Cazperのつれづれ日記: 誇りをもつこと

« Fedora Core 3のインストール | メイン | 大学はネタの宝庫 »

2005年5月 2日

panda01.gif 誇りをもつこと

自分に誇りを持てないと,どうも他人と違うことをやる亊を躊躇するし,違う亊をやっている他人を排除したがるんですよね.

ひろゆき氏は「自分に誇りを持てないものは、血や国家に誇りを求める」と述べていますが全くそのとおりだと思います.

自分に誇りを持っていれば,他人がどう思おうが何事もやっていくわけです.しかし,誇りをもたなければ何かにすがりたくなるわけです.

日本人が外国に留学をすると,2タイプに分れると言います.1タイプは外国の文化をありのままに受け止める人,もう1タイプは外国の文化を受けいれられず右寄りな思想になる人.

国とか組織とかにすがる前に,自分とは何か?という事を考えて,自分に誇りを持てるように行動していかなければならないのでしょうね.

投稿者 cazper : 2005年5月 2日 23:03 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/270

このリストは、次のエントリーを参照しています: 誇りをもつこと:

» 愛国心が「制度」化されるということ from まぜたま (かき混ぜた卵)
 「『愛国心』とは、いけないものなのか」というような趣旨の質問を受けたりした。  愛国心を持つだけならば、それはそれで、基本的には勝手だ。  何を愛する... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年5月 3日 00:09

» もてるもの、もたざるもの from プチ整形推進派:元祖しゃちょう日記
「自分に誇りを持てないものは、血や国家に誇りを求める」 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年5月 3日 00:58

コメント