Cazperのつれづれ日記: いつ騰がるのかではなく、どれくらい伸びるのか

« 真の棚卸回転率が重要 | メイン | NHKが番組広告(CM)を作るのは無駄では? »

2006年1月 6日

panda01.gif いつ騰がるのかではなく、どれくらい伸びるのか

経済ニュースを見ていると、株価が連日上がることが喜ばしいように報道しているようですが・・・・・・投資する側にしてみればどんどん株価が上がっていけば実体経済との乖離が無くなってチャンスが減ってくるので悲しい面も存在するわけです。

しかし、人というのは不思議なもので株価が騰がれば騰がるほど儲かると思って色々な人が次々と参入してくるわけです。当然ながら、素人であれ多くの人が株式市場にお金を投ずるようになれば、実体経済とは関係無く株価は騰がり続けます。そうなると、誰でも株を買えば儲けられる状態になります。

・・・当然、このような状態は永遠に続く事はありません。実体経済以上に評価された株は将来的には下落する運命が待っています。

従いまして、株を買うときには企業価値を評価し、それ以下の株価で購入するように心がけなければなりません。

だから、金持ちになれた「すごい習慣」!
人々は高い値がついたとき売るのが株の儲け方だと思っていますが、実は違うのです。一番重要なのは、株をいくらで買うかです。お金が儲かるかどうかは買ったときにすでにきまっているのです。株には限界値というものがあります。それ以上に上にあがることは滅多にありません。ですから、市場が悪いときに買収のタイミングを計るのです。安値で買えばいつかは騰がります。あとはじっくり待つのです。株式投資というのは、それほどむずかしいことではないのです。」(p.114)

企業価値以下に評価された株式を購入すれば、買った額以下に株価が落ちたとしても心配要りません。下落したら追加して購入していけば良いのです。(ちなみに、企業価値を算出する本は本屋に行けば腐るほどあります。)

ここで、気をつけなければならないのは、株価が幾ら企業価値以下に評価されていたとしても、いい会社でなければ買わない姿勢をとらなければなりません。いい会社(高利回りが期待できる株式)とは、特別投資をしなくても、長い将来にわたって安定的にキャッシュフローが増え続ける会社です[引用元]。

いい会社の株を購入すれば、いつ株価が騰がるのかを気にする必要がなくなります。何故ならば、持ち続ければ持ち続けるほど会社の企業価値が上がっていき、株価の騰がり幅と騰がる確率がどんどん上がっていくわけですから。

したがいまして、株を購入する際には、いつ(株価が)騰がるのかを予想するのではなく、どれくらい(企業成長が)伸びるのかを慎重に見極めなければいけないと思います。

投稿者 cazper : 2006年1月 6日 06:24 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/760

コメント