわかりません。あと、銅を使うので実験する人は体内に取り込む物に対しては振り掛けないほうが良いような気がします。銅イオンは無害と言われているけど、個人的には微妙だと思います。だからこそ、人体用の消臭スプレーには銀イオンが使われてるような気がするんですが…実際のところはどうなのでしょう?

P.S.2
銅イオンはボウフラの羽化を妨げるみたいですね。

蚊の発生を銅が抑制
幼虫、イオンで羽化できず

 銅を水槽などに入れておくと、蚊の発生を抑える効果があることが、日本銅センター(東京都台東区)が日本環境衛生センターに委託した実験で分かった。東京新聞(20/6/'06)

投稿者 cazper : 01:01 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2006年7月 2日

panda01.gif クライアントサイドでRSS生成機能を有するべし

RSS配信は、ブログやニュースを定期的に見る人にとって欠かせないものとなっています。

しかしながら、本来RSS配信すべきであるニュースサイトやプレスリリースや株価情報が配信されていない事があります。

そのため、著作権的にグレーであっても個人や種々の企業が様々なサイトの(HTML)情報を加工してRSS配信していたりします。

例えば、ニュース配信であれば読兎、株価配信であれば証券新報があります。

しかしながら、(現行の)著作権問題もあるので、他のサイトの情報を勝手に加工してRSS配信するサービスがそこまで広がっていきません。(現行の著作権では、他人の著作物を勝手に加工して再配信すると問題が発生する可能性があります。)

この問題を解決するには、サイトの情報を加工してRSS形式に変換する機能自体をRSSリーダーやRSS表示機能付きブラウザに持たせてしまえば良いのです。

つまり、今まで他人のサイトの情報をサーバーサイドで情報取得・RSSに加工して発信してきたものを、クライアントサイドで他人のサイトの情報を取得・RSS形式で表示させてしまえば良いわけです。

そのために必要なのは、RSSリーダーやブラウザ自体が、HTML→RSS変換を自動で行うためのスクリプトプログラムを実行できるようにして、情報取得・加工機能をクライアントサイドに持って来くる事でしょう。


P.S.1
クライアントサイドでスクリプトプログラムが実行されるようになると、セキュリティーの問題が必ず発生します。そのためにも、セキュアな実行環境を用意してあげる必要がでてきます。

P.S.2
本日の日経新聞にも書いてありましたが、現行の著作権はデジタル時代にあってないんですよね。しかも、世の中の進化の仕方を押さえ込みすぎてるし…。問題ありまくりだと思います。

P.S.3
自分の注目する銘柄の株価をRSSで配信する(無料)サービスを立ち上げてみようかとも考えているのですが、誰か欲しい人いますかね? いたら作ります。(居なくても、時間があれば作るんですが…)

投稿者 cazper : 07:24 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2006年6月30日

panda01.gif 音声メモリー機能付き電話はビジネスシーンで活躍する!

前々から、電話にメモリーを積めば良いよなぁと考えていたら、シャープが作っちゃいました。

業界初!怪しい電話「戻って録音」

 シャープは28日、通話中にボタンを押すと45秒前からの会話を録音できる業界初のファクシミリを7月14日から順次発売すると発表した。あらかじめ録音操作をしなくても「怪しい電話だ」と感じた時点で操作すれば、通話内容をさかのぼって録音、証拠として残せる。
 
 会話をDRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)に一時的に記憶しており、「戻って録音」ボタンを押すと、内蔵のフラッシュメモリーに取り込んで再生する。録音内容を電話の相手に聞かせて撃退したり、家族らに聞いてもらい相談できるなど「迷惑電話対策として活用できる」という。ボタンを押した後の会話を録音できる「今から録音」ボタンもある。

 店頭価格は、受信ファクスを液晶画面で確認できる高級機種(子機1台)で、3万2000円前後を想定している。(産経新聞:06/29)

さすがは目の付け所がシャープですね。

でも、私が電話にメモリー機能を積んだら良いなぁと考えた理由は、迷惑電話対策ではありません。

私は自称ではありますが海馬が人よりも少ない…ような気がします。人から話された言葉は覚えていない事が多々あるのです。(ToT)

こんな私が困るのは、ビジネスシーンでの電話です。
相手:「○○商事の△△と申しますが、XX様はいらっしゃいますか?」
××の電話番号を確認…その間に、相手が何言ってたのか忘れかけてきた。
:「(??商事…何て言ってたんだ?聞き取れない上に、何ていったのかも忘れちゃった…)、もう一度、会社名とお名前をお願いします。」
相手:「○○商事の△△です。」
言われたそばから、忘れかけてきた…(ToT) もう一度聞くわけにはいかないし…。

そんなときに、メモリー機能があれば、相手の言った言葉を聞き逃したとしても、相手の電話を保留した状態にしてゆっくりと聞きなおす事が出来るわけです。

まぁ、機能としてはシャープが今回作成した電話と同じ機能で事が足ります。と、言うわけで、今回のシャープが開発した電話は、何気にビジネスシーンに利用されるのではないでしょうか?


P.S.1
強烈にメモリー容量が増えている現在では、数分の録音に留まらず、100時間位の(とりあえずの)録音機能が付いた電話が発売されても良いような気がしますが…

P.S.2
私と会話してる人は、記憶が吹っ飛んだ私のフォローを宜しくお願いします m(_ _)m

P.S.3
カラオケも歌詞を覚えられないので、無理です。質感でしか覚えてないので…(謎

P.S.4
最近思ったのが、自分自身は集中力が無いかも…。集中力のタネが欲しい。

投稿者 cazper : 07:10 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2006年6月29日

panda01.gif 光トポグラフィー嘘発見器

嘘発見器というのは昔からあるのですが、こうした分野にも新たな技術を応用していこうという流れがあります。

脳をのぞいてうそ見抜く~新型うそ発見器が登場
 磁気共鳴映像装置(MRI)メーカーが開発した新しいうそ発見サービスが、近く登場する見通しとなった。

 USAトゥデイによると、うそ発見器を開発したのはノーライMRI(サンディエゴ)とセフォス(マサチューセッツ州)。従来のうそ発見器は、利用者がうそをついた際のストレス度を測ったが、MRIを使った新しいうそ発見試験では「うそ」を測定する。「発見率」は90%に上る。(更新2006年06月28日 19:58米国東部時間 US Front Line)


Functional MRI(fMRI)を利用して脳の活動状態を調べようとする研究は昔からあったのですが、それを嘘発見に応用しようという試みは中々実現化しなかったようです。

fMRIのメリットは、脳内の活動状況をリアルタイムで3次元的に見ることができる事なのですが、強烈な磁場が必要なので設備が大きくなったり、状況を調べている間は被験者の動きが拘束されてしまうというデメリットが出てしまいます。

当然ながら、技術者や研究者はこのデメリットを解消した装置を作りたくなるはずです。

で…すぐに思いつくのが、近赤外光を利用した光トボグラフィー技術を嘘発見器に応用する方法です。光トポグラフィー技術は、光ファイバーで近赤外光を脳内に照射し、反射してきた光を脳表面で受光して、コンピューターで数値解析を利用することで、脳内の活動状況を把握する技術です。

