Cazperのつれづれ日記: 一度に一つの事だけテストする

« 村上ファンドの村上氏が逮捕されるの?と騒がれてるけど… | メイン | 良い経営者よりも良い市場 »

2006年6月 4日

panda01.gif 一度に一つの事だけテストする

工学の分野で、優秀な研究を行う人とそうでない人の違いを観察していると、優秀な人は何らかの障害にぶつかった時に、考えうる原因の中で一つだけに注目して追究していきます。一方、優秀で無い人は、あらゆる原因を同時に追究しようとします。 あらゆる原因を同時に追究しようとすると…結局、何が原因か分からなくなる事が多いです。

ビジネスでも同じだったりします。研究開発をする際に、あれもこれも開発しようと計画を立てると結局何も売り物にならずに終わります。そのため、資本が少ない際は、できるだけ案件を絞って研究開発をする事が大切だったりします。(もちろん、ある程度のポートフォリオの分散は必要なのですが…)

つまり、何らかの事についてテストするならば、一度に一つのことだけにテストする事が重要なわけです。この事が先日読み終えた広告の本に記載されていたので引用しておきます。

ゲリラ・アドバタイジング
テストのルールは、一度に一つのことだけをテストすることだ。いったん見込み客が品質に満足すれば、最高のオファー、価格やメディアが知りたくなる。もし、三つの全要素を三種類のメディアでテストすれば、最高の広告が優れている理由が分からなくなるだろう。オファーの内容が良かったのだろうか、いや価格だろうか、それともあの特定のメディアがよかったのだろうかと自問することになる。しかし、無料のパンフレットという同一のオファーで、商品やサービスは同一価格で、雑誌だけ三種類のことなるものでテストしたらどうなるだろうか。コードが着いたクーポンというものがあるが、核雑誌のクーポンにそれぞれ別の住所や電話番号が用意されている。人々が無料のパンフレットを求めて電話やハガキをよこしてきたとき、あなたは三つの雑誌のうちのどれがあなたにとって最善の方策なのかすぐにわかることになる。(p.266)

投稿者 cazper : 2006年6月 4日 00:32 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1014

コメント