Cazperのつれづれ日記: 表裏二体

« 寝正月やっちまった(^_^;) | メイン | 大事なのは誰を知っているか »

2006年1月 2日

panda01.gif 表裏二体

yin and yang

表裏一体という言葉がありますが、世の中には表裏一体で動く人と表裏二体で動く人が存在します。

「表裏一体」を広辞苑で調べると、「表と裏がよく一体となること、裏表のべつなく一体をなすこと」となります。つまり、陰と陽、相反する二つのものが一つになることです。

それに対し、表裏二体とは、「表と裏が一体とはなっていないこと」を意味します。

人間誰でも表の顔と裏の顔が存在します。表の顔は普段見かける顔であり、裏の顔は普段見かけない顔になります。もちろん、表の顔も裏の顔も同じ人も存在します。

表の顔と裏の顔はお互いに影響しあっています。

例えば、普段見かける所で仕事がメチャメチャできる人がいるとしたならば、その人は人が見ていない所でメチャメチャ学習(行為)しているわけです。この人は、表を裏が支えるという表裏一体の生活を送っている事になります。

表の顔と裏の顔はお互いに影響しあっていると書きましたが、表の世界と裏の世界の間には別に壁が存在するわけではありません。

それなのに自ら壁を作る人が居ます。例えば、表の世界はストレスを貯める所、裏の世界はストレスを吐き出すところと自分で定義してしまっている人がいます。この人は表と裏に自ら壁を作って表裏二体の生活を送っている事になります。

良い生活を送るには、表の世界の分だけ裏の負担が大きくなる表裏二体の生活を送るのではなく、裏が表を支える表裏一体の生活を送るようにしなければいけないのではないでしょうか。

投稿者 cazper : 2006年1月 2日 01:24 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/755

コメント