Cazperのつれづれ日記: バンクーバー留学106日目 車の修理に追われる

« バンクーバー留学105日目 個人の国際便は20ドル以下で申請が必要 | メイン | 東工大の入学式 »

2003年7月14日

panda01.gif バンクーバー留学106日目 車の修理に追われる

[7/15(火曜日)晴れ]

大学に行く途中で、MSP(医療保険)の払い込みを銀行でする。小切手を送付しなければいけないと掲示板やらアラン一家から言われていたが、その必要性が無かった。

大学に着くと、誰も居ない(:_;)。12時近くまで誰も来なかった。

昼過ぎに、ASH先生が望遠鏡のサブスコープのような物体を15ドルで買ったとか言って研究室に持ってくる。で、赤色LEDの反射光がマーカになる原理を考えようとか言って研究室に陣取る。うぅーむ、わからん。研究室の皆が考える...。結局午後もそれを考えるのに時間が潰される。

ついでに、ASH先生がドイツビールを1便だけだけど研究室に持ち込んでる。飲んだけど、味が薄い。ASH先生も飲んでたけど、ベジタリアンてお酒飲んでいいんだっけ?まぁ、酒は穀物類なわけだが...。

その後、修理屋に電話を入れる。ブレーキランプが付かない...と言われても...。なんか余計な所が壊れてるのを発見された模様。どうやら、フューズが飛ぶらしく、新しいブレーキランプの配線を引いたらしい。ただ、シフトレバーは元々おかしかったらしく(てか、前はそんなこと無かったのだが...)、シフトロックを強制解除した状態で固定された(:_;)。まぁ、運転には支障がないのだが...。

ちょっと不安なのが、照明付けた時に、バックライトは光ってるのか?...心配だ。

4時頃には大学を離脱。プロダクションハイウェイ駅からスカイトレインでメイン駅へ。うーむ、バーガーキングと向かい合ったところに修理屋があったのか~。

牛乳が無かったので、ブロードウェイ→バウンダリー→Hastings→Safewayと行く。その後、ガソリン補給のためMohawkという安いガソリンスタンドへ行き補給。このガソリンスタンド、セルフという割には、お金入れる所もカード入れる所もネ~じゃん。
訳分らん...。てことで、隣で給油してる人に質問すると、併設されてるコンビニで払うらしい。うぅーむ。

その後帰宅。通ったことの無い道を使うと新しい発見があるね~。いやはや。

帰宅後、アラン一家は外食へ。外食へ行くのは良いが、外出中にビデオ録画するために、テレビを付けっぱなしにしていくのは辞めてくれ...。たぶん、デコーダ→テレビ→ビデオと接続されてるのだろう。最悪である...。親父さんは、10時まで毎日見てる中国風の時代劇を見ているわけだが、その後何時も15分以上してからテレビ見ても良いぞ...て言われても困る...。私が見てるのは10時からなのだ...。最悪である。30分番組を15分以上過ぎてから見ても面白くないのだ...。まぁ、最近の私は、テレビ見るよりも、分厚くつまらない本を読まなくてはいけないので、別に問題は無いのだが...。

投稿者 cazper : 2003年7月14日 23:34 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/3428

コメント