Cazperのつれづれ日記: ファンドオブファンズの怪

« 機械と制御の歴史的な関係 | メイン | 蜂起(コストワールドからスループットワールドへ) »

2006年11月 2日

panda01.gif ファンドオブファンズの怪

投資信託を個人が買うときの動機って何ですかね?

●個人で運用するには、素人だからプロに運用してもらいたい
●小額なので個人では分散投資できないから、信託する事で分散投資をしたい

他にも理由は沢山あると思うのですが、これくらいだと思います。簡単に言えば、個人では手におえないから投資信託を利用しているわけです。

さて、昨日のニュースでは「投資信託で運用する投資信託」の残高が10兆円を越えたと報道されていました。

個人であれば、自分で手におえないから個別の銘柄や不動産を購入するよりも投資信託を購入するのは分かるんです。しかし、投資信託の運営者が投資信託を買う動機は良く分かりません。

投資信託の運営者も自分自身で運用するのが手におえないから投資信託を買っているのでしょうか??

こんな世の中なら、ファンド・オブ・ファンズ・オブ・ファンズとかファンド・オブ・ファンズ・オブ・ファンズ・オブ・ファンズとかもありなんですかね??(藁

投信で運用する投信、残高10兆円を突破

 投資信託のうち、投信で運用するファンド・オブ・ファンズ(FOF)の残高が9月末、10兆円を突破した。株式や債券など多様な資産で運用する投信を運用対象とすることで、価格変動リスクを抑えたことが、安定した運用を希望する中高年の運用ニーズをとらえている。公募株式投信の残高が過去最高を更新するなか、新型投信が個人マネーの「貯蓄から投資」の流れを後押ししている。

 投資信託協会によると、9月末のFOFの純資産残高は10兆1400億円に達した。投信ブームを背景に残高はこの1年で2.1倍に増加。商品の本数も254本と同27%増加した。 (2006/11/01 NIKKEI)

P.S.
ちなみに、自己責任の時代に安易に投資信託を利用するという風潮も嫌いだったりします。

投稿者 cazper : 2006年11月 2日 07:29 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1216

コメント

子ファンドの側は大口の安定した資金が得られて運用に専念でき、親ファンドの側は営業等、運用以外の業務に特化することで低コストで回せる、という分業化のメリットはあるのかもしれませんね。

投稿者 Uジロー : 2006年11月 2日 14:59

>Uジローさん
確かに分業化はあるんでしょうね。

これによって販売手数料・年間委託手数料が安くなれば顧客にとっては喜ばしいことですが・・・

投稿者 Cazper : 2006年11月 4日 16:35