Cazperのつれづれ日記: MSCBも時間軸を考えれば正当化されるかも(笑

« 後日書いたけど…覚えてない日記 | メイン | 価値提供とは!? 教育とは? 食育とは? »

2005年9月13日

panda01.gif MSCBも時間軸を考えれば正当化されるかも(笑

GMOがMPO(MSCB)をちょっと前に発表しているわけですが・・・

またMSCBで資金調達か! という雰囲気があるんですね。

色々な意見があるので何が正しいのかという論議は置いておきます・・・

ただ、どういうスキームならMSCBが真の意味で正当化されるのかを考えてみたいと思います。


まず、なぜMSCBが問題なのかです。

端的に言えば「MSCBを引き受けた人が(ほぼ)確実に儲けられる仕組みになっている」からです。

例えばGMOにしろ来年の4月7日までは転換価格が3000円に固定している事を強調していますが、その日を越えたら引き受けた側は株価の92%の価格で転換できるわけです。つまり、確実に8%は利益を確定できます。
(実際MSCBを悪用する引受人は空売りのスキームも併用してきますが)


1年経てば8%の利益確定が"確実"に出来る金融商品は殆ど有りません。ここに問題があるわけです。


ここで質問ですが、
1年後経てば1%の利益確定が"確実"に出来るMSCBだったら貴方は買いますか?

国債の利率が1%に満たない状況下であればMSCBを買う人が出てきても不思議ではないですよね。

つまり、国債の利率やインフレ率と 企業体の信用格付けとMSCBのディスカウント率がバランスすれば問題は無い可能性があるわけです。

そもそもディスカウント率云々ではなくとも、MSCBは昔の転換社債の性質を持っています。昔の転換社債は、利率が低い代りに、株価が転換価格以上になったら株式に転換する事ができました。

つまり、昔は「社債を株式に転換する権利がついている」という長所と引き換えに社債の利率を抑えていたのです。

MSCBは昔の転換社債よりも引受人に更なる利益を提供しているわけです。


というわけで、企業体の信用度を考慮に入れて5年間は一定価格以下での転換は不可でそれ以降は株価の92%で転換できると言った類のMSCBならば、市場を裏切っていると思う人は少ないと思うんだよなぁ。


あぁ、思いついたまま書いて、ちょっとまとまってないので、また後で改変します。

投稿者 cazper : 2005年9月13日 06:01 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/578

コメント