Cazperのつれづれ日記: 売り時よりも、"買う時"が重要

« 退職後の職務発明の報酬規定は? | メイン | 頭が良くて腰の低い人が必要 »

2005年5月25日

panda01.gif 売り時よりも、"買う時"が重要

証券投資をしている人の話を聞いていると、買い時よりも売り時が難しいという声が聞こえて来ます。

しかし、一般的には売り時よりも買う時に神経を使う必要性があります。 ここで、間違えてもらいたくないのは、「売り時よりも買時」では無くて、「売り時よりも買時」という事です。

売る時とは 時間を売る、持ち物を売る、証券を売る時等々です。一方、買う時とは、時間を買う、商品を買う、証券を買う時等々です。

買うと言う行為は殆どが自発的な行動です。したがって、買うという行為によって自分の方向が決定・固定します。この(広義の)買うと言う行為によって、支払う対価よりも幸せが得られたり、財を稼ぐことができるわけです。

(広義の)買うという行為が重要なのに、この重要性を考えない人が多いような気もします。

投稿者 cazper : 2005年5月25日 21:44 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/336

コメント