Cazperのつれづれ日記: 投資の真髄

« 苦手なのは雷 | メイン | 世を支える人と世を作る人 »

2005年4月27日

panda01.gif 投資の真髄

ウォーレンバフェットの企業に対する着目点は
①その事業は簡明でわかりやすい
②安定した業績を続けている
③長期的な明るい展望がある
とし、その上で、良い企業の株を売らずに持ち続ける事を推奨しています。

一方、大家さんとして有名になってきた沢孝史氏の不動産投資における着目点は
①お金を「一生懸命働かせる」ためにレバレッジを有効に利用できる不動産投資をする
②インカムゲインを投資戦略の大前提とする
③キャピタルゲイン目当ての投資は行わない
④インカムゲインが得られる不動産である限り、その物件は手放さない
⑤インカムゲインが見込めなくなったときのみ売却する。

この両者の言ってることって結構共通点があります。
沢氏はキャピタルゲイン目当ての投資は行わないと言っております。一方、バフェットは、株式のキャピタルゲインは狙って入るものの、一番注目しているのは企業のインカムなわけです。

沢氏は、不動産はインカムゲインが得られる限り手放さないと言っております。一方、バフェットは、保有する企業が安定した業績をあげている限り株を手放さないといっております。

こうしてみると、投資は、不動産だろうが株式だろうが、どこか共通した勝ち組みの原則があるように思えてきますね。

投稿者 cazper : 2005年4月27日 21:54 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/256

このリストは、次のエントリーを参照しています: 投資の真髄:

» 効率的なゲーム:全国コイン投げ大会 from 金融日記
株式投資、その他の投資をはじめた、これからはじめると言う人に僕が一番理解してほしいことは効率的市場仮説です。と、言うのも投資の初心者の一番のリスクは投資で損をす... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年4月30日 14:39

コメント