Cazperのつれづれ日記: ANA国際線の2歳未満の幼児運賃の値段は購入時で変動する

« JAL国際線の2歳未満の幼児運賃の値段は購入時で変動する | メイン | 大韓航空・国際線の2歳未満の幼児運賃の値段は購入時で変動無し »

2017年3月23日

panda01.gif ANA国際線の2歳未満の幼児運賃の値段は購入時で変動する

JAL国際線の幼児運賃のルールを確認した序でにANAでも料金設定の問い合わせをしたのですが、どうやらJALとANAは同じ規定のようです。他の航空会社ではどうなのでしょうか?

前のブログでも書いたのですが、2歳未満の幼児(赤ちゃん)の国際線の航空券を購入しようとWEBで確認すると、どの航空会社でも大人運賃の10%と書かれています。この価格設定は大人が幼児を抱えて、幼児が独自の座席に座らない際の価格です。

大抵の場合、同伴する大人の人がチケットを購入した際に幼児のチケットまで購入するので、購入時の大人運賃の10%で幼児のチケット代を請求されるので疑問が起きる人は居ません。

しかし、私の場合では、大人チケットは搭乗日より21日以前に購入しており、搭乗日が近くなってから幼児のチケットを購入する事が多かったりします。昨年はANAに乗り、最近までは東方航空に多く乗っており、東方航空では比較的直近になって幼児用チケットだけを購入しても値段が高くなかった事もあり、JALで今回初めて幼児用チケットだけを購入したら値段が結構高かったので、この疑問が湧きました。

そこで、JALで問い合わせた序でに、ANAにもメールでも問い合わせていたので、そのままの返事を以下に掲載しておきます。

「2歳以下の国際線の幼児運賃が大人様の航空券の購入日の関係があります。例えば、大人様がお先に早割42の航空券を購入済みで、出発に近い日に、ご幼児様の航空券を購入すると、お値段が高くなります。(早割42の購入期限が満たしていないからです)また、WEB上では、単になる2歳以下のご幼児様の発券ができかねますので、必ず大人様と一緒にご購入ください。そういう場合、ご幼児運賃が大人様予約済み運賃の10%になります。」(2017年3月23日現在)

つまり、大人の航空券を先に購入し、日時が経ってから幼児の航空券を購入しようとすると、その大人の航空券の割引設定が終了している場合は、幼児の航空券を購入した日に購入可能な大人の航空券の運賃の10%が適用されるようです。

例えば、21日前の購入までに適用される早割21で大人の航空券を購入し、その後、搭乗の1週間前になって幼児の航空券を追加で購入しようとすると、早割21の値段の10%は適用されず、1週間前に購入可能な早割7の大人運賃の10%が幼児運賃に適用されるということです。当然ですが、早割21と早割7での旅程変更可否等の条件は違ってくるので、大人の航空券と幼児の航空券で旅行条件も一致しなくなるようです。ただし、直近で購入したチケットの方が値段が高い分だけ旅行条件は基本的には緩くなるので、大人の旅程が変更した場合でも幼児の航空券を変更するのに問題が起きることは少ないとは思います。

もし、搭乗日に幼児チケットも購入する事になるとすると、JALやANAの場合では、搭乗日に売り出される大人の航空券の当日発売分の最安値の10%で購入しなければならないので、凄く高い値段で買わなければならない事になります。

他の航空会社でも同じなのか疑問が湧いてきたので、少し調べてみますかね。(東方航空の値段設定がそもそも直近になっても高くないので、今まで結構直近で買っても高いと思わなかったのかもしれません)

P.S.
日本でも乗れるLCCの1つである春秋航空の幼児運賃は成田発着国際線の場合、1区間3000円と明記されておりますので購入時期に依る値段変動は無さそうです。

P.S.2
LCCの赤ちゃん料金(幼児料金)は、ここが良くまとまっています。

投稿者 cazper : 2017年3月23日 12:40 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/3553

コメント