光ファイバーで光を脳に照射すればよいので、MRIに比べると装置の大きさは断然小さくなり、活動状況を調べている間に被験者の動きが拘束されないというメリットがあります。(ただし、脳の活動状況を3次元的に把握するのは光の透過量の関係から若干難しいというデメリットはあります)

光トポグラフィー技術を応用したうそ発見器の方が、f-MRIに比べて断然開発しやすいと思うので、是非開発してもらいたいですね~。


P.S.1
近赤外光を利用した嘘発見器自体は無かったわけではないようです。前頭葉の血流量の変化を近赤外光で計測する方式の嘘発見機の研究開発は行われていたようです。

P.S.2
光トポグラフィー技術は…日立、浜松ホトニクス、島津製作所が頑張っていたような気がします。

P.S.3
光トポグラフィー技術は、装置の精度も然ることながら、有限要素法による非線形解析が何気に重要な技術だったりします。

P.S.4
fMRIにしろ光トポグラフィーにしろ、脳の活動状況からうそ発見に結びつけるためには、ニューラルネットワーク等によってパターン認識する技術の確立も必要でしょうね。

投稿者 cazper : 20:11 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2006年5月29日

panda01.gif YouTubeこそAdsense型動画広告を採用すべし

YouTubeで動画を夜な夜な見てたりするのだけども…。

なんで、YouTubeってGoogleのAdsense広告しか出してないのでしょうね?

YouTubeの特徴は、ユーザーが好きな動画をUPできる。その動画の題名やキーワード(タグ)を付けれる。好き勝手に外部からリンクできる。動画に対してコメントを付けれる。…等々なわけです。このキーワードやコメントを利用して適切なGoogleAdsense広告を表示して、広告費を稼ごうとしています。

ここで、ふと思うわけです。 YouTube自体が動画配信機能を持っているわけですから、ユーザーが登録した動画の内容に関連する動画広告を配信していけば良いのではないでしょうか?

YouTubeで動画を見る場合、次の動画を選択するまでの間は画面上に動画が流れてない事が多いわけです。その空白の時間に動画広告を入れるのは効果的だと思います。(まぁ、近い将来実現しちゃうでしょうが…)

-----
P.S.
ちなみに、動画広告システム自体はGoogleが「クリック・トゥー・プレイ動画広告」としてちゃんと作っています。これは、あくまでも今までのテキスト配信広告と同じような枠組みなんですよね。そういう意味では、YouTubeに動画広告システムを埋め込んでしまったほうがメリットは大きいと思います。


P.S.2
3Dガンダム…めちゃ受けた…。今更ながら見たわけだけど…。で、こっちは普通に凄い。飛行機のアクロバット。

投稿者 cazper : 22:59 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2006年2月28日

panda01.gif 完全無指向性音響システムの提案

そういや以前、産総研がプラズマを利用した空中に浮かび上がる3次元の映像を作ることに成功したけど、

同じように、レーザーを放出して空中の1点を熱する現象を応用し、レーザー強度を変動させて空気を振動させれば、スピーカーが無くても空間から音を発せさせる事が出来るんじゃないかなぁ。

タイトルは、「レーザーを利用した完全無指向性音響システムの開発」なんちて(笑

投稿者 cazper : 07:01 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2006年2月 6日

panda01.gif 寒い思いをしない露天風呂

冬の露天風呂は趣があって好きなのですが・・・

寒がりの人にとっては・・・更衣室から露天風呂に行くまでの道が寒くて嫌いなわけです。

ちょっと歩けば温泉に浸かれるとはいえ、冷たい風が吹く中を歩くのは何を言おうが寒い!!!

で思いついたのが、寒くなる思いをしない露天風呂

露天風呂から水路が室内までひかれていて、更衣室で着替えたら室内まで来ている水路を通って露天風呂まで移動できるのだぁーー。\(^o^)/

部屋から外の温泉に出る通路口を小さくしておけば、隙間風もそんなに来ないだろうしね。あと、部屋の中にシャワーを設けても良いかもね~。( ´∀`)


P.S.
その後色々と聞いていたら、こんな構造の温泉施設が既にあるようです。

投稿者 cazper : 00:43 | コメント (2) | トラックバック | b_entry.gif
     

2006年1月28日

panda01.gif レンタカウがあるならレンタモルだぁ!

R25を読んでいて興味が惹かれたのが「レンタカウ」ビジネスです。

レンタカウとは、県の畜産試験場が、高齢になり草刈が辛くなってきた農家に無料で貸し出す制度。牛に雑草を食べてもらうので草刈のための人件費や農機代が掛からないだけでなく、牛の餌代も節約できるそうです。

んでもさ、農家の人じゃなくても草刈が必要な場面ってあるよね。それは、ちょっとした大きさの庭を持つ家の人。庭があると雑草が生えてきて定期的に草を刈らなくてはいけなくなって面倒なんだよね。

って事は・・・・「レンタカウ」のようにモルモットをレンタルして庭の雑草を食べてもらえば、庭付き一戸建ての人の草むしり労働を解放する事が出来るんじゃないかねぇ??


P.S.
草を食べてくれれば良いので、モルモット以外にもウサギ、チンチラ、プレーリーでも良いのだけど、ウサギは土に穴ほっちゃうからなぁ。穴を掘らない草食動物であれば、家庭用草むしりに利用できるような気がする…。
ホーランド・ロップイヤー女の子カラー:トート

投稿者 cazper : 21:02 | コメント (1) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年12月 1日

panda01.gif クリック性向を元にした広告システムの提案

久々にアイデアでも書きまふ。

Googleブログクリックイノベーションインタラクティブ社に代表されるように、サイト内の記事と関連度の高い広告を表示する広告手法が主流になってきています。

しかし、私はこの手法の効果に対しては若干疑問を持っています。

というのも、例えば検索エンジンで「宝石 買い物」でWEBを検索し閲覧するとします。すると、検索されたページには、「宝石」や「装飾品」や「質屋」に関連した広告が掲載されます。

でも、「宝石 買い物」で検索した人は、たまたま、宝石をなんとなく探しただけなわけです。

もしかしたら、他の物にも興味があるかも知れない。宝石を探している位なのですから、もしかしたらリゾート旅行にも興味があるかもしれないし、結婚に興味があるかもしれないし、はたまた、金儲けに興味があるかも知れないわけです。つまり、サイト内の文章と関連度が低い広告であってもクリック率の高い広告は存在します。

このように、現在の広告システムは、顧客の趣向の多様性を否定した広告を配信してるわけです。

この問題を解決するためには、サイト内の文章との関連度が低くても、そのサイトに訪れる人のクリック率が高い広告を掲載すれば良いのです。

そんな事出来るの?という疑問が上がりそうですが、不可能では無いと思います。

具体的に、クリック性向を元にした広告配信システムを開発すれば良いのかというと…
初期に掲載される広告は掲載されるページに関連度の高い広告にしておきます。ただ、掲載される広告の何割かは関連度が低い広告をランダムに表示していき、それらの広告のクリック率をデータベース化していきます。
あとは、広告掲載されるページと各広告のクリック率性向を調べて、クリック率が高くなるように広告を配信していけば良いのだと思います。

ただ、魅力的ではない広告だとクリックされないので、どんどん広告掲載確率が減ってしまう問題は生じてしまうんですよね…。この問題を解決する必要はありますね。(例えば、掲載確率が減る場合には、追加料金をはらって掲載確率を上げるようにさせるとかね(笑 )

