Cazperのつれづれ日記: ドルの実弾と虚弾

« EOYJAPAN 2008 アワードレセプション | メイン | REIT破綻とアジア通貨危機 »

2008年10月 9日

panda01.gif ドルの実弾と虚弾

[うす曇, 気持ちが良い]
為替の動きを見ていると何か違和感を感じます。日本円に対してあれ程までに強かったユーロが弱くなりつつあり、カナダドルも同じように80円台まで落ちてきています。英ポンド、オーストラリアドルも昔の水準を目指して弱くなって来ています。同じようにドルも弱くなってきているのですが...他の通貨が昔の水準の時はドルは日本円に対して強かったわけでして...今後はその水準を(短期的に)目指すような気がしてならないのです。

いくらドルが市場に大量に供給されているとはいえ・・・実弾のドル供給スピードよりも虚弾の信用縮小によるスピードの方が遥かに大きいので均衡するまでは一時的なドル高になる気がするんですね。その後は実弾ばら撒きの副作用により中・長期的なドル安だろうなぁ。実際、日本の通貨以外に対してドルはここんところ強くなってるし。

妄想ですけど...意外に日本の時代の再来が来るんじゃないかなぁと思ってたりします。
わが友、恐慌 (これから日本と日本人の時代が訪れる8つの理由)


それはそうと、朝街角を歩いていると...アコムのティッシュ配りの方の勢いが増してる気がします・・・。不景気で消費者金融需要が増してるんでしょうか?(ボーナスがバカ高い外資系金融に勤めている方の消費者金融利用率は何気に高いみたいですし。)


街角でのティッシュ供給過多になっているので、ティッシュは買い(貰い)です。


今日から読み出したのが↓
ニューノーマル
今までのノーマルがノーマルじゃなくなり、新たなノーマルが生まれる。変化の時代には柔軟な考えが必要ってことですね。


お、ニューシティ・レジデンス投資法人がREIT初で飛んでしまいましたか(民事再生法申請)。破産しようにも資産売却が進まないので、民事再生か会社更生しかないのですが...再生しようにも資金繰りだけの倒産なので100%減資をするぐらいならば時間をかけて資産を切り売りしろという方も出てきますからねぇ。かといって破産処理をすると、このご時世ですから弁護士だけが儲かって残余資産が残りませんし...。資産価値はあるけど売却し難い固定資産リッチな法人の処理スキームには興味があります。

投稿者 cazper : 2008年10月 9日 23:59 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/2305

コメント