メインへ戻る

2009年1月25日

panda01.gif 【八方尾根】スキーとRバーガー

[晴]除夕

とり~は6時に目覚まし掛けていたものの、他の誰もが起きない!とり~が窓のシャッターを開けたりして起こそうとしているのを尻目にぬくり続ける私(゜-゜)

周りの友人たちに奥さんにしたら間違いないと言われ続けている"あやや"により豪華な朝食が用意されました。

白馬カナディアンロッジを9時過ぎに離脱して八方尾根へ向かいました。

今日は晴れてまして、新雪が少ないもののスキー日和でした。

グルーミングが行き届いておりまして、平たいバーンは滑りやすかったですね。下地は固いものの若干降った新雪も解けておらずコブ斜面もまぁまぁでした。


12時半に兎平の食堂に入りまして昼食をとりました。食堂を見渡すとウィスラーの食堂の如く、半分が白人(たぶんオージー系)でした。町を通っても外人を良く見かけまして、びっくりしまくりました。(円高の影響は無いんですかねぇ~)

昼食後はそのまま下山して、みみずくの湯に向かい体を洗うのと着替えを済ませました。ここで中部グループの"あやや"と"あぼん"とはお別れです。いやぁ、バカが多過ぎて笑いが止まりませんでしたよ。内腹筋が超鍛えられた二日間でした。


石川PAで休憩をしたところ、Rバーガーがあってビックリです。というわけで、思わず買いました。値段の割りに味は、そこまでは美味しく無いですね。良い素材を使ってる事は良く分かるんですけども...味自体の特長が少ないかも。


P.S.
馬鹿を中国語で言うと、「笨蛋 bendan」だと思っていたのですが。これは本当の馬鹿を指すようです。つまり、関西弁でいう「バカ」という意味ですね。関西弁の「アホ」にあたる中国語は何かと言うと・・・「傻 sha」らしいです。

投稿者 cazper : 23:59 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2009年1月24日

panda01.gif 【八方尾根】スキーとミルフィーユ鍋

[晴@東京、雪@白馬]

早朝3時過ぎに「ペンションCollege白馬」に着きまして、即就寝。中部組み2名は早めに到着していたため部屋の布団を敷いててくれました。感謝です。

てか・・・あぼんの寝る際の服装が謎過ぎでした。朝は8時過ぎに皆稼動しはじめて、朝9時にはロッジを出発して八方尾根へ向かいました。八方尾根自体は実に十数年ぶりだったりします。懐かしすぎ。


この際に自分のデジカメのシャッターが押せない事が判明し凹みました(/_;)・・・。しょうがないので、携帯のデジカメでブログ用写真を用意して、後は友人のデジカメに託しましたょ。


スキー場は雪でしたが若干雪不足感がありました。標高高い方はそれでも良いほうだったかな。

平たいバーンで足慣らしした後は、黒菱や兎平のコブ系をちょこちょこと。あぁ、華麗に滑りたいです。ってか、コブでミラクルな転倒をして頭打ったし(/_;)

その後、ペンションに戻って自販機で売られていた「?」な缶を出してみたら...単なる午後の紅茶でした。2本目の同じ。たぶん、これは余りの缶だったのでしょう...。だまされた(笑


その後は、今日の宿泊先である白馬カナディアンロッジ に行きました。ガスコンロと鍋を借りてきて鍋の下準備をあやや中心に行い、第一郷の湯で汗を流してきました。


今日のメインディッシュは「ミルフィーユ鍋」でした。美味しかったですよ。

バカな事ばかりしつつ11時ごろには殆どが掘り炬燵の中で就寝。みんな若いのぉ~

投稿者 cazper : 23:59 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2007年11月25日

panda01.gif 初すべりdeこぶ練【かぐら・みつまたスキー場】

[快晴]今聞いてる曲:Beyond the century(Adiemus)
朝4時半起き(=o=;)

6時32分発の「たにがわ」に乗って越後湯沢へ。新幹線内には日帰りスキーに行く人が目立ちます。まぁ、8100円で電車代・リフト券代込み込みだからなぁ~、激安なら行きますわな。

