Cazperのつれづれ日記: NHKが番組広告(CM)を作るのは無駄では?

« いつ騰がるのかではなく、どれくらい伸びるのか | メイン | 勉強会とスキー場への移動 »

2006年1月 6日

panda01.gif NHKが番組広告(CM)を作るのは無駄では?

[晴れ]体力的に限界きてる
朝6時起き、8時50分出社。とにかく寒いね。

午前中物品の発注を行い、午後は部署を越えた交流会。その後、外部の方のお話があり、新年会という流れ。交流会の存在は良いが、時間の都合もあり、その場でブレストする時間が取れないというのは残念。その後居酒屋で新年会。途中で抜け出す。

新宿に移動し、まさよさん、くみ子さん、さとしさん、Hide君と会う。バンクーバー繋がりの面子である。直接面識が無くても共通の知人がいたりする所が、バンクーバの狭さを物語ってるなぁ。

たらば屋で23時半頃まで飲む。てか、ここは、がつがつ食うタイプのお店じゃなかった(笑 ワーホリでバンクーバに行く人達というのは面白い人が多いなぁ。

自宅に帰ると、↓のCDが届いていて、聞きながら明日からのスキーの準備。
Dear Chocolat SienneアルバムCD [Dear Chocolat Sienne]


そうそう、今日R25 を読んでいたら、4ページ目に「功名が辻」というNHKの大河ドラマが宣伝が載っていた。また、山手線にも中吊り広告が載っていた。

でも、NHKが自身の番組の広告を作る事って何の意味があるんでしょうか?

民法であれば、視聴率を獲得すれば広告収入が増えるので番組広告を作る意義は存在する。しかし、NHKは広告収入に依存しないビジネスモデルなので、視聴率を獲得したところで収入が増えるわけではない。したがって、NHKが自身の番組広告を作る意義が分からない。(莫大な費用を投下して番組を公知させる事が公営的行為とでも言うのでしょうかね???)

NHKがやるべきは、出来るだけ番組広告の費用を抑えて視聴料を安くするか、広告に資金を投下する代わりに公共の番組としての質を高めるために資金を投下する事なのではないか。

NHKが民法各社と同じ行動を取るのならば、NHKの公営番組としての存在意義を改めて問わなければならないと思う


あ、2月7日にラストリゾートが、2月9日にドリコムが新規上場(IPO)するみたい。

一般顧客相手のビジネスは、顧客の評判を見てビジネスの内容を判断する事が出来る。
例えば、前者の企業であればカナダ滞在者が利用する掲示板JPCANADAのようなサイトで"ラストリゾート"というキーワードで検索すると良い。
また、後者の企業であれば、ドリコムBlogを利用する人々の評判を調べると良い。半年位前にメンテナンスのごたごたで評判を落とした時期があったのがわかったりする。私は調べないけど、ドリコムに興味ある人は現在の評判はどうなのかというのをネットで調べてみると良いと思う。


明日は午前中がファイナンス自主勉強会で、午後から苗場に行き9日までスキー三昧の予定。しばしBlog更新も休憩。

投稿者 cazper : 2006年1月 6日 23:55 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/762

コメント

よく公的な団体が自分自身の存在意義を一般に周知するため、プロモーションを行うことがありますが、ああいうのも、その業界・活動を宣伝すること自体が目的のごく一部の団体を除いては全く無駄というか本末転倒ですよね。今の日本においては紅白とか「無駄な」エンターテイメントに力を入れて「文化」を勝手に守ろうとするような国営放送は完全に役割を終えているような気がします。

あげくに昨今の不祥事、受信料騒動なんかを見せられると、北朝鮮の国営テレビこそ今の日本的には正しいNHKのあり方で、今のNHKは北朝鮮のようなところにあって初めてその意義が全うできるのではないか、なんて皮肉を言いたくもなりますねぇ。

投稿者 Uジロー : 2006年1月 7日 16:37

はじめまして。NHKのコマーシャルの件を見て、私の母が言っていたことを思い出しました。
「紅白の出場歌手を民放がニュースとかワイドショーで流したりしているけど、他局のCMをするなんておかしいね。」
その時は国民の関心事なので仕方がないのかなと思っていたのですが、確かに母の言うことは正しいかなと。
他に何か理由があるのでしょうかね?

投稿者 ぴのこ : 2006年1月 9日 04:53

ドリコムなんて糞blog作っているだけの
・売掛金1億3千万
・売り上げ2億
の会社を
・想定発行価格76万
・公募時価総額150億
で上場させるなんてITバブル以来だね。
でも、今の市場はファンダメンタルとか関係なく、
株数が少ないというだけで馬鹿上げするから、
上場したもの勝ちだね。
内藤 裕紀クン(27歳) 【代表取締役社長兼CEO】  11,840株(61.17%)
廣瀬 敏正クン(26歳) 【取締役】             1,344株(6.94%)
井上 陽平クン(23歳) 【取締役兼CTO】         1,184株(6.12%)
安藤 正樹クン(25歳) 【取締役】             1,184株(6.12%)
こういった若造が数十億、数百億というお金を手に入れるわけだ。
こりゃ、バブルも末期だね。
まあ、目先、円高で明日の日経は爆下げ予定。

投稿者 T氏 : 2006年1月 9日 19:31

>Uジローさん
北朝鮮のように、気合の入ったニュース報道をしたら私は見ちゃいそうです(笑

>ぴのこさん
今後は、ますます多チャンネル時代を迎えるので、国民の関心事は多様化していくんだと思います。それでも、敢えてNHK他マスコミ各社が、「国民の関心事=紅白」という捉え方を続けていくのでしょうかね? 凄い気になります。

>T氏
上場した後に、調達資金で持続的な成長事業を作れるかどうかが本当の勝負だろうね。
今上場したい企業の大半は、非上場時の株主が現金を手にするために利用されている面が大きすぎるから。

投稿者 Cazper : 2006年1月12日 09:09