Cazperのつれづれ日記: 不足している所に潤いを与える人こそ社会人

« ボーランドはIDEを何処に売却するんだろ | メイン | 会社同期で飲み会を開催 »

2006年2月17日

panda01.gif 不足している所に潤いを与える人こそ社会人

社会活動って何かなぁと考えると、「不足している所に潤いを与える」行為を行っていくことなんだろうなぁと思います。

ニーズに対してサービス・物を提供するのが企業活動(特に営業活動)
(需要があっても供給の無いところに、供給する)

サービス・物を作る手段を提供するのが技術開発
(作る技術の無いところに、技術を提供する)

価値に対して価格が低い所にお金を流す行為が投資活動
(評価の無いところに評価を与える)

貧困地域に物資を送るのが救援活動
(食料や衣類の無い地域に衣食を提供する)

等々…

世間では、働く人を「社会人」と呼びます。それは、企業を通じて「不足している所に潤いを与える」行為をしているからです。しかしこれでは、社会人という大きな枠組みの中の企業人という一つのポジションをとっているに過ぎません。

本当の社会人とは、「社会全体を見渡して不足している所を常に見つけようと心がけ、そこに対して潤いを与えるポジションをとれる人」の事を言うのではないでしょうか?

投稿者 cazper : 2006年2月17日 07:07 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/840

コメント