Cazperのつれづれ日記: 日ハム優勝は新庄劇場だったが…偶然のようで必然な気が…

« 経営者を見るのは重要だが…客観的データの方が重要 | メイン | 「友人の結婚式二次回」のち「飲み会」のち「ビジネスプラン会」 »

2006年10月28日

panda01.gif 日ハム優勝は新庄劇場だったが…偶然のようで必然な気が…

日ハムが優勝したわけですが、どのテレビ局でも新庄を中心とした映像を流していました。

その中では印象的だったのは、優勝祝賀会で新庄が語った言葉「本当に漫画みたいなストーリー。出来すぎ。きょうが最高の思い出になる」 (asahi.com)でした。

誰が見ても、神懸った幸運が新庄に降ってきたようにしかみえないわけですが…必然としか思えなかったりします。というのも、新庄の言動はナポレオン・ヒル等の自己啓発系の本に書いてある成功の方法を忠実に行なっているからです。
思考現実化13のステップ 成功へのマスターキー

勝ちたいという強い願望、プラスアルファの努力、他人への気配りを忘れていません。

球宴での本盗、そして「かぶり物」で楽しませる新庄の陰に、もう1人のストイックな新庄がいる。「ここで決めてくれ」とファンが思うときに力を発揮できるのは天性のものだけではない。黙っていて胸囲が120センチ近くまでなるはずもない。見えない部分での日々の鍛錬。ぎりぎりの自己管理をするのは期待を裏切りたくないからだと思う。(Nikkansports)

そして、他人への感謝

「やっぱりうれしい。すごいみんないいやつらで、選手全員、裏方、監督、コーチとこうやって喜べることが最高に(ジーンと)きますね」と入団3年目で最後の最後で果たした快挙に感動していた。(日刊スポーツ)

継続した努力

札幌ドームで引退会見し「北海道で種をまき、水を与え、3年目で金色の花を咲かせられたことがうれしい」と、阪神時代の監督で現楽天の野村克也監督が好んで使う言葉を引用して思い出を語った。(デイリースポーツ)

これにより、マスターマインドの力を手に入れているわけです。

小笠原に「4勝して、最後にツーさん(剛志)を胴上げしたい」と言われ、目に指を当てて泣きまね。「みんな、ありがとう」と笑顔を見せた。(asahi.com)

 本塁で待ち構えた新庄とハイタッチを交わし、「新庄さんが泣いていて、これが一番の思い出になりました」。2年間、森本と一緒に鉄壁の外野陣を形成した新庄に、惜別の言葉を送った。(デイリースポーツ

新庄は運が良いと感じた人が多いとは思いますが、実は、新庄が運を呼び込んでいたんでしょうね。


P.S.
また、こういう事書くと怪しまれるのですけどね…。気の流れって何気に見えるんですよね。顔を見れば、運がある人か無い人かもある程度分かりますし…。

投稿者 cazper : 2006年10月28日 02:37 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1209

コメント