Cazperのつれづれ日記: ロリポップでRSS用Perlモジュールは使える模様

« ライツビジネス全盛時代は、価値有るライツを如何に握れるかが鍵 | メイン | ここが変だよJASRAC »

2007年2月 7日

panda01.gif ロリポップでRSS用Perlモジュールは使える模様

ロリポップ!上で動作させるPerlプログラムを作ろうとしています。作ろうと思っているPerlプログラムはモジュールが必要となります。

最近では、Perlインタプリタのインストール時にメジャーなモジュールも一緒にインストールされます。しかし、メジャーなモジュール以外は後から追加してインストールしなければなりません。個人所有のサーバならばCPANシェルを利用して自動でインストール出来るのですが、レンタルサーバだとそうはいきません。

そこで、ロリポップ!のようなレンタルサーバに今回必要としているモジュールが組み込まれているのかをちょっと調べてみました。

そしたら、以下の二つのモジュールは既に組み込まれている事が判明しました。
Jcode
XML::RSS

しかし、パターンマッチング用の次のライブラリは組み込まれていないようです。
Template::Extract

これは「テキストからテンプレートでマッチした部分の文字列を取り出すことができるという機能」が備わっておりWeb情報の抜き出しに便利なモジュールです。(参考:cles::blog)


そこで、ローカルのディレクトリにモジュールファイルを次のように手動で置き、
.(ローカルのホームディレクトリ)/lib/Template/Extract.pm
.(ローカルのホームディレクトリ)/lib/Template/Extract/Compile.pm
.(ローカルのホームディレクトリ)/lib/Template/Extract/Parser.pm
.(ローカルのホームディレクトリ)/lib/Template/Extract/Run.pm

CGIのインクルードPATHに次のような記述を書く事で動作させました。(参照:ここ)
use lib qw(./lib);
use Template::Extract;

インクルードPATHは、Perlのソースをどこに置くかで随時変えてください。上記の例は、ソースプログラムをローカルのホームディレクトリに置いた際の例です。

投稿者 cazper : 2007年2月 7日 02:07 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1460

コメント