Cazperのつれづれ日記: 仕事には儲かるものと儲からないものがあるのです。

« インラインスケートでCR♪ | メイン | 修士論文発表会の日 »

2005年2月14日

panda01.gif 仕事には儲かるものと儲からないものがあるのです。

仕事を全部ひとくくりで捕らえる人が多いのですが、仕事といっても、「儲かる仕事」と「儲からない仕事」があるという捕らえ方をしてる人は少ないと思います。

儲からない仕事というのは、何も自分がやらなくても他人がやってしまう仕事です。殆どの人は、儲からない仕事をしている自覚がありません。しかし、「お前がいなくても、いくらでも代わりはいるよ」的な存在の方が多いのではないでしょうか?

例えば、最近の旅行代理店や「○の窓口」なんて典型的だと思います。発注システムが優れているため、旅券発行業務は高度な知識を要さなくても良くなっています。そうなると、正社員を雇わなくても、契約社員や派遣社員・アルバイトで業務の大半がまかなえるようになります。これらの業務は必要ではあっても儲からない仕事であるため、給与が低くなってしまいます。

経済的な側面から見ると、「儲からない仕事」は、忙しくなったとしても、「儲かる仕事」には足元にも及ばないわけです。(このような社会が良いかどうかは別として、現状はそうなっているようです)

それならば、稼ぐためには「儲かる仕事」をしていかないといけないわけですが、「儲かる仕事」も時代が変ると「儲からない仕事」になってしまうのが厄介なわけです。しかも、年々スピードを増して世の中が変化する一方で、大人の適応能力は年々衰えていくわけです。

常にアンテナを張って「儲かる仕事」をしていくようにしないと2極化した世界でいつのまにか下位グループに所属してしまうんでしょうね。

投稿者 cazper : 2005年2月14日 11:28 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/65

コメント