Cazperのつれづれ日記: 流通力で価値が決まる仮想通貨が生き残るんじゃないかな?

« Nexoの仮想通貨の応募倍率が凄いことに | メイン | Wordpressで公開済み記事を日時指定で更新する »

2018年3月23日

panda01.gif 流通力で価値が決まる仮想通貨が生き残るんじゃないかな?

昨年末の熱狂が冷め、仮想通貨の相場は寒風が吹いているわけですが、それでも更なる上昇相場が来ることを予想・期待している人は少なからずいるようです。また、ICO市場は相変わらず盛況で、日々ICOされて来ており色々なプロジェクトにお金が吸い込まれていく状況が続いているようです。

ICOの数々を見ていると、プラットフォームを別で作っておいて「BTCやBCHじゃ駄目なんですか?」的なトークンやらコインやらが少なからず見受けられます。もちろん、スマートコントラクトの改ざん不能な面を利用してプラットフォームを作っているトークンやらもあるにはあるのですが、現状のプラットフォームを見ている限りは、ユーザーが魅力的に使いたくなる仕組みが説かれているプロジェクトが少ない気がするのですね。

そもそも、ICOされてきているプラットフォームは、そのプラットフォーム依存のトークンを買わないと利用できなかったりして、法定通貨→BTCやらETH→トークン というまどろっこしい作業をしなければならず、全くユーザフレンドリじゃないと思うのです。

例えば、MetaMask。トークンを貰うのにMetaMaskを導入しなきゃいけない時点で、そのプラットフォームを利用させる事に高い障壁が出来てしまっている気がするんですね。

もしかしたら、私が理解できていないだけなのかもしれませんが。

もちろん、KuCoin等のように持っているだけで配当を貰えるので、DCFの概念が働き、価値算定が出来るトークンというのもあるとは思うのですが、それはそれでリターンがどれ位になるかで価格形成されてしまうので、トークンの発行母体の業績を見なければならないと思うわけです。ところが、この業績のディスクロージャ自身は法律で定まっているわけでもないので、幾らでも嘘を付けるし、嘘をついても罰則はないです。更に、発行母体依存のトークンは、発行母体が営業停止した時点で無価値になってしまいます。

となると、流通力で価値の付くコインの方が魅力的なんじゃないかと思う次第なわけです。ただし、矛盾しているのは流通力で価値の付くコインというのは、DCFで評価が出来ないので、見方によっては本来価値は0であると見なされてしまう事だと思うのですね。

BTCが現在マーケット・シェアを取り戻しているのは、無価値なICOで発行されたコインがシバかれ始めたからなのかなとも思っている次第です。ICOの今後の状況がどうなるのかは分からないのですが、ICOマーケットが下火になり始めると流通量が減ってしまうETHは連鎖で下がるような気がするし、その一方で、BTC、BCHやXRPは相対的に流通量が増えるので価格は上がる気もするのですね。もっとも、仮想通貨の流通に対して規制が強化されていけば今後も下火になっていくのでしょうね。

投稿者 cazper : 2018年3月23日 12:38 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/3564

コメント