必要な技術は、ニューラルネットワークや自己組織化マップや遺伝的アルゴリズムだろうなぁ。

投稿者 cazper : 22:10 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年9月19日

panda01.gif 回復傾向

[晴れ]
今日もゆっくり過ごしました。てか、暑いね…。

最近、情報に最新の遅れつつあるので、情報収集活動をする。

あ、そういや昨日の新聞に載っていた可視光LED通信技術は素晴しい技術だと思う。ただ、可視光は通信よりは放送(ノン・インタラクティブ通信)にメリットがある技術っぽいなぁ。ITS関係は利用法がすぐ思い付くけど、他に応用する先が見付からないのが難点かな〜。

夕方頃ようやく耳の痛みが引いて来る。

夜、鳥人間コンテストを見る。あぁ、1年だけ人力飛行機関連のサークルに入ってた事あるけど、製作と調整はかなりヘビーなんだよね。CFRPの主軸を作るところから、翼やプロペラの形状作成は電熱線で発泡材を切り取ったり。私が居た頃は、人に優しくない環境だったので、電熱線から出るプラスチックの香ばしい匂いや、CFRPやGFRPを削った際に出る塵を直接肺に吸っていたからなぁ(笑

需要は少ないかもしれないけど、CADの図形から自動で翼型を作成する装置があると便利だよなぁ。どこか作ってないのかねぇ。ローランドDGが作っている3D造型機を大型にして内部システムを簡易にすれば作れると思うんだけども。
ローランドDG(株) 小型彫刻機EGX-20小型彫刻機

ちなみに、地味に人力飛行機の世界も進化してて、私が関わった当時は操縦竿とワイヤーが直結してたのに、今じゃフライ・バイ・ワイヤなんだよね。しかも、計器類も充実してきてるんだよね。

たぶん、次に出てくる技術は、「高度と回転数と速度の関係から、最適なエレベータの角度に設定していくシステム」と「目的経路を予め設定しておくGPSによるオートパイロット機能」の開発だろうなぁ。ただ、人力のオートパイロット機能は経路を確定するのではなくて状況に応じて曖昧に経路を随時更新設定していくシステムになるだろうなぁ。
って、鳥コンって自動設定システムは許されてるんだっけ? (笑

あとは、鳥人間コンテストって競技とは言え、営利団体同士の戦いでは無いので設計図や設計思想のオープンソース化するチームがあっても良い気がするんだよなぁ。どこかやらんかなぁ〜。
----

そういや、ネタ的には古いみたいだけど、今日Googleで「政経塾」関係のキーワードで色々と調べ物をしてたんですよ。そしたら、ミラー事件で取沙汰となった経済評論家の植草一秀氏がいつの間にか「スリーネーションズリサーチ株式会社」なる会社を立ち上げていまして…講演活動とかを結構やっている事を知る。
----

これまた、ネタ的には古いのだけども…。プロ将棋界の次なるホープは、「橋本崇載」氏みたいだね。ドラゴンボールのスーパーサイヤ人のようにパワーが増して来たら金髪になったみたいだし。ネタにしたフラッシュも出来てるみたいだし。

投稿者 cazper : 23:59 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年9月 2日

panda01.gif キーロガー・アフィリエイトシステムの提案

キーロガー(Key Logger)というと、パスワードを盗むためのソフトというイメージがあって世間的にはあまり良いイメージが持たれていません。

しかし、キーロガーをアフィリエイトシステムと統合すると精度の良い広告を配信する事ができるんですね。

どうやるのかというと、MSNメッセンジャー等の広告の出る常駐ソフトにキーロガー機能を搭載します。

常駐ソフトは、その人がワードやチャットで能動的に打ち込むキーをログしていくわけです。

そして、インターネットからダウンロードされた広告に対応したキーワードと照合して、広告キーワードとキーロガーで取得したキーワードが一致したら特定の広告を配信します。

もちろん、セキュリティーの問題があるのでキーロガーで取得したデータは順次照合したらメモリー上からも削除します。

このシステムの良いところは、その人の能動的な行動を直に観察して、それにあった広告を配信するところです。

P.S.
その他に、常駐ソフトがユーザーの行った全ホームページのURLをサーバーに送って、サーバー側でユーザーの行ったホームページのテキストマイニングを行なって、常駐ソフトに表示される広告をユーザーの能動的な嗜好に会わせて広告を表示させる方法もあると思います。

投稿者 cazper : 20:37 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年8月14日

panda01.gif 液晶方式の視力回復眼鏡の提案

近視の原因は、眼球のレンズの周辺の筋肉の凝りだそうです。そのために、筋肉をストレッチさせるための手法がいくつも提案されています。

具体的な方法としては、
◯筋肉をリラックスさせる方法
◯筋肉をストレッチさせる方法

筋肉をリラックスさせる方法として有名なのは、錯視効果を利用した3D像を見せる方法です。これは、直接眼筋に対して働きかけるわけでは無いと思うのですが、脳に3D画像を合成させることで、その過程で焦点を探させて、絵を見ていることでリラックスさせるようです。
マジカル3Dマジカル3D

もう1つ、目をリラックスさせる物として有名な物にピンホールが空いたアイマスクがあります。これは、ピンホールをアイマスクに空けることで、眼の筋肉が頑張らなくても焦点が合う原理を利用した物です。
ピンホールアイマスク(ネミール・ステラ)ピンホールアイマスク

それに対して、眼筋の調整機能に対してアクティブに働きかけてストレッチさせる装置もたくさん発明されています。ちなみに、視力回復マシン自体は結構特許取られてたりするんですよね。
視力トレーニングMEGATORE(メガトレ)松久 MEGATOREMEGATORE

その中の特許で面白かったのが、台の上に視力検査で利用される「C」マークが載っており、「C」マークが被験者から遠ざかっていく装置でした。確か、装置自体の奥行きが5m以上あり…でか過ぎだろっていうイメージを持ちました。

どの装置でも、基本的には焦点距離を移動させて強制的に眼筋をストレッチするわけです。しかしながら、これらの装置では眼筋をストレッチさせている間は他の事ができず、トレーニングに集中しなければなりません。

そこで提案したい装置は、眼筋をアクティブにストレッチさせながら、好きなテレビを見たり本を読んでいたりすることができる眼鏡ですね。

構成は、先に上げたピンホールが空いたアイマスクに似ています。ただし、アイマスクの部分が液晶で光を遮る方式になっており、液晶シャッターでピンホールの穴径をアクティブに変化させます。

穴径を自動で変化させる事で、眼の焦点距離を無限遠〜有限長までアクティブに変化させて、自動的に眼筋をストレッチさせていくわけです。


P.S.
まぁ、でも良く考えると、目を良くするベストの方法って、自然の中で景色を見ることなんだろうなぁーと思うんですがね…近視はある種の現代病ですな。

投稿者 cazper : 00:24 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年8月13日

panda01.gif 蚊取りエアボンベの提案

今日蚊に2箇所も刺された…。(ToT)

蚊取り線香を焚いたが、すき間から逃げられて…、手動で叩き殺す事に…。

まぁ、アース製薬のノーマットでも金鳥の蚊取り線香でも良いのだが、蚊を見つけてから大気中に致死量の薬剤が散布されるまでの時間が掛かり過ぎなんですよね。
アースノーマット 60日セット スカイブルー 金鳥 蚊取り線香 10巻入

つまり、現状では「ノーマットの場合だと、温度が上昇して薬剤が蒸発し始めて、部屋に充満する時間」・「蚊取り線香の場合だと、火を着けて煙が出てきて、それが部屋に充満する時間」が掛かり過ぎているのです!

