Cazperのつれづれ日記: 他より遅れる事が功を奏する事もある

« [メモ]タグブラウザのタグが多くなりすぎなので整理 | メイン | 「百式」ブログマーケティング勉強会議に参加 »

2006年9月14日

panda01.gif 他より遅れる事が功を奏する事もある

「ビジネスでは、スピードが命」「ビジネスは戦争だ」とか叫んでいる人達がいるかと思えば、ブルーオーシャン戦略とかいう「競合の無い市場をつくる戦略」が提唱されたりするので、世の中の移ろいに面白さを感じる今日この頃です。
ブルー・オーシャン戦略

さて、急速に経済成長している国々を見ていると先進国とは違った成長をしている分野があります。その一つとして、携帯電話が挙げられます。本来ならば、まず固定電話が普及して、それよりもハイテクな携帯電話が後で普及するはずだったのですが、経済成長をしてこなかったがために電話網が普及していない段階で海外からハイテクを導入したので、固定電話よりも携帯電話が普及してしまったわけです。

どっちが電話網の経済効率が高いかといえば、新興国になるでしょう。何故ならば、携帯電話が無い時代に、先進国は辺鄙な土地にまでも電話線を引いて高コスト体質の電話会社を保有してしまったわけですから…
新・経済原論

一方、新興国は携帯電話技術が発達しても、まだ電話網が充実していなかったのです。だからこそ、経済効果の高いインフラを構築できるのです。携帯電話技術があれば、辺鄙な土地に対して維持コストの高い固定電話の電話線を引かなくて済むのですから。

先進国の人々が新興国の現状を見ると、まだまだインフラも整ってないし、先進国に追いつくのは先だと感じやすいとは思います・・・。しかし、新興国の方が今までインフラが整っていなかった分だけ最先端かつ経済効率の高いのインフラを導入する事ができるんですよね。そして新興国が先進国に経済的に追いつく事があるならば、インフラ面では新興国の方が進んでいる可能性が高くなります。

過去を引きずらなくて良い分だけ、遅れたという事が功を奏していたりするわけですね。

固定電話の全国網維持費、全利用者が一律負担

 NTTやKDDIなど主要通信会社は全国一律で固定電話を利用できるサービスを維持するため、過疎地などでの事業の赤字分をすべての電話利用者に負担してもらう方向で検討に入った。来年1月から携帯電話を含む電話利用者に対して一律で一電話番号当たり月額7円の支払いを求める考え。電話料金の実質的な値上げとなるため、消費者の反発も予想されそうだ。 (NIKKEI 2006/09/14)

P.S.1
昨日、この事を書いる途中で寝てしまったのだけど…書きたい事に関する記事が今日の日経に載ってたょ シンクロニシティかな?

P.S.2
下手に賢い人間より、バカの人の方が成長ポテンシャルが高いと言われる所以も一理あるんですよね。(下手に勤めている会社員よりも、ニートの方がポテンシャルが高いと感じている私だったりします・・・。)

投稿者 cazper : 2006年9月14日 07:12 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1152

コメント