Cazperのつれづれ日記: 何に努力し、何に正直か?

« タダコピがGIGAZINEに取り上げられてる! | メイン | 国語・算数・社会・理科よりも人間の社会組織の把握が重要 »

2006年10月25日

panda01.gif 何に努力し、何に正直か?

「うさぎと亀」の話は皆さんがご存知の通り、幾ら要領が良くても、こつこつと努力している人が最後には勝つという事を教えてくれます。世の中では努力・根性・忍耐・正直といった行為を美徳とする雰囲気があるようです

本当にそうでしょうか???

世の中を観察していると、こつこつ努力してる(ように少なくとも見える)人がパッとしていない事の方が多かったりします。逆に、こつこつ努力はしないけど要領の良い人の方が色々と成功しています。

どうしてこうなるのでしょうか??

それは、成功する人は成功するのに必要な事に対して努力・正直であるからなのでしょう。だから、傍から見れば単に要領が良いように見えるわけです。一方、努力・正直なのにパッとしていない人は次から次と目の前に現れる事に対して努力・正直であるからなのでしょう。

そう考えると、努力・正直である前に、「何に努力し、何に正直であるべきか」を考える事が重要なのでしょうね。


今日は↓の本を読み終えた。

思考現実化13のステップ
もしあなたが、努力と正直だけが富をもたらすと信じるひとりなら、そんな考えは捨てて欲しい。それは間違いだ。莫大な富がもたらされるのは、決して努力によるのではない。富がもたらされるとしたら、それは明確な原理を応用し、明確な要求をしたからであり、偶然や幸運によるのではない。(p.123)

投稿者 cazper : 2006年10月25日 20:59 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1205

コメント