それに対して即効性のある既存の手法は、アースジェットのように目視した蚊にエアゾルタイプの薬剤を散布する方法です。しかし、この方法では目視できない蚊を殺すことが出来ないのです。
アースジェット 450ml*2本

そこで提案したいのが
蚊を殺す有効成分が詰まったエアーボンベ!

このエアボンベには、蚊の殺虫成分(たぶんピレスロイド系の薬剤)の圧縮液体もしくは気体が詰まっていて、ボンベのボタンを押すと、"気体"の殺虫成分が空気中に散布されるわけです。

提案するエアボンベの良いところは、短時間に殺虫成分を大気中に"気体"として供給できるところにあります。

アース製薬のノーマットの無指向性広域殺虫効果とアースジェットの即効性という良いとこ取りの製品になると思うんですけどね〜

---------------------------------------------------------------
ちなみに、蚊取り装置で面白いものを紹介
5109:酸化チタン光触媒技術蚊取り器ブラックホールブラックホール
酸化チタンで大気中の有機成分を分解して二酸化炭素を発生させて蚊を誘い込む装置。ううぅーむ、大気が汚い場所だとより効果を発揮するのかな…。

投稿者 cazper : 15:24 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年6月24日

panda01.gif 続・株主総会

昨日株主総会の事について書いたのですが、更に情報が入ったので書いていきます。

株主総会は議案に対して決議していくだけではなくて、経営陣に対して質問をぶつけていく事が一般的に可能です。

大概の質問者は実質的な株主なのですが、どうもそれだけじゃなくて、誰かに雇われた質問者が居るらしいのです。彼らは予め考えて来た質問を経営者にぶつけて、経営陣の評価をしていっているのでしょう。

株主総会での質問で経営陣を評価して行くのは微妙な所ではあるのですが、どうでも良い質問をする株主に代って、良い質問をする人が増えて来るのは本来の株主資本主義にとっては良い傾向だと思います。

今日の6月22日の日経新聞朝刊にも書いてあったのですが、米インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)のように、日本株を保有する外国人機関投資家に総会での投票を助言する会社があるそうです。もしかすると、こういう所の関係者が株主総会に出席しているのでしょうか?

-----
今、投資信託のファンドを評価する会社は、モーニングスターを始め沢山有ります。しかし、企業の株主総会での議案に対して評価してレポートしていくビジネスはまだまだ主流ではないですね。

そこで、誰かやりたい人が居れば、この株主総会での議案を評価してレポート(日本語・英語)をしていくビジネスを立ち上げませんか?(笑

日本人の株主とて外国人に敗けず劣らず議案に対しての理解度が低いですからね。(笑

投稿者 cazper : 20:33 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年6月19日

panda01.gif 菌を利用した入浴剤

入浴剤には色々な種類があると思います。有名なところでは、バブやらバスクリンがありますが、その他にも沢山の入浴剤が発売されています。
バブ ゆずの香り 10錠入 バスクリン ピュアスキン やわらか肌

しかし、その殆どが入浴効果を高める事を目的としています。

そこで、私の提案は「体臭の素を食べて消臭してくれる菌が入った入浴剤の開発」です。

入浴剤に化学薬品が入っているのではなくて、細菌が入っているのです。その細菌が入浴している間に体表面に附着し、普段生活している間に臭いの素となる物質を常に分解していくわけです。更に、この細菌は浴槽に溜る垢やヌメリをも食べてくれて、風呂の汚れも遅らせてくれるのです。

今の時代は抗菌やら殺菌が主流ですが、私的には、細菌との共存という方向性にもっていくべきだと思うんですよね。人間は歴史上長い間、細菌を上手に利用して来ているわけですから。

この発想のバイオ入浴剤は、高齢化社会ともマッチしてると思うんだよなぁ〜。

(以前、同じ事かいたかも…)

投稿者 cazper : 04:56 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年5月23日

panda01.gif 今の外貨預金は時代遅れのサービス

インターナショナルキャッシュカードというのを御存じだろうか。

これを利用すると、海外のATMで自分の円建て口座から直接外貨で引き出せる。

欧米に旅行や滞在する場合、殆どの支払いをクレジットカードで済ませるのだけど、それでもバスに乗ったりちょっとした時には現金での支払が必要になる。

普通は、最低限の現金しか持って行かないので、予定外の現金出費が来るときがあるのだ。そこで活躍するのがインターナショナルキャシュカードなわけです。

しかし、このインターナショナルキャッシュカードは円建て口座からしか引き落としが出来ない。例え、外貨建て預金をしていたとしても円建て口座からしか引き落としが出来ない。これでは、外貨預金の為替リスク・チャンスを最大限利用することが出来ない。

現在の外貨預金のサービスは"為替取引"にしか注目していない。通貨というのは最終的に物・サービスを購入することに利用されるのだ。ということは、外貨で海外の商品を購入するチャンスが用意されてしかりなのだ。

今や世界中旅行する人が増えているし、インターネットで世界中の商品を買い付ける人が増えているのだ。そうした人が"強い通貨で安い通貨・物・サービスを買う"行動にでるのは当たりまえだからである。

というわけで、外貨決済できるような外貨建て預金口座を創設するべきだと思います。


---------------
ついでにいうと、インターナショナルキャッシュカードは意外と手数料が高いのだ。それは、どうしてかというと、インターナショナルキャッシュカードはVISAやマスターのネットワークを利用しているので、銀行手数料の他に、クレジットカードの会社にも手数料を払っているからである。

というわけで、VISAインターナショナルやマスターカードの会社が信託銀行と共同で預託金口座を創設し、予め顧客が預託金口座にお金を振り込んでおけば、クレジットカード会社への手数料のみで海外で外貨を引き出せるサービスを始めれば良いと思います。

投稿者 cazper : 08:28 | コメント (4) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年5月21日

panda01.gif インターネット対応のロールプレイングゲームはP2Pで作るべき

一昨日、ビジネスショー2005を見にいったときに、P2Pのグループウェアを開発しているグループがあったのですが、私が以前考えていたゲームに関してのP2Pソフトのアイデアを公開してしまいます。

その名は「P2P型インターネット対応ロールプレインゲーム」

ロールプレイングゲームというと、ドラゴンクエスト(DQ)やファイナルファンタジー(FF)が有名です。最近のファイナルファンタジーはオンラインで遊べるようになっているようです。

しかし、インターネット対戦をするには今のところサーバ(鯖)を立てる必要が有り、そのためにサーバ料金をユーザーが負担しなければいけない問題がありました。

そこで、最近では、未踏ソフトウェア(2004年度)でも採択されているようです。(まぁP2P利用したゲームプラットフォームだけのアイデアだけは、私もVCの知り合いの方に2002年内に話したことが有ったけど、金にならんと言われたのでそのままアイデア放置したわけですが…。)

