Cazperのつれづれ日記: 大韓航空・国際線の2歳未満の幼児運賃の値段は購入時で変動無し

« ANA国際線の2歳未満の幼児運賃の値段は購入時で変動する | メイン | こびり付かないフライパン »

2017年3月23日

panda01.gif 大韓航空・国際線の2歳未満の幼児運賃の値段は購入時で変動無し

JAL国際線の幼児運賃のルールを確認した序でにANAでも料金設定を問い合わせてみたのですが、どうやらJALとANAは同じ規定のようです。他の航空会社ではどうなのでしょうか?

ということで、大韓航空(Korean Airline)に聞いてみました。

前のブログでも書いたのですが、2歳未満の幼児(赤ちゃん)の国際線の航空券を購入しようとWEBで確認すると、どの航空会社でも大人運賃の10%と書かれています。この価格設定は大人が幼児を抱えて、幼児が独自の座席に座らない際の価格です。

大抵の場合、同伴する大人の人がチケットを購入した際に幼児のチケットまで購入するので、購入時の大人運賃の10%で幼児のチケット代を請求されるので疑問が起きる人は居ません。

しかし、私の場合では、大人チケットは搭乗日より21日以前に購入しており、搭乗日が近くなってから幼児のチケットを購入する事が多かったりします。昨年はANAに乗り、最近までは東方航空に多く乗っており、東方航空では比較的直近になって幼児用チケットだけを購入しても値段が高くなかった事もあり、JALで今回初めて幼児用チケットだけを購入したら値段が結構高かったので、この疑問が湧きました。

そこで、JALで問い合わせた序でに、ANAや国外のナショナルフラッグにもメールでも問い合わせてみました。大韓航空からの返事を以下に掲載しておきます。

「大人の方のみ事前に航空券を購入されている場合ですが、座席を利用されないお子様の航空券の運賃は空席状況の変動による影響はございません。基本的には、大人の方と同時に購入されても、後日購入されても同じ運賃でのご案内となります。ただし、運賃改定があった場合や事前購入の条件がある運賃タイプの航空券につきましては、ご案内できる運賃が変わってくる可能性がございます。

大韓航空の公式ホームページやサービスセンターからご予約いただいている場合、座席を利用されないお子様の航空券の払い戻し手数料は無料となっております。大人の方と同時に購入しておかれて、やはりお子様は出発されないことになったという場合でも、手数料なしで払い戻し可能ですのでご参考いただければと存じます。」(2017年3月23日現在)

つまり、大人の航空券を先に購入し、日時が経ってから幼児の航空券を購入しようとすると、基本的には購入時の大人のチケットの10%が適用されるようです。

例えば、21日前の購入までに適用される早割21で大人の航空券を購入し、その後、搭乗の1週間前になって幼児の航空券を追加で購入しても、既に購入している運賃に対して幼児料金が発生するので後で購入しても大丈夫なようです。

したがって、極端な事を言えば搭乗日に幼児のチケットを買っても航空会社が幼児チケットを販売してくれさえすれば、値段は既に購入している大人の航空券の10%で買えるということです。

(東方航空も大韓航空と同じシステムなのかもしれません。)

P.S.1
LCCの赤ちゃん料金(幼児料金)は、ここが良くまとまっています。

P.S.2
個人的には大韓航空が値段が変わらない根拠としている「座席を利用しない場合には空席状況の影響を受けない」という部分が合理的であると考えます。

投稿者 cazper : 2017年3月23日 18:39 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/3554

コメント