Cazperのつれづれ日記: 良いものを程よい値段で

« ホリエモン逮捕 | メイン | 旅行したぃ »

2006年1月24日

panda01.gif 良いものを程よい値段で

「安物買いの銭失い」と言いますが、この諺は意味は、安い品物は品質も悪い事が多く、結果的に無駄銭を払う事です。

逆に、「高いもの買いの銭失い」というのもあると思います。高い品物は確かに品質も良い事が多いのですが、「高い品物=良い品」であるとは限らないし、高い分だけ間違えた時の損失は大きくなります。

それでは、どうすれば良いのでしょうか。

世界一の投資家のウォーレンバフェットは「悪い企業の株を安く買うよりも、良い企業の株を程よい値段で買う方がいい」と言っています。

つまり、良い品をそこそこの値段で買えば良いという事です。そんな事言っても、沢山の品の中から良い品を見分けるにはどうしたらよいのか・・・それは、見分ける知識をつけること。つまり、日々の学習(勉強・体験)しか無いと思います。

「ハイリスク・ハイリターン」「ローリスク・ローリターン」とは良くできた言葉ですが、何気に一番の(ハイ)リスクは無知である事だろうなぁと感じる次第です。

(と言いながら、日々の勉強不足を反省する私だったりするぉ(笑 )

投稿者 cazper : 2006年1月24日 06:02 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/795

コメント