越後湯沢駅では定期バスのバス停に長蛇の列が出来てました。これ1台じゃ乗り切れないなぁ~と思ってたら増発されてて2台来てました。湯沢の街にも積雪の後が残ってましたね。ちなみに、越後湯沢からかぐら・みつまたスキー場(google map)までの運賃は運賃(370円)+1大荷物あたりの費用(100円)でした。
EchigoYuzawa Station

早く雪が降ったとは言え、オープンしたスキー場は限られているからかスキー場の駐車場は満車状態で、リフト券売り場やロープウェイ乗り場には長蛇の列が出来てました(゜-゜)

みつまたエリアで2本だけ足慣らしして、その後かぐらエリアへ。
Kagura Ski Resort

圧雪されてないのか既にコブが形成されています。初っ端からコブが大きく成長しているテクニカルコースへ。あぃ…ショートスキーの先端が雪に刺さって前のめりで吹っ飛んでしまいましたよ(/_;) その後もジャイアントコースとテクニカルコースのコブ斜面を中心に休むことなく滑りまくりでした。(↓の写真はジャイアントコース)
Kagura Ski Resort

今日は1日中快晴だったので雪化粧をした遠くの山々までくっきりと見えました。
Kagura Ski Resort

休むことなくコブ斜面の練習してたら午後には既に足がガタガタ…普通の斜面を滑るのさえも苦痛になってきましたよ(ーー;) そりゃ、最近運動してなかったから当たり前なんですけどね…。ちなみに、帰り間際に緩斜面で自分の影が滑ってる姿を撮影したりしてみました↓

15時30分には下山して着替え16時のバスで湯沢駅に戻りました。しかーし列車の指定の時間を18時にしていたため(暖房が入っていても)寒い待合室で1時間以上↓の本を読みながら過ごしてました。
ウェブ時代をゆく

普通に立ってるのも苦痛になるくらいまで疲れ果ててたため帰りの新幹線の中は爆睡。でも、スキー楽しすぎる♪ 次は長板でやろっと…

投稿者 cazper : 23:59 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2007年4月19日

panda01.gif ウィスラー・ブラッコムを繋ぐゴンドラが建設される!

これは期待。

2010年の冬のオリンピックと言えば?? バンクーバーオリンピック

そのメイン会場であるWhistler-Blackcomb(ウィスラー)は世界で有数の巨大なスキー場です。

このスキー場は隣接する大きな二つの山で出来ているのですが、一度山に登ってしまうともう片方の山に行くには麓まで降りなければなりませんでした。

ところが、麓付近の雪は悪いので一度片方の山に登ったら、その日はその山だけを滑るのが今までの習慣でした。

このゴンドラが出来れば、麓まで降りずに両方の山を行き来ができるようになります。

欲張りなスキー・スノーボーダーなら、2008年末の冬はウィスラーで滑ってみてはどうでしょうか?

P.S.
昨日はSendmailが暴走してその原因を突き止めるのに一苦労でした...。

投稿者 cazper : 12:36 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2007年3月18日

panda01.gif 日帰りスキー@ハンターマウンテン塩原

[晴@東京 晴・曇・雪@塩原、強風、max=380]
朝5時半起き...昨日寝たのが2時半頃だったので眠すぎー。


とまぁ、眠たさもスキー場に来れば吹っ飛ぶのだけど...風が強いので寒い!


雪はというと...150cmと謳ってるけど、リフト下とかは普通に雪が被ってなかったり...

でも、滑る分においては問題無し!


強風で雪が巻き上げられて顔が痛かったけど、ウォール・ストリートが一番楽しく滑れた\(^o^)/

ウォール・ストリートを下から見上げた写真↓

上から見下ろした写真↓

ウォールストリートは時々吹雪いてた(~o~)


今シーズンは全然滑って無いのだけども、ハンターマウンテン塩原は平たいバーンのちょいちょい練習の場所としては悪くないなぁ~。コブも一部あったな。

結局今シーズンは一度も長板で滑らなかった(ToT)

来年はウィスラーで滑りたいぞ♪

投稿者 cazper : 23:59 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2007年1月 4日

panda01.gif 初滑り@たんばらスキーパーク

[晴, max=453]
ちょっと運動をしようと思いたんばらスキーパーク(Googleマップはこちら)へ行ってきました。今回はショートスキーを持参。
ミズノ テディーベア ショートスキー

