Cazperのつれづれ日記: 陰謀説を敢えて考える[ライブドア騒動関連]

« 創業・ベンチャー国民フォーラムに行ってみた | メイン | 作るのは難しく、崩壊するのは易い »

2006年1月20日

panda01.gif 陰謀説を敢えて考える[ライブドア騒動関連]

この時期に何故、ライブドアに捜査のメスが入ったのか・・・偶然なのでしょうかそれとも必然なのでしょうか・・・

そこであえて国の陰謀説を考えてみたいと思います。

今、国は低金利政策を何としてでも維持したいのです。何故ならば、近い将来、国債を大量に借り換えしなければなりませんからね。

それでは、低金利を維持するための条件はなんでしょうか? それは、景気が劇的に回復せずに、消費者物価の上昇が起きない事です。

しかし、現実的には、株価も16000円台に乗り、重工業をはじめとして景気の回復傾向が見え始めました。

景気が本格的に回復し始めると、各企業は事業を拡大するために設備投資を大きくしていきます。そのため、企業は低金利を活用して、銀行から融資してもらうようになります。

すると・・・、資金需要が活発になるので金利は上昇してしまいます…。これでは、国は困るわけです。

そこで、金利を上昇させないために、「景気が本格回復する前に、警察の力を利用して企業の不正を暴き、株式マーケットに打撃を与える」と言うシナリオ(陰謀説)が考えられます。

この陰謀説を敢えて採ると…ひろゆき氏が言うようにライブドアの上場廃止が現実に行われるかもしれないし、二階堂ドットコムが指摘しているように村上ファンドまで捜査が行われるといった事態もありうるのではないかと思えっちゃいますね。あくまでも、噂や憶測でしかないですが…。

投稿者 cazper : 2006年1月20日 01:52 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/785

コメント

ライブドアは、日本の欲しい会社を外資(というか大金持ち)が安く手に入れるために仕掛けたトロイの木馬だと思います。
おそらくライブドアを上場廃止にすると、ライブドアが保有していた銘柄が大暴落しますが、そこを外資が安く手に入れるのではないかと予想しています。

投稿者 T氏 : 2006年1月20日 23:03

>T氏
2ch見てたら、T氏が言うとおり、GSとマネックスの陰謀説とか流れてるよね。

そういう噂はどーでも良いとしても、今後ライブドアがどのように世の中に扱われていくのかっていうのは気になるところ。

投稿者 Cazper : 2006年1月22日 23:25