Cazperのつれづれ日記: 経営コンサルタントは必要か?

« バリュエーション勉強会のち新年会 | メイン | プロダクトアウトで失敗すると、価格の話が出る »

2007年1月 9日

panda01.gif 経営コンサルタントは必要か?

経営コンサルタントといえばマッキンゼーボスコンが有名です。経営コンサルタントは顧客(企業)の経営に対して、問題を発見し、解決の支援をするアドバイザー的な仕事をします(参照)。

経営コンサルタントは優秀な人が多いのも事実なのですが、アドバイス先の人々から見ればやはり外部の人間です。また、コンサルタントは現場に携ってきた人間ではないので、現場の人間からは"素人に何ができるのか"と思われてしまいます。

とはいえ、現場に拘る人々の多くは自分の経験からしか物事を判断しないので、自分の周りの環境が変わっても古い環境でしか通用しない意思決定しか出来なかったりします。そのため、古い人間の意識で固められた組織は、新しい世の中についていけなくなります。

だからこそ、経営コンサルタントが必要になるのでしょう。

これは、個人が良きメンターに導かれる事と同じような感じなのでしょう。ただ、自分の人生は自分で決めないといけないのと同じで、コンサルがついたとしても組織のトップが明確な意思を持っていなければ駄目なんでしょうね。当然ながら、メンターが居なくても良き人生を送っている人もいるのと同じで、コンサルがいなくても良い経営が行われる組織もあるのでしょう。少ないとは思いますが…。

V字回復の経営 三枝匡
 企業が大金を払って外部のプロに戦略立案を任せたら、プレゼンテーションはきれいにできているが、中身は現実の事業展開に使えないという事態はよく聞く話だ。
 逆に、さして勉強もしていない経営幹部が「これは自分たちの内部の問題だ」と言って、社外の知恵を借りることを否定するまではいいが、結局自分できちんとした立案ができず、問題解決を先延ばしにしたり、お粗末な計画を実行して問題を解決できないケースも日常的に発生している。(p.279)

投稿者 cazper : 2007年1月 9日 06:58 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1293

コメント

実兄は父の税理士事務所を手伝っていますが、お客さんとこの経営を立て直そうと色々とアドバイスをしても、社長が動かなければ結局どうにも出来ないということ、それと、動く能力のない社長もいるのでそういうところを本当にどうにかしようと思えば、自分がその会社の中に入って、指導したり変えていったりしなければならないということになる、と、言っていたという話を父から聞いて、「それってコンサルじゃん」と思った。コンサルっていうのも需要があるから生まれた職なんだな、と思った年末年始の里帰りでした。句読点とか分かりにくくてごめんね汗

投稿者 mano : 2007年1月 9日 23:56

>manoちゃ
実兄が指導先の社長さんになっちゃった方が立て直し早そうだね~~~

投稿者 Cazper : 2007年1月11日 01:09