Cazperのつれづれ日記: 次の流行は「キリ格好良い」だ(笑

« プラス思考と単なる期待 | メイン | 再生ファンドは本当に企業価値を創造しているのか? »

2006年7月11日

panda01.gif 次の流行は「キリ格好良い」だ(笑

[曇]
朝6時起き。日経新聞を読んでいたら、「アップルコンピュータ日本法人社長の前刀禎明氏が退任して、ベンチャー起業をする」という記事を見てビックリ。以前、丸の内ビジネス人勉強会で前刀氏の講演を聞いたときにも「アップルコンピュータの社長では終わらない」といった含みを持たせていたので何かあるとは思ったのだが…。直ぐにその日が来るとはねぇ~。

それにしても、前刀氏はマーケッターとして超素晴らしい能力を持っていると思う。切れがある。


会社への行きすがら↓を読み終える。
すごいやり方
本の中の一文「深刻と真剣の違いは何かを考えてみる」というのは深いな~。どちらの状況でも一所懸命になるからねぇ。いつも思うんだけど目の前の事に一所懸命になると同時に、目の前の事から一歩手前に引いてみる事が大切だと思うんだよね。どうも、多くの人が目の前の事しか考えて無い気がしてしょうがない…。(ついでに言えば、目の前の事がどうにもならない状態になってもストレスを抱えながらも突き進もうとしてる人がいるようですね)

で、帰りがけに本屋に寄って↓を立ち読み終える。
全力ウサギ
確かに、経済状況が(見かけ上)好転してきているので、癒し系が飽きられてきている。この状況が続けば次第に全力系が見直されるのも時間の問題となるだろう。そして、流行は「キリ格好良い(キリッとしていて格好が良い)」になると思うんだよね。

最近の設備投資額は引き続き好調という指標がでている。しかし、重工業から腰折れるのは時間の問題だろう。日本は物があふれているのだ。そして、製品の輸出力が付いてきているのは日本よりも人件費の安い国なのだ。

それにしても全力系といえばバブルの時代に流行ったリゲインの宣伝を思い出すよなぁ。「♪キイロと、クーロは、勇気の印、24時間、戦えますか、リーゲイン、リーゲイン、ぼーくらーの、リーゲイン、ビジネスマーン、ビジネスマーン、ジャパニーズ・ビジネスマーン」
リゲインR


今日の地裁の判決で53年の作品の著作権が切れていると判断された模様。ということで、WinnyやBittrent等のP2Pで日本語字幕無しの原作の「ローマの休日」を流しまくっても問題無さげ…と言いたい所なのだけど、P2Pでコンテンツを流出させると海外でも取得できてしまうので著作権問題が発生するんだろうなぁ。

まぁ、著作権の期限を長くしてる事自体がおかしいと思う。何せ今の法改正の議論は、著作者を守るという観点ではなくて、著作財産権の所有者の都合ばかりが優先されてるからね。ライツビジネスは確かに美味しいのだが、期限付きだからこそ美味しいビジネスになっているという事をライツビジネス関係者は認識しないと駄目だろうょ。この問題は著作権だけではなくて、特許も同じだょ。
2ちゃんねるで学ぶ著作権


これは、アイデアの種なのだけども…今、蚊を家に入れないための方法は無いかを考えている。幾ら網戸をしても人の出入りと共にドアから蚊が侵入して、部屋で大暴れし始めるからなぁ(ーー;) エアーカーテンみたいなのを用意するしか無いのかなぁ。

あとは、フワリンカのようにガムを食べると体から匂いが出るように、ガムを食べると蚊の殺虫酵素が血中に溜り、蚊が刺すと蚊自体が死んでしまうとか…ガムを食べると蚊の嫌がる臭いが血中に溜り、一定時間は蚊に刺されにくくなるとか…。(まぁ医薬品関連になってしまい開発するのには障壁高そうだけどねぇ~)

投稿者 cazper : 2006年7月11日 23:59 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1071

コメント