というわけで?、少々進んだアイデアを公開します(笑 これだけでも特許にはなると思うけんどね〜 まぁいいや GPLみたいの好きだし(笑。(ただ、特許検索してるわけでもないので既に誰かやってるかもしれない)

<以下アイデア>
オンライン型のロールプレイングゲームでは、ユーザーが操る各キャラクターはゲーム空間の座標を移動しています。そんでもって、自分の操るキャラクターに関係を持って来る他人のキャラクターなんていうのは、ゲーム空間座標に於て近い者同士です。

ということは、ゲーム空間において近くに居るキャラクター同士で保有するIPアドレスデータを交換する仕組を作れば良いわけです。

P2P共有ソフトで有名なWinnyは同じキーワードに興味の有る者同士でグルーピングされるように動的にIPアドレスデータを交換・更新していきます。そのグルーピング機能をゲーム空間の座標で行なうのが、今回のアイデアなわけです。

図で書くとわかりやすいのですが、時間が有るときにやりまふ。

投稿者 cazper : 00:19 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年5月17日

panda01.gif 次はメガ比較サイトでしょ

kakaku.comがハッカーにやられて緊急にサービスが停止してしまいました。復旧に1週間かかるそうです。

今、他の比較サイトは、自らのサーバがハッカーに殺られないように冷や冷やしながら、自社のサイトの訪問者が増えることにほくそ笑んでいることでしょう。

比較専門ではないですが、Yahooショッピングや楽天も値段が比較できます。

消費者は、どういう風に比較サイトやショッピングサイトを使ってるのでしょうか?

結局のところ、目的の品が安く買えるかどうかしか見てないんですよね。(商品の値段+送料)

こうなると、消費者は比較サイトに登録してある商店名だけでは無く、楽天やYahooといった名前も気にしていないわけです。

それじゃ、どういうサイトを作れば消費者が喜ぶかと言うと、kakaku.comや楽天やYahoo等で出品されている商品を包括して検索・比較できるサイトになるわけです。

ということで、私はそのうち大手比較サイト同士を包括して比較するサイトが出て来る気がします。
(データベースの著作権等の問題もありますが、うまく回避できそうですし…。)

投稿者 cazper : 01:01 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年5月16日

panda01.gif 文字情報と視覚情報

最近、電車内に液晶モニターやLEDパネルが付いて、次の駅の案内をするようになりました。

確かに、次の駅の情報をモニターに順次表示できるので、便利にはなってるのです。しかし、モニターで提供できる情報の種類に気を配っていない気がするのです。

モニターで提供できる情報は文字を伝達する「文字情報」と図形を伝達する「視覚情報」の二つあります。

「文字情報」は的確に情報を伝達することが出来るのですが、全体の概要を伝えようとすると、長々と逐一伝達する必要があり面倒な事になります。一方、「視覚情報」の場合には、詳細な事を伝えられませんが全体の概要を伝えるのには向いています。

それで、今の電車内のモニターを見ていると、文字情報に頼り過ぎている気があるんですよね。例えば、あと どれ位で目的の駅に着くのかを知りたい場合には、まず、現在の駅情報を得た後で、モニターの側に別途飾られている路線図を見ないといけないわけです。

というわけで、もっと視覚情報を利用しなければいけないと思うのです。例えば、良い例としては、桃太郎電鉄のような感じの路線図表示とかをモニターに取りこんで行くべきだと思うんですよねぇ〜。
PS2ソフト/ハドソン 桃太郎電鉄 USAby ハドソン

投稿者 cazper : 00:07 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年5月15日

panda01.gif ワサオーロやワサパワーのこれから

最近注目している企業にリンテック株式会社(7966)があります。前々から、粘着テープを製造していたのは知っていました。それが、粘着剤やシートの技術を元に建材、エレクトロニクス、ヘルスケア等の分野に進出しているようです。

そんな中、弁当を食べていたとき「ワサオーロ」という製品に出合いました。どういう商品化と言うと、わさびの中の抗菌成分をシートに付着させ、それを弁当に入れると雑菌の繁殖を防ぐという代物です。(開発元は三菱化学系会社)

もちろん、他社でも同様の商品が発売されています。
除菌シート『ワサパワー』200枚入「ワサパワー」

まさに、弁当作って外で食べる人にとっては欠かせない商品となるでしょう(特に夏場は)

ただ、ここで疑問が湧く分けです。なんでわざわざ抗菌シートを別途買わなければならないのでしょうか?

お弁当屋の弁当であれば弁当の種類によって容器形状が決まっているので、抗菌シートを後から追加するか、弁当の容器自体に抗菌性能を持たせる方法しか選択の余地が有りません。

しかし、家庭で作られるお弁当は、一般的におかずを分けるために、アルミやプラスチック性のカップを利用しているわけです。
お弁当にもピッタリのミニサイズ。プッチカップ丸型&小判型(各45枚)お弁当用カップ

ということは、おかず用のカップに抗菌性能を追加する方が便利だと考えるのが主婦的な発想なわけです。

というわけで、プラスチック性シートの企業も発想を更に柔軟にして、抗菌シートをおかず用カップ表面にコーティングするような製品を作ると良いんじゃないんでしょうか?

投稿者 cazper : 01:06 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年5月14日

panda01.gif 製法特許だけなら、特許申請されていない国で作るに限る

以前から、ちょっとは触れて来たけど、このアイデアはプロパテントの波とグローバル経済の波をうまく利用する方法なので、詳細に記述しておきます。

特許というのは、物質そのものに対する特許(物質特許)と製造方法に対する特許(製法特許)の二つが大まかに有ります。

物質特許を取られた物質に関しては、如何なる製法を利用しようが同じ物質を製造・販売することは出来ません。

それに対し、製法特許というのは製造方法に関してだけですので、別の製造方法を考えつけば、装置で製造される物質は作れるわけです。具体的に言うと、一般的なAという物質を作るための機械Bに関して製法特許が取られていようが、別の製造方法で物質Aを作っても特許侵害にはなりません。

今までの経済下では、機械Bという製法特許が取られていたら、別の製造方法を一生懸命考える必要性が有りました。

しかし、グローバル経済が支配する経済下では、特許申請されていない発展途上国で既に先進国で特許申請されている機械Bをコピーして製造し、それを利用して物質Aを製造し、先進国に輸出してしまえば良いわけです。

特に、物質Aに当るものが小さくて軽くて高付加価値であれば有るほど、この特許戦略が生きて来ます。また、既に特許申請されている機械Bの独占率が高ければ高いほど衝撃力が増して来ます。

具体的に私が思いつく物質Aは、製薬、高級ブランドの服(無縫製洋服)です。この他にもたくさん有ると思います。企業の知財部門の人もこの戦略を考えてみると良いかも知れません。

投稿者 cazper : 01:41 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年5月11日

panda01.gif インターネットでスナイパー(暗殺)

昨日、WBSでインターネットを利用したハンティング(狩猟)が紹介されていました。

どういうものかというと、実際のライフルのスコープにWEBカメラがついており、インターネットでライフルを操作して、実弾を打って獣を捕えたり、標的を打ったり出来るというサービスです。

