Cazperのつれづれ日記: 【妄想中】BB菌で水耕栽培の水浄化

« 2008年に向けた投資一考 | メイン | ケーキ高なクリスマス »

2007年12月24日

panda01.gif 【妄想中】BB菌で水耕栽培の水浄化

以前、メダカの水槽に生物的浄化作用のあるBB菌を投下して一定の効果を確かめました。(製造元:ビッグバイオ)
エコバイオリング
その際に、この浄化作用を他の事に利用できないかなぁ~と考え、その際に浮かんだのが、「花瓶内の水の浄化」と「水耕栽培の水の浄化」でした。


花瓶の中の水は放っておくと水が腐って臭くなります。そのために雑菌の繁殖を防いで栄養を切花に与える活性化剤が販売されています。
花王PAT 400ml(切花活性化剤)

この活性化剤の代わりにBB菌の力で雑菌の繁殖を防ぐ事が出来ないかなぁと考えたわけです。しかし、BB菌は好気性細菌のためエアーが必要です。それに、切花は延命しても1週間程度なので、水を浄化してもあんまり意味がないなぁ~と思いました。

一方、水耕栽培の場合には、水をポンプで循環させるうえに、1週間に1度の頻度で養液を新しくしなければなりません。そのため、エコバイオリングの応用先として適しているのではないかと考えられます。

じゃ、早速実験を行ってみたいのですが…今は、そんな時間を割く(心と身体の)余裕が無いので実験手順等だけ書き残しておきます。

用意するものは、水耕栽培用プランター(ポンプ付き)とエコバイオリングと育てたい苗木です。
ホームハイポニカ501
エコバイオリングは水耕栽培の水溜まりに投下し、ポンプによって養液に空気が含まれるようにすればOKだと思います。

期待できる効果は、今まで1週間に1度のペースで養液の交換をしなければならなかったのが、交換せずに養液の追加をしていくだけで良くなるという事。もしかしたら、養液の追加頻度も落とせるような気もするんですよね。

誰か実験してレポートしてくれるとありがたいのですょ…(゜-゜)


P.S.1
水耕栽培はプラントレベルでも水質管理が大変で、必ず滅菌処理が必要だし、防菌剤の注入をしたりするようです。したがって、水耕栽培のプラントへのBB菌浄化システムの導入は案外上手くいくんじゃないかと思ってたりします。

P.S.2
滅菌という発想ではなく、善玉菌で悪玉菌を抑制するという発想の方がマトモだと思うんですよねぇ。この話は水耕栽培に限らず、普段の生活でも同じだと思います。

P.S.3
普段の生活がドタバタしなくなったら実験してみようかとは思いますょ。

投稿者 cazper : 2007年12月24日 03:12 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1996

コメント