第一印象は、人が多ぃ…雪質は良好。とにかく初心者用の第一リフトは混んでいた。

初滑りではあったが身体が覚えてくれていて滑れた。リフトを降りた直後は程よい傾斜のついた斜面なのだけれども、最後の方がなだらか過ぎるのがちょっと不満だなぁ。

最上部からは、ダムが見えるし周りの山々も見える。それにしても、目の前に見える山には雪が積もって無いのにこちらには雪が積もってるのが不思議である。

上級者コースも角度はそれ程急ではなく、こぶ練習には持って来いの環境かなぁ。ただ、距離が短いのと、上級者コースの上を走るリフトが若干遅いので微妙。結局、こぶ斜面を滑る感覚を取り戻せずに終わってしまった。


16時にはリフトが終了し、帰路へ。

スキー場に来ると考えてしまうのが、なんで、日本は海外のような貸しリゾートコンドミニアムが少ないのだろうかという事。カナダのウィスラーの場合、購入したコンドミニアムをホテルのように利用者に貸し出すことが出来る。ホテルとの違いは、朝晩の飯が付かない事位だ。 当然キッチンには料理道具が揃ってるし、街で食料品を購入出来るので皆でワイワイ行きたいときには大変便利なのだ。

リゾートマンション販売・賃貸のホームページを見ていると(こことかこことか)、保有するマンションのスペースを日割りで貸し出す事は出来ない。一方で、周辺のホテルはハイシーズンになると常に部屋が埋まる。 ということは、海外のリゾート・貸しコンドミニアムのようなサービスは需要があると思うのだが。

投稿者 cazper : 23:59 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2006年7月 9日

panda01.gif 室内スキーしてきた♪

[曇後小雨]
昨日の深夜テレビを見ていたら、あるアイデアが浮かんだのでネットで色々と調べる。インテリア品に機能性を持たせるアイデアで、結構良い商品になる気がしてならない。どのような形で纏めると皆様に受け入れられるのかで悩む。そうこうしていたら朝になり、ドイツVSポルトガルを見ながら寝てしまった(ーー;) 2点入ったところまでは何とか意識はあったのだが…

起きた後は、とある物のセッティングを油まみれになりながら行う…(~_~) しかも、しばらく使っていなかったので埃とくもの巣を被りまくってるし…。その後、↓を終わりの方まで読む。
ユダヤ人大富豪の教え(2)
毎度の事だけど、当たり前の事が書いてあるのだ。例えば「お金の流れがないところでは、どんな商売をやっても成功することはできないものだよ(p.135)」とか…

午後はスキーをするために津田山駅にあるSNOVA(スノーヴァ)に向かう。夏なのにスキーって個人的には違和感ありまくり。ちなみに、スキーをしに行くとはいえ…遊びじゃないのょ。目的は、輸入商品の使用調査(笑笑 ←本当だよ!

室内スキー場は初めてだったのだけど、最初の感触は「狭っ」という感じ。でも、パーク等で遊んだり練習したりしたい人にとっては十分なのかもしれない。何せパークならば距離で遊びたいという事は無いからなぁ。経営の観点から言えば、室内を狭く作っても集客力のある施設を作れれば効率良く儲かるしね。そういう意味では、何故室内スキー場のザウスが閉鎖されたのかが分かるなぁ。

休日という事もあり、人の入りは結構良いんじゃないかな。それにしても、ボーダーのワンメイクには感動しちゃうわぁ。

スキーしてる人は数名しか居なかったよ。
とりあえずリスみたいに止まることなく滑りたかったのだけど…エッジが無い板だったので角が斜面に噛まずにコケまくった…痛すぎるぅ(T__T) (というか、この板だと10度くらいの斜面でもきつい…(謎) そして、帰ろうかどうしようか迷って滑っていたら…ボルトとナットが無くなってしまい続行不可能になった(ーー;)。

というわけで、18時頃には離脱し帰宅。

投稿者 cazper : 23:59 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2006年1月 9日

panda01.gif スキー2日目(@苗場)

[晴れ@苗場]
昨日までの大雪状態とはうって変わって晴れたぁ。

ただ、昨日までの疲れが溜まっていたらしく、滑り始めは9時半頃だったかなぁ。

初心者用の第6高速ゲレンデとホテル前ゲレンデを滑って肩慣らしをした。昨日の夜にボーダーによってボッコリえぐれていたスノーパークの穴が埋まっていたのには驚く。大雪凄すぎ。

