Cazperのつれづれ日記: 売りが売りを加速し、買いが買いを加速する

« OpenPNE(SNS)の立ち上げに成功♪ | メイン | トライクといえば…自動車?二輪車?それとも自転車? »

2006年5月24日

panda01.gif 売りが売りを加速し、買いが買いを加速する

株式のオンライントレードが出来て以来、kabu.com証券が先駆けとなる形で逆指値が日本で広がりました。

逆指値自体は、いろんな場面で利用されるのですが…その中の一つの目的として、ストップロス(損切り)に利用されます。

損切りとは、購入した株の株価が思った以上に下落した際に、指定の株価以下になってしまったら自動的に株を売って損失を広げないようにする方法です。(参考:ここ)

下落相場において、含み損が小さな段階において株式をそのまま保有し続けると、株価がますます下がってしまい、結果として大きな損を出してしまうので…損切りが必要であるという主張は、"ある側面"では納得がいきます。

しかし、皆が損切りを防ぐために「逆指値」を利用したらどうなるでしょうか?

それは、売りが売りを呼ぶ状況に陥ります。

大口の投機家なら次のような戦略を立てるでしょう…。まず、大きく株価を下げるための(空)売りを仕掛けます。すると、値段がある一定以上下がった段階で、小口投資家の「逆指値」が作動して損切りのための売りが膨らみます。逆指値による売りが一巡すれば、株価の下落傾向が収まるので、その時点で買い戻しを仕掛けます。

何が起きているのかというと…逆指値をして生じた小口投資家の損失分(の富)が、大口の投資家の利益(=富)に移転したわけです。

大口の投機家というのは、このようにして短期的な利益を築いていきます。 これこそが、株式市場は機関投資家のように大きな資本をもっている人が勝ち続け、個人投資家には不利だといわれる理由の一つでもあります。


P.S.
そうならないためにも、株価だけに踊らされずに、会社価値を考えた上で株式を購入していくようにしないといけないんだと思います。(価格と価値の話は、株式だけの話では無いですがね…)

投稿者 cazper : 2006年5月24日 07:29 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/996

コメント

個人のストップオーダーの設定値が証券会社のディーラーに漏れているのでは?という噂もありますからねぇ・・・。まあ、もっともそんなものプロからすれば見るまでもなくバレバレだ、という話もありますが(笑

個人投資家は、ガラス張りの部屋の中で丸裸でトレードさせられているようなものと思った方が良いんでしょうね。

投稿者 Uジロー : 2006年5月25日 16:22

>Uジローさん
顧客の情報を握っている、証券会社は自己売買部門もっちゃいけないですよね。

短期トレードでは、売買数の変化の情報を短時間に収集できるかがポイントになってきますし。そうなると、個人では厳しいですよね。

投稿者 Cazper : 2006年5月26日 01:38