Cazperのつれづれ日記: 中国株はいずれ劇的収縮するか?

« レバレッジ・ポイントを探し、上手に使う | メイン | 【ラッキーポイント論】LP論 »

2007年5月24日

panda01.gif 中国株はいずれ劇的収縮するか?

グリーンスパン氏が中国株ブームに対し懸念を表明したようです。

中国株、劇的収縮も・グリーンスパン発言に市場動揺

 米連邦準備理事会(FRB)のグリーンスパン前議長が23日の講演で中国株は「いずれ劇的な収縮が起きる」と懸念を表明、市場を再び揺るがせた。

 米メディアによると、前議長はスペイン・マドリードでの会合に衛星中継で参加。「最近の中国株ブームは明らかに長続きしない」と市場の過熱に警鐘を鳴らした。世界経済への打撃は避けられるとの見通しも示したが、市場は神経質に反応。中国石油化工など米市場に上場する中国企業の預託証券(ADR)が軒並み下落した。 (NIKKEI.NET 2007/5/24)

以前から指摘してはいますが、上海株や深圳株に関しては私は劇的収縮が起こる事もあるかとは思います。

というのも、殆ど利益を上げていない会社の株価が1年もしない間に100%も上げているような事例も見受けられるからです。

しかし、香港市場に目を向ければROEが30%企業というのが少なからずあります。ROEが30%あれば、たとえ今PBRが2倍だとしても、株価がそのままならば3年後にはPBRは1以下に落ちてしまいます。これを割高だと言うのは変でしょう。

グリーンスパンは中国株のインデックスのチャートを見て、値上がりのスピードが急すぎることを指摘したのでしょうが、それを言ってしまえばアメリカ株のインデックスの値上がりも急と言えます。また、中国株は上海・シンセン・香港の3市場があるわけで、これらを一括りで語る事自体がおかしいのではないでしょうか?

投稿者 cazper : 2007年5月24日 21:37 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1742

コメント