直ぐに昨日までコースが閉鎖になっていて新雪でフカフカの上級者用の男子リーゼンスラロームバーンへ移動。膝上まで埋まりながら滑り降りる。雪がちょっと重いのが難点だけど楽しすぎ。
Much Snow on Naeba Resort
もう一回やりにいった時にアクシデントが起きる。とり~が転倒した際に片方のミドルスキーが深雪に埋まって無くなる。スピードが速いので深々と刺さってしまったみたい。(画像上だと左寄りの中腹部)

私とあややは再び上から滑り降りてきて一緒に探す…。1時間程探しても出てこない。あややが小休憩して諦めの言葉と共に突き刺した一刺しが幸運にも雪に埋もれた板にヒットする。まさにミラクル。
ロシニョールスキー '05-'06SCRATH FREE ZB FLASHWith AXIUM 100 FLASHロシニョール SCRATCH FREE ZB FLASH

その後、プリンス第1ゴンドラで頂上駅に行き、上級者コース・中級車コースの大斜面・チャレンジコースを何度か滑る。程よい傾斜でこぶ斜面なので楽しすぎ。やる毎にこぶが深くなっていったわけだけど。
Naeba Ski Resort

休憩せずにやっていたので、疲れたよ。午後3時前には切り上げたのだけどヘトヘト。普通の斜面も滑りたく無い位だった。

今日は、以前からスキーの師匠に注意されていた右回り時の不具合を直そうと心がけた。何せ、こぶ斜面で失敗するときは必ず右回り時だしね…。どうやら、右回り時に体勢が起き上がっちゃってる事が原因だと感覚で掴めた。でも、身体に体重移動を教え込んでいる段階で帰宅の時間を迎えちゃった~(ToT)

その後、宿に戻ると、宿の女将さん?の4歳のかわいい娘さんに色々と言われる中、帰り支度。私に「落ちたから、毛布を畳んで~」と何度も命令するとは…末恐ろしき子だねぇ。それにしても、「もう帰らなきゃ」と言って、「なんで??」と質問されるとまともな答えができないよなぁ。

帰宅後、WBSで着物の特集をやっていた。どうやら、プレタ着物という既製品の着物が流行ってきているらしい。でも、こういう着物が出来るのも株式会社ミマキエンジニアリングのような布用インクジェットプリンターメーカーのお陰なんだよね~。
A05101140クリーム色にカラフルな丸菊「街角」東レ・シルジェリー袷のプレタ着物プレタ着物

あと、トレたまでは「コンベヤ駆動用モーターローラ」を製造している伊東電機が映っていた。高負荷がかかると減速機を傷める事なくローラを停止する機構になっているのがオリジナリティとの事。どういう原理なんだろぅ…遊星歯車が入っているのは見えたけど…。遠心力を利用して、歯車の噛み具合を調整してるんだろうか・・・はたまた、バネを利用して調整しているのだろうか…。入手して分解したいなぁ(笑

投稿者 cazper : 23:59 | コメント (4) | トラックバック | b_entry.gif
     

2006年1月 8日

panda01.gif スキー1日目(@苗場)

[大雪@苗場]
明け方5時半頃風呂に入る。その後二度寝。起きたは良いものの、外は大雪のため滑る気にならない。結局11時頃から滑った。

↓は道の様子。殆どの車は埋まっていて抜け出すのに苦労していた。
Much Snow @ Naeba Ski Resort

強風と大雪のためゴンドラは全く動かず…リフトも短めのリフトしか動いてない始末…。そのため、一部のリフトに人が集まり、一時のバブル時代のスキーブーム状態。

1日中、"ホテル前ゲレンデ"か"なんちゃってスノーパーク"を滑っていた。このコースは初心者コースなんだけど、リフト降りて直ぐの場所がこぶになっていてこぶの練習ができるのだ。しかし、とりぃ~は上手い。

スキースクールのために昼間開放されていなかったポールバーンが開いたので、行ってみると殆ど人が滑っていなかったので、お尻の辺りまで埋まりながら滑る事が出来た。ゲレンデの途中で誰も滑ってない場所にダイビングをして楽しんだ。
Snow Diving @ Naeba Ski Resort