でも、ふと思ったのです。このシステムを利用すれば、リアルなサイバーテロを行なえるんじゃないかと言うことが…。(あ、一応不謹慎なアイデアなので、このアイデアを利用しないで下さい)

最近、無線LANが町中で利用できますよね。しかも、結構セキュリティー設定されていないので、漏れて来た電波を利用して、他人が勝手に無線LANを利用できちゃったりすることもするわけです。

この無線LANから漏れ出ている電波を利用してインターネットに繋ぎ、スナイパーライフルを操作してしまえば、要人を暗殺することができます。

もちろんライフルで暗殺するのではなく、WEBカメラで要人が来るのを待って、インターネット経由で爆彈を爆発させることもできます。

このシステムの肝は他人のインターネット環境を拝借した上で暗殺するので、遠隔操作している暗殺者の足が付きにくいことです

ああ、恐ろしや〜

投稿者 cazper : 21:55 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年4月13日

panda01.gif 人攻撃型コンピュータウィルス

昔ピカチューのアニメで子供達がパタパタと倒れた事件があったときに、不謹慎ながら思いついたアイデアなのですが、未だに誰も開発していないようなので、メモ程度に残しておきます。

友達には、昔からアイデアを話しているわけですが・・・。流石に、コンピュータウイルスという事もあって、作ってはならないです。

アイデアは、人自体を攻撃するコンピュータウィルスのアイデアです。どういうウィルスなのかというと、「感染後一定期間を経て、を全画面で切り替えて表示する機能が付いて、メールやインターネットを介して広がっていくウィルス」です。

今までのコンピュータウィルスは、コンピュータを対象としたウィルスだったわけです。しかし、不謹慎ながら思いついたアイデアのウィルスは、コンピュータを攻撃するのではなくて、人を攻撃するわけです。

例えば、オフィスアワーの午前11時に画面表示するように設定していたとすると、コンピュータ関係で働いていた人がパタパタと倒れてしまうわけです。こうすると、人的被害という事で、従来のコンピュータウィルス以上に社会的なダメージが大きくなってしまう気もするんですよね・・・。

メモ書き程度で残しておきますが、これを見たからといって、人攻撃型のウィルスを作成しないでください。

投稿者 cazper : 21:50 | コメント (1) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年3月25日

panda01.gif トラックフォアの提案

Blogを見ていて、トラックバックは非常によい機能だと思うのですが、
逆にトラックフォアという仕組みは無いのですかね?

トラックフォアとは、トラックバックを打ち込んだ先の要約を自動で取得してくれる仕組みです・・・。

トラックフォア機能があれば、参考文献をBlogに簡単に表示できるのになぁ~。

(と、仙台で行方不明の女の子の捜査協力Blogを見ていて思いました。可愛い女の子なので、無事に戻ってこられることを願っております)

投稿者 cazper : 22:37 | コメント (2) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年3月24日

panda01.gif マラリア根絶って難しいんだね

地球が温暖化すると日本にもマラリアが蔓延する可能性があるので、マラリア根絶に頑張ってるみたいですね。

マラリアが蔓延しないようにするには、蚊を殺すのが一番手っ取り早いのだけど、これだと、自然の摂理なのか、殺虫剤に対して耐性をもつ蚊が現れているらしい

もちろんクロロキン等の特効薬に対しても耐性を持つマラリア原虫がいるため、万全ではないらしい。ということで、岡山大学(綿矢有佑教授)や大阪大学(野島 正朋教授)らが、環状過酸化物を利用した特効薬を開発したらしい。しかしながら、特効薬を新たに作っても、直ぐに耐性が出来てしまうわけです。

というわけで、マラリアに対してのワクチンの開発が世界中で研究されているようですが、大阪大学(堀井俊宏教授)らがワクチンの実用化1番乗りになろうとしているようです。まぁ、ワクチンを開発してもマラリア原虫が進化してしまえば終わりな分けですが、特効薬よりは耐性が生まれにくいらしい。

ふと、思ったことなのですが、蚊が媒介するから悪いわけで、マラリア原虫を体内で攻撃するような蚊をDNA操作で作れないのですかね~、そうすれば、蚊にマラリア原虫が取り込まれた時点でマラリア原虫が死滅するわけですし。 やっぱ難しいんだろうなぁ~。
(参考:日経新聞2005年3月21日)

投稿者 cazper : 07:09 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年2月25日

panda01.gif 確定申告の自動記載システムを開発しませんか?

今日確定申告をしていて思ったのですが、何であんなに面倒なんでしょう??

複数の紙に同じ内容の所得を記述したり・・・面倒なんですよね。

それならば、源泉徴収表や株式の年間取引証明書に2次元バーコードを記載してスキャンしたら一瞬で確定申告書に必要事項が書き込まれるシステム作るべきだと思うんです。

更に言えば、今の時代は、インターネット全盛です。したがって、2次元バーコードを利用するよりも 源泉徴収表や株式の年間取引証明書の内容を記載した電子ファイルを配布しておき、 税務署のオンラインサービス画面でロードしたら自動的に必要事項が記載されるようなシステムにすべきだと思うんですよね。

XMLも実用化されてきてますので、それくらい楽な話だと思うのですが・・・。

投稿者 cazper : 22:51 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年2月22日

panda01.gif パトカーにはICか指紋認証システムを・・・

村田国家公安委員長が「パトカーをエンジンかけたまま放置したのは問題だ」と発言されておりますが・・・。委員長には「 事件は会議室で起きているんじゃない。現場で起きているんだ!」と言いたいです。

犯人が逃走した場合にでも、直ぐに追いかけられるように車のエンジンをかけておく方が良いに決まってるのではないでしょうか??

その一方で、エンジンかけたままだと犯人に乗っ取られる可能性があるわけです。今回の事件はたまたま乗っ取られそうになってしまったわけです。

それならば、パトカーのアイドリングからドライブにシフトレバーを移動する段階で指紋認証すればいいのではないでしょうか? 認証されない人は自動車を発信できないようにするわけです。

シフトレバー自体に、赤外線を利用した指紋読取装置をつければいいわけですし。装置自体は簡単に導入できます。

それが嫌ならば警察の制服にICチップを埋め込んでおいて、警察でなければパトカーを発進できないようにすれば良いと思うんですけどね~。

■■■■■■■■■■■■■■■■■
パトカー窃盗未遂事件を首相が問題視 「何事だ」

 東京都港区台場で19日午前、単独事故を起こした男性(26)が駆けつけた警察官らに襲いかかり、パトカーを奪おうとした窃盗未遂事件があった。民放テレビで事件を知った小泉首相は22日の閣僚懇談会で、警官が男の前から逃げたことを問題視し、「警官は(犯人を)取り押さえるためにいるのに何事だ。どういう訓練をしているのだ」と述べた。村田国家公安委員長は「ゆゆしき事態。おわび申し上げたい」と答えた。

 警視庁によると、「乗用車が国道横の植え込みに突っ込んだ」との110番通報を受け、東京水上署員らが駆けつけた。署員が窓越しに男に声をかけると、男は突然車を降り、棒のようなものを持って襲いかかり、近くに止めてあったパトカーに乗り込んで発進させようとした。男は署員に車外に引き出され、窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕された。

 村田国家公安委員長は「警察官が逃げようとしたことと、エンジンをかけたままパトカーを放置していたのは問題」と指摘し、事実関係の調査を進めることを指示した。 (02/22 11:36) 引用元:Asahi.com
■■■■■■■■■■■■■■
後、関係ないですけど、警察官には警棒や銃の他に、催涙スプレーとかの非殺傷武器を持たせるべきですよね・・・。ドラクエやFFの世界でいえば、警棒は打撃系の武器、銃は飛び道具、催涙スプレーは攻撃魔法。一人三役!

