Cazperのつれづれ日記: 株主資本コストは意外と高い!

« 留学制度だけ作っても無駄 | メイン | デスクトップはリラックマ〜 »

2005年6月22日

panda01.gif 株主資本コストは意外と高い!

村上ファンドが大阪証券取引所の筆答株主になって、株主総会で色々と吠えていたらしいですね。

それに対し、大阪証券取引所の社長さんは「株主だけではなく、様々なステークホルダーも大事にしなければならない」という旨の発言をしています。

でも、今回は村上ファンドの言分が正しいでしょう。というのも、確かに様々なステークホルダーを大事にしなければならないのは分るのですが、それならば何故に大阪証券取引所は上場したのか?という根本的な部分が表面化するからです。

株式というのは、ちまたの銀行利率よりも株主資本利益率が高くないと投資価値がありません。そうです、借金でお金を調達するよりも、株式でお金を調達するのは意外とコスト(資本コスト)が高いのです。

それにもかかわらず、大阪証券取引所は上場をしたのです。上場をしたからには、株主の期待成長率を維持していかなければならないのです。それにもかかわらず、公益と言う言葉を用いて株主の意見を否定し続けています。それならば、上場しなければいいのです。

もし、不意のシステム障害における準備金が必要なのであれば、ある程度の額は銀行からの借入れ枠を作って対応していけば良いのです。それを資本コストの高い株主資本で賄おうとしている事自体が間違っています。

そう考えて行くと、結局、大阪証券取引所が上場したのは、創業者や未公開時に資本注入した株主達が利益確定したかっただけという事になるでしょう。

(この現象は上場をEXITとするベンチャー企業にも当てはまるんですよね。CFが増大する形での成長をしていれば、上場せずに銀行からの少々の借入れで対応できるのですから。)

投稿者 cazper : 2005年6月22日 23:35 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/411

コメント

証取の上場、全く同感です。公益を謳うなら、なぜ上場したのでしょうね。証取以外にも、なんで上場しているのか、全く以て堤さん並みに意味が分からない会社が多すぎますね。そういう人たちに限って、必ず「公益」を口にするのは噴飯ものですね。

投稿者 Uジロー : 2005年6月23日 11:40

今日も友人と話してたのですが、最近のIPOブームと言い、なんというか、創業者とかベンチャーキャピタルとかが短期的に儲けたいために上場を急いでいるとしか思えませんね…。

それなのに、「公益」を謳うのですから、むなしさを感じてしまいます。

投稿者 Cazper : 2005年6月25日 23:41