遅めの昼食はマクドナルド…。久々のマクドナルドだ。スキー場プレミアムが付いていて、バリューセットは660円以上。値段が高いのは許せるとして、ホットティーを頼んだときにティーパックは渡されずに、お湯だけ入れられたのには驚いた。これは私だけでは無かった…。幾らバイトの人が新人で且つ繁忙時間だとしても最低限度のサービスは出来るように訓練しておくべきでしょ。

ナイター時間が一番空いていて良かったなぁ。大雪の上に人が少ないのでフカフカ状態が結構持続していた。終了時刻21時一杯滑って、ホテル内のコンビニで適当に食料を調達して22時頃宿に戻る。寝たのは1時過ぎ。

投稿者 cazper : 23:59 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年1月17日

panda01.gif リダさん送別会

[吹雪@苗場、晴れ@東京]
今日は、朝からショートスキー。昼過ぎで帰る予定だったから片付け簡単なショートスキー\(^o^)/。

昼過ぎで切り上げて歩いてホテルまで戻り近くの定食屋でマグロ丼食べて、市バス(640円)で越後湯沢駅に移動。その後新幹線で大宮、JRで川越と経由して、東武線で鶴ヶ島駅へ。湯沢から東京行くと丁度高崎に入るところで雪がなくなるんだねぇ。不思議。高崎を囲む山には雪雲があるのに・・・。

飲み会まで時間が会ったので近くのツタヤで立ち読み。そこで、「東横インの経営術」「「「人を動かす人」になれ!」をパラパラ読む。良い本だぁ。

飲み会は、旧青木研の方々(助教授、助手、次期講師、独法の研究所研究員、ポスドク)でした。インドネシア(アチェ)出身のリダさんの送別会。教職員の方々は大変な思いをしながら生きてるなぁと感じる。どうやら、若手に厳しい制度になってきていて、今の教授の方々には甘い制度らしい。なんとも日本らしいですね。既得権益者は自分の身だけは安全に考えるからなぁ。

で、若手研究者3名の方と池袋で再度飲む。時々アカデミックな話を聞き、時々教職の大変さを聞く。楽しい時間でした。

投稿者 cazper : 18:17 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年1月16日

panda01.gif 今日も夢中でスキー

[吹雪@苗場]
今日も朝からスキー(長板)。朝雪が深いので非圧雪急斜面に行くが竜ちゃんにはちょっとつらかったようです。その後、ドラゴンドラ乗り継いで田代スキー場方面へ。こちらの方が雪が軽かった。

何本か滑って昼飯食べてドラゴンドラで戻る。4時頃まで滑る。って、新潟スキー連盟軍団が練習しにきてたよ。まじ、ウマスギ...。凄いスピードで小回り決めていくし...。

夕飯後は、また赤貝ゲレンデへ向かいショートスキー。ショートスキーだと細かくターンできていいねぇ。バックで上手に滑ってる人を見つける・・・真似したけど出来なかった(T_T)。彼らバックで滑ってるとき、所謂普通に滑る状態での後傾状態で滑ってたんだけど・・・それでいいのかなぁ。

投稿者 cazper : 18:18 | コメント (2) | トラックバック | b_entry.gif
     

2005年1月15日

panda01.gif 磨くぞスキー@苗場スキー場

[吹雪@苗場]
朝からスキー。強風のため山頂にいくリフトは動いてない。スキー履いた瞬間にコケタ...しかも2度も...。その後もインエッジに乗り上げてこけまくる(T_T)。その後、ようやく慣れてきた。

もってきたパンを食べて昼飯抜きでやる。4時頃あがり、夕飯後竜ちゃんを残して赤貝ゲレンデへ歩いて向かいナイターやる。ナイターは、ショートスキーをやる。もちろん、1回目は足がプルプル震える。その後数回は足が慣れてないので足が疲れる。最期の方は、バランスも取れて楽しくカービングを楽しむ\(^o^)/。

いやー、ショートスキーって楽しすぎ。ガニマタ(オープン)で滑ろうとしたけど無理でした(T_T)。今日は22時にナイター終了だった。

投稿者 cazper : 18:12 | コメント (0) | トラックバック | b_entry.gif