Cazperのつれづれ日記: 財務諸表で考える生活

« 面白い人達と飲み会♪ | メイン | スカイマークエアラインズの整備体制は結構危ないと思う »

2006年3月17日

panda01.gif 財務諸表で考える生活

財務諸表といえば企業の内容を見るのに使います。

■殆どの企業の財務諸表は以下の通りです。

企業というのは、資産全部を利用して利益を創出し、資本を増やしていく事が使命となっています。

資産には流動資産、有形固定資産、無体財産があります。これらの資産は資産自身を減らす作用もあれば、増やす作用もあります。例えば、固定資産である土地は保有しているだけならば維持費が掛かります。しかし、マンションを建てて貸せば賃料が入るようになります。また、特許というのも、持っているだけならば維持費が掛かるだけですが、ライセンスしたりすれば収益を得られるようになります。

したがって、経営者は資産を有効利用して資産を増やして、資本を膨らませようとマネジメントしなければなりません。


■対して、多くの個人資産を財務諸表で表すと以下の通りになります。

殆どの人は、資産の一部である「時間と知識と体力」だけを利用して利益(キャッシュ)を創出し、自分自身の資本を増やそうとします。

つまり、殆どの企業は資産全部を利用して利益を創出するのに対し、殆どの人は個人資産の一部しか利用しないで利益を創出しようとしてるわけです。これこそが、企業と個人の収益力の差となります。

それでは、企業並みの収益力を個人が持つためにはどうしたらよいのでしょうか?・・・それは、個人が持つ資産全部を利用して利益を創出しようとすれば良いのだと思います。答えは単純なわけですね。


P.S.
この考え方って結構単純な考え方なのだけど、この考えを心の底で理解して行動に移すのが一番難しい部分なんだろうなぁと感じます。もっとも、この考え方を持つ必要性は無いのですけどね♪

P.S.2
新築マンションを住宅ローンで購入したとすると、財務諸表は大概↓のようになります。

つまり・・・企業財務でいう債務超過ですね。まぁ、債務超過でもキャッシュフローがプラスであれば問題は無いっちゃぁ無いのですが・・・

投稿者 cazper : 2006年3月17日 02:59 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/893

コメント