投稿者 cazper : 17:01 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年2月21日

panda01.gif 著作権問題・・・

[曇]
何故か分らないけど、薬品株が全面高。うぅーむ。

昼過ぎに、天谷先生のカナダ行きに関連した木村先生とのミーティング。

午後は、bulknewsに不満があったため日経ニュースのRSSを公開したのだけど…見出しの著作権に関わる問題が発生。見出しだけだと著作権侵害にはならないとのことだが…。今のところグレーゾーンということで、公開を取りやめて、細々と自分専用で運用しておきます・・・。

著作権に詳しい方助言お願いしますm(__)m

そこで、今考えているのが、このグレーゾーンを打開するソフトウェアの開発です。(個人的には法律を回避するためだけの技術というのは嫌ですが)
今のRSSリーダはRSSフィードしか読めないのですが、RSSリーダのプラグインとして個別のHTMLサイトをRSSに変換するプログラムが動くようにすれば良いと思います。そうすれば、クライアント側でHTMLから見出しを抜き出すプログラムが動くようになって、個別でRSSフィードを作成するから著作権違反ではなくなるんですよね・・・。

はぁ、こういう無駄な技術を発達させるよりは、著作権の概念を緩くする方が人類に役立つ技術が育つと思うのですが・・・。

技術や情報で金を稼ぐからといって、プロパテント万歳な学者や研究者や実業家や放送関係者が多いですけど・・・果たしてどのくらいの人がこういうこと人類の成長を考えているのでしょうか・・・。

まぁ、考えていないから、こんなことがおきるんでしょうね。

何気に帰宅間際になってメールチェックしたら予約取り消しのお知らせが・・・。
まずい・・・、このままだと台北に泊まれないぞ。丁度サイクルショーというイベントの時期と重なるらしい。それで混む時期らしい・・・ヤバイヤバイヤバイ。
けど、大丈夫だろう。明日は電話掛け捲ろう。明日は明日の風が吹く~

そういえば、青木君はベルギーに行ってるわけですが、目的が観光の他にビールらしい。んで、僕はお酒は全くといって良いほど飲まないのですが、青木・赤川・大西のベルギービール3兄弟の飲みに誘われると、ベルギービールを飲まされるわけです。

彼らが必ず飲むのがロシュフォール。ロシュフォールはアルコール度数によって、610とあるわけですが、10が一番おいしいらしいです。僕にとっては、あんまりなんですけどね。

だけど、お酒飲まない私にでもおいしいベルギービールがありました。その名は、ウェストフレテレン(westvleteren)。このビールは、アルコール度数によって、王冠の色が違うのですが、お酒飲めない私でも一番アルコール度数高い黄色の王冠が一番おいしかったです。幻というだけあって、直ぐ売り切れるらしいです。

投稿者 cazper : 23:04 | コメント (2) | トラックバック | b_entry.gif
     

panda01.gif ニュースサイトにこそトラックバック機能をつけるべきです

SlashdotはNerds用ニュースが配信されていて、各ニュースに対してトラックバックやコメントが付けられています。

この機能って、NIKKEIやASAHI等のニュースサイトにこそ導入すべきですよね。ライブドアやフジテレビの株式争奪戦の騒動も良いのですけど、ニュース配信会社はニュースをブロードキャストしてさえいれば良いという考えを早く改めるべきですよ。

どうも、ニュース配信会社の動向をみていると、デジタルテレビ時代がくれば双方向の時代がやってくると勘違いしています。デジタルテレビで出来ることって、インターネット放送でも出来るんですよね。

ニュース会社の連中が頭が固い人が多いのか、行動が遅すぎなんですよ。デジタルテレビが来たって、双方向通信を実現するには結局インターネットを使うんです。それならば、インターネット放送の方が双方向通信が簡単なんですよ。

ということで、手始めに既にデジタル配信を行っている日経や朝日・産経のニュース配信会社はホームページで配信しているニュースに対してトラックバックできるようなシステムを導入しては如何ですかねぇ???

そんな難しい技術じゃないし~。

投稿者 cazper : 07:55 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年2月20日

panda01.gif 雨なので台湾でのホテル決める~

[曇時々雨]
雨なのよー。インラインスケートも中止になったみたいだし。ということで、寝すぎた(笑 

昨日作成したPHPで作成したホムペをアップ。単純作業だったので疲れた(T_T)。こういう単純作業って嫌い。

夕方にTBSの「夢の扉」を見る。今日は 設計・リフォーム行うをアトリエ・フォア・エイ社天野彰氏の話。地震に強い家を作るための天野氏の思想に感銘を受けた。私が建築をかじっていたら、天野氏に弟子入りしても良いと思いました。

鉄筋コンクリートの部屋の場合、天井までビッシリ付く高さの家具を配置すると家具が倒れずに安全との事。しかしだ、こんな都合の良い家具なんて売ってないよな~。ということで、フルオーダーの家具を安く提供する会社立ち上げれば、こういうニーズを汲み取る事が出来るね。って、調べたら、耐震家具等のフルオーダーメイドしてくれる家具屋さんがあった~!!!。

動物奇想天外も見たんだけど、そこで日本ミツバチのスズメバチに対する攻撃法についてやってた。この方法自体は以前から知っていたんだよね。簡単に書くと、日本ミツバチの致死温度が50度、スズメバチの致死温度が45度なので、この差を利用して蒸し殺す。

人間がスズメバチを殺す場合は、ピレスロイド系殺虫剤を散布するんですよ。(ちなみに、この殺虫剤は殆どの昆虫に効いちゃう。)ただ、この方法って、薬剤を撒く為に人間が近くに行かないといけないんだよね。

人間が近くに行かなくて良い方法を番組見ていて思いつきました。その方法は、離れた場所からハロゲンヒーター等の熱源で直接巣を50度近くに熱しちゃう方法です。ハロゲンヒータならピンポイントで熱する事が出来るし、離れた場所からスイッチ入れるから刺される心配無いし。素人でもできるしね。そうはいっても、土とかヤブとか屋根裏に巣を作られた場合にはこの方法じゃだめだと思うけど。

あ、ちなみに、何気に「Mの悲劇」はまっとります。最近のマイブームかも。

その後、台湾旅行のホテルの予約等をする。安い宿ばかり。
■台北・・・YMCA($1800NT+10%サービス?)Taipei Naviで予約申込み
■台東・・・ネット朋友の銘さんの御好意により、台東縣公教會館に宿泊予定。(一泊$1150NT)
■知本温泉・・・未定。1泊の予定。温泉は行きます。銘さんに任せてます。
■高雄・・・凱得來商務電脳大飯店(Kind Business Hotel)か高雄市國軍英雄館。後者のホテルは安いらすぃヽ(^o^)丿銘さん曰く、「一泊$1500NTの将軍房が良いんじゃない?」。
■台東→高雄・台南の電車での移動は、ここで予約する予定。

参考になるサイトは、ここ

クイックな旅行ですが、高雄から台南にちょっと電車で移動していく事も計画。銘さんに感謝!!!

