Cazperのつれづれ日記: ブラックマンデーと日経平均のチャートが類似?

« BLS[OBOG]会のミーティング | メイン | New Year Card書き »

2005年12月31日

panda01.gif ブラックマンデーと日経平均のチャートが類似?

私はあんまりチャートというものを重要視していないのだけれども、年の終わりという事もあるのでチャートに関する話を取り上げてみたいと思います。

以下は、友人T氏が私のメッセンジャーに残したログを元に書いています。

まず↓の図を見て下さい。おそらく1971年の日経平均のチャートをあらわしています。8月中旬に大幅な下落を起こしています。
tokyo1971-01c(Nixon Shock)参考

次に、↓の今年の年末までの日経平均のチャートを見てください。
Nikkei225参考

もし、T氏が言うような事態が起きるとするならば、日経平均は1度12000円代に落ちることもあり得るでしょう。そして、落ちる時期は…2006年の1月末。ちなみに、過去のバブル崩壊も1月末が始まりだったとの事。

T氏の言っている事は起きるのでしょうかねぇ?? 信じるも信じないも八卦。(私は○○○○○○者なので、下落相場でしか積極的には動きませんが…。)

投稿者 cazper : 2005年12月31日 12:00 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/752

コメント

上の暴落のチャートは日経じゃなくてNYダウです。

前回のブラックマンデーではNYが一日で22.%下落した影響で
日経も株価が3836.48円(14.9%)下がる大暴落を起こしましたが、
翌日に2037.32円(13.24%)上昇とあっさり回復し、
この株価の変動でたくさんの人がおいしい思いをしたために、
バブル相場が到来しました。
本格的なバブル入りをさせるには一度は大暴落させる必要があるのかもしれません。
なお、ブラックマンデーの引き金を引いたのは、
ファンドの、「一定割合下げたときに自動的に売り注文を出すシステム」と空売りが原因だと
言われていますが、
日本の場合は、ジェイコムで見せつけられたファンドの架空売りと、ネット売買と、逆指値が
引き金になるのではないかと見ています。
円高に振れようものなら日経暴落の引き金になりかねません。
今は、ちなみにGSがソフトバンクをひたすら買いあがって
日経平均を吊り上げたことでバブル相場を演出していますが、
大納会の1週間前から、GSを含む外資が売りまくっています。
日経は暴落、12月に変態的なあげ方をしていたJAQもつられて暴落、
1月は上げ相場で完全に放置されていたヘラクレスなどの
ごく一部銘柄に資金が集中すると見ています。

チャート(テクニカル)はバブル相場では重要ですよ。
日本はファンダメンタルで買われほど成熟した市場ではないですし、
市場のほとんどのプレイヤーはテクニカルばかりなので、
危ないチャートだと崩れ始めると狼狽売りが加速してすぐに大暴落します。
ちなみにITバブル崩壊のときも今の日経と同じチャートだったりします。
ブラックマンデーのころに比べて、
値幅制限などさまざまな安全装置があるので、
一日に20%暴落する確立は低いですが、危険な状態であるのは確かです。

投稿者 T氏 : 2006年1月 2日 00:37