Cazperのつれづれ日記: なまけもののすすめ

« 新年会のち金島秀人様と立ち飲み | メイン | SONY製ワイヤレスデジタルオーディオ Wi-Fi Audio 『 VGF-WA1 』の使用感 »

2007年1月20日

panda01.gif なまけもののすすめ

なまけものの私なのですが、そんな私に似ていると言って「ほぼ日刊イトイ新聞」の記事を送ってきた人がいます。読んでみたら以下のように書いてありました。

ほんとにぼくの本来の性質は「なまけもの」なんですが、
 毎日、実は、仕事がおもしろいんだよなぁ。
 たぶん、なのですが、
 以下のようなしくみになっているのではないでしょうか。

 1.前提は、なまけものである。
 2.しかし、なまけていては生きていけない。
 3.なまけものでもやりたくなるような仕事を考える。
 4.なまけものでも、やりたい仕事だから、やっちゃう。
 ‥‥そういうことなのかなぁ、と思うんです。

 逆にぼくが「働き者」であった場合には、
 以下のようになるんじゃないでしょうか。

 1.まず、「働き者」である。
 2.働くことは、ごはんを食べるのと同じ。
 3.今日も元気だ仕事が楽しい。
 ‥‥ってことじゃ、工夫もしようがないですよねぇ。

創造力となまけ力は相関関係があるのではないかと思います。なまけたいからこそ、なまけられるような何かを考える。なまけようとする人は何気に多いから、皆に受け入れられる。そうすると創造する事が楽しくなる。この繰り返しになるんでしょうね。

さて、なまけものにとって気をつけなければ成らないのは「働き者」だと思うのです。糸井氏が書いているように、なまけ者と働き者は思考回路がまったく違います。世で言う働き者は、目の前の作業をこなしていく事で満足感を得ているので、なまけ者に必要とされる創造の時間(ぼ~っとしたりする時間)を無駄であると考える傾向にあります。

本来、理想的な世の中は、なまけ者によって創造され、働き者によって支えられる事なのだと思います。しかし、現実には働き者が標準とされて、その標準になまけ者が組み込まれてしまいやすい社会システムが構築されています。

当然、この社会システムが定着化すると、なまけ者はなまける事が出来ないため本来もっている創造力が発揮されず、創造力が発揮されない働き者が支配する世の中は徐々に衰退していくのです。


なまけものだと、↓のようなあからさまな事をやってみたくもなるんだけど…違うかな(汗 (^_^.)

投稿者 cazper : 2007年1月20日 11:00 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1312

コメント

おもしろい。
色々感じ入りました笑

投稿者 mano : 2007年1月20日 23:43

おもしろい。
色々感じ入りました笑

投稿者 mano : 2007年1月20日 23:44

おもしろい。
色々感じ入りました笑

投稿者 mano : 2007年1月20日 23:44

>manoちゃ
色々かぁ~w

実は糸井氏はこの文章の後に「片付け力」に関しても次のように言及していて、私も反省しまくり。


●もうひとつ、自分は「かたづけられない」性質です。
こっちは、どう考えても、なんにもいいことありません。
かたづけられないから散らかさない、なんてことも、整理がヘタだから捨て方がじょうずになるなんてことも、まったくありません。

投稿者 Cazper : 2007年1月21日 20:49