PS.
バンクーバで知り合った友達は、台中(Taichung)と宜蘭(Ilan City)に居るので寄る暇はありません。

投稿者 cazper : 23:56 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年2月10日

panda01.gif カーナビゲーションとP2P技術

WinMXやWinnyで叩かれたP2Pですけど、この技術って他に使えないのかなぁと考えていたら、ふと思いついたんですよ。

それは、「カーナビゲーションにこそP2P技術を導入すべき」という事です。

カーナビに無線LAN機能を持たせておき、近くの車が最新の地図情報を持っていたら更新するようにすれば良いと思うんです。地図情報提供会社は自社の近くを通りかかる車に情報を送信していれば、後は手間を掛けなくても自動的に情報がP2Pで伝わっていくわけです。

前にパイオニアが常に通信してナビゲーション情報を更新していくカーナビを作ってましたけど、あれだと通信設備分だけ利用料に跳ね返ってしまうんですよね。そんな感じなんで、たぶんですけど、あんまり流行ってないと思うんですよ。

ただ、現行のDVDナビやHDDナビだと更新するのに会社にDVDを送付してもらったり、HDDを更新してもらったりする必要があるんですよね。もちろん、配布にコストがかかるので、その分はサービス料金に上乗せさせられているわけです。

そういうコストを削減するためにも、カーナビに無線LAN機能を搭載してP2Pで地図情報を提供すればよいと思うわけです。

ただ問題は、地図情報(GIS)を提供している会社がどうやって儲けるかなんですよね。P2Pで地図を流行らせれば、大規模な通信システムや更新DVDの配布にかかるコストはかからなくなるのですけど、お客さんからお金を集める手段がなくなるのですよね。

一つの課金方法としては、ナビゲーションシステムとETCカードを利用して、情報更新する際に課金されるようにすれば良いと思うんですよね。 それで、ナビゲーションシステム自体の情報を更新しない場合でも無線LANとP2PでWinnyのように情報をただ転送するようにしていればP2Pネットワークは死なないと思うしね。

投稿者 cazper : 14:25 | コメント (3) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年1月31日

panda01.gif 各証券会社のMRF口座一括管理ビジネスの提案(MRF供託会社設立)

最近では、各証券会社は「証券保管振替機構」と「MRF口座」を総合口座として顧客に提供することで、顧客の迅速な株式の買い付けと現金化を行えるようにしている。

しかし、これは問題もある。各社特色のあるサービスを提供しているので、顧客は複数の証券会社に口座を持っている。そのため例えば、A証券会社で日本株を売却した資金で、B証券会社で中国株を購入しようとすると、A証券会社から銀行口座にお金を移動してから、B証券会社に資金を移動しなくてはならない。

これでは、資金の移動に時間がかかるばかりでなく、銀行口座を経由するたびに手数料が取られてしまう。(以下図参照)

また、各社が利用しているMRFの管理会社は、数社の大手証券会社しか行っていない。

そこで、各証券会社で用意していたMRF口座を一括で管理する組織を作るべきではないだろうか?(以下図参照)

そうすれば、顧客はその時その時で目的に合った、サービスを提供する各証券会社から株式を購入することが出来るのではないでしょうか。

なお、MRFの一括管理会社(組織)は、現在の各証券会社のMRF口座を管理する大手証券会社がやれば良いと思います。

投稿者 cazper : 13:33 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年1月30日

panda01.gif 冬眠状態

[晴れ、寒い]
まずい、まじヒキーだ(笑 一日パソコンの前に座って作業して終わってしまう…ヤバイヤバイ。でも、一点集中なんでしょうがないダニ。

ええと、殆ど日記じゃなくなってますが、アメリカが利上げ観測になっているようですね。そうすると、円売りドル買いになり始めるので、なにやら先行き円安になるんかね。

■消火用噴霧式スプリンクラー■
今の消火用スプリンクラーって、ある程度の大きさの水玉を飛散させて、消火するようになっています。消化の仕組みは、燃え盛る物の融点を下げるのが目的です。

でも、違う発想で消しても良いと思うわけです。
ででで、最近 消防自動2輪で、噴霧式の消化システムが開発されています。そのシステムをそのままスプリンクラーに応用しても良いと思うんです。

そこで、スプリンクラーからでる水滴を霧状にして大量に出すようにすれば良いと思うんです。そうなれば、部屋の中の湿度が上がります、これによって炎が広がるのが防げます。また、霧は炎によって直ぐに1600倍の容積を持つ水蒸気となるので、部屋の空気が追い出されます。

霧式のスプリンクラーがいいのか、従来の水滴型のスプリンクラーの方が良いのかよくわからないのですが、実験したいとです。

■氷の簡易厚み計測器■
最近阿寒湖で氷が割れて湖に落ちた子供がいるとです。で、テレビで見ている限り、氷の厚みを計測するのは、どうやら、氷をチェーンソーで割ったり、ボーリングして深さを計測しているようですね。数メータ規模までの厚みの氷をボーリングせずに非破壊計測できる簡易計測装置って作れないですかね。

簡易ってところがポイントです。ちょっとした、大きな装置はあるに決まっとるとです。

超音波使って計測するのがベストなんでしょう。この場合、氷の下の方からの計測するのは簡単なんでしょうが、氷の上から計測するのはちょっと難しいでしょう。うーん。アイデア募集中。

あ、今思いついたのですが、音の周波数を遷移させていき、受信値の変化を計測するタイプの計測器ってあるんでしょうかね。

■氷から落ち込んだ人の発見器■
極零下でのダイビングって15分から20分位しかできないようですね。幾らダイビングスーツやインナーを着ていても、寒いものは寒いみたいでして。それじゃ、暖かくするための装置つければいいじゃないか?と思うけど、それはそれで、ウザイしウケない。

それならば、早期発見するための装置を作ればいいじゃないかと言う話なんですが。これだと、赤外線カメラがいいのかなぁ。それとも魚群探知機みたいな装置がいいのかなぁ。

あ、それと、赤外線カメラと魚眼レンズを組み合わせた装置も作りたいとです。

■海中GPS■
ダイバー用の海中GPSという装置を作ってみたいとです。

■シャボン玉について■
以前、砂糖を入れたシャボン玉の話を書いたのですが、もうちょっとブラッシュアップした方法を考え付いた。

「ヘリウムボンベ」と「砂糖入りのシャボン溶液」を利用して、シャボン玉を膨らませるのさ。そうすれば、風船のようにフワフワ浮いていき、その過程でシャボン玉も固まります。

このシャボン玉は、空に上がった後は自然に粉砕してしまう上に、元々シャボン玉溶液と砂糖水なので環境負荷が低い物です。

また、シャボン玉溶液に紅しょうがや着色料で色をつけてあげれば、ちょっとした屋外イベントで利用できると思います。

でんじろう博士、このアイデアってどうでしょう??

■シャボン玉2■
シャボン玉をドーナツ状に作る装置ってないのでしょうか?アイデアはあるのですが、すでにやられてるのならば、やる意味が無いしなぁ…。知っている方募集中。

投稿者 cazper : 23:43 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif