Cazperのつれづれ日記: 悪くなる企業の兆候

« 【百式】のブログマーケティング勉強会の懇親会(SONY) | メイン | ウコンって身体に良いの? »

2007年2月23日

panda01.gif 悪くなる企業の兆候

業績が悪くなる企業というのは必ずといって良い程分かります。例えば以下のような感じです。

●売上げ予想の根拠が無い(下方修正が習慣化している)
戦略とロジックが無かったり甘かったりします。あとは根性で何とかなると思っています。

●売上げを如何に伸ばすかよりも、コスト削減ばかりに目がいく
売上げが伸びないので、コスト削減ばかりに努力してしまいます。(でも一番大事なのは、売上げを伸ばすこと。ただし利益を犠牲にしては駄目です。)

●業績が芳しく無くなっても、具体的な対策を打てないマネジメントが多い
対策を自ら打ち出せないマネジメントは、誰でも出来るわけです。

●活気が無い、覇気が無い人が多い
元気のあるベンチャー企業と元気の無い大企業を見ていると雰囲気に天と地の違いがあります。

●優秀な人ほど抜けてく
優秀な人は他に移っても十分働けるので、業績が悪くなる企業からはどんどん逃げていきます。


以上はインサイダーの視点です。もちろん悪くなる企業の特徴はアウトサイダーでも捉える事が出来ます。それが、以下のような項目です。


●変なファイナンスを繰り返し始める
エタイの知れない人への第三者割り当て増資や(MS)CBの発行を繰り返すということは、まともな金融機関に相手にされていないという事を意味します。

●売上げの伸びが悪くなってもキャッシュアウトが減らない
特損する直前はだいたいこんな感じです。

●業績の踊り場で、株主対策をする
業績の伸びが悪くなってきたときに株主対策をするということは、逆に言えばそろそろ業績が横ばい・下降するのが予想つきます。

●会計方針が合わないから監査法人を変える
そのままの監査法人を利用していると、計上できない特損・売上げを計上している事を意味します。


悪い兆候が摘み取れるならば摘み取る必要があるし、摘み取れなさそうなら近寄らないか逃げるが一番ですね。

投稿者 cazper : 2007年2月23日 12:39 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1587

コメント