Cazperのつれづれ日記: "自分の殻"は意外と厚い

« スキー2日目@白馬五竜 | メイン | 完全無指向性音響システムの提案 »

2006年2月27日

panda01.gif "自分の殻"は意外と厚い

多くの人は、自分が身に付けたスキルの適用範囲を限定し、違う分野で応用していこうとは思っていません。また、あるスキルや物の見方を一度学ぶと、その観点からしか物事を考えられなくなりがちです。

例えば、会社で経理や会計に強い人が居るとします。他の部門の人から見れば、「経理・会計の人=自分のお金のやりくりに強い人」となります。しかし、経理や会計の人だからといって自分のお金のやりくりに強いわけでは無いんですね。あくまでも、会社の経理・会計をこなすスキルがあるだけなのです。(本当は、そのスキルが自分の生活にも応用できるのにも関わらず…。)

一方、技術屋が「最近は仕事があり過ぎて忙しいから、会社も順調」と言ったとします。だからといって、そのビジネスが優秀かどうかは別物です。何故ならば、大抵の技術屋はビジネスを見る目を持っていないからです。技術屋はあくまでも自分の忙しさを基準として会社の順調度を測っているに過ぎないからです。(本当は、競争が激しくなって薄利多売のビジネスになってしまっているのかもしれないのに…)

そういうわけでして、誰かが何らかの発言をしている時には、その人が「どういう観点から物事を捉えているのか」「どの観点から発言をしているのか」を注意深く観察する必要があると思います。


P.S.
人間って面白くて、ある観点に凝り固まると、論理的にオカシイい事が判明しようが、自分が納得出来ない限り、別の観点を持とうとしないんですよね。不思議だなぁ~

投稿者 cazper : 2006年2月27日 06:28 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/857

コメント