Cazperのつれづれ日記: 行動・考え方は直ぐに変えられるが、性格は直ぐには変わらない

« 家庭用風力発電で元を取れるか? | メイン | 【自作でWebcronだ】RSSリーダを利用して擬似的にcronを実行する »

2009年3月21日

panda01.gif 行動・考え方は直ぐに変えられるが、性格は直ぐには変わらない

誰かの影響を受けると「行動・考え方」を変えることは直ぐ出来ます。

例えば、体育会系のサークルに入れば、「性格」が引っ込み思案であっても「行動」はそのサークルの規則に直ぐに影響されて、明朗・快活といった「行動」が見受けられるようになります。

しかしながら、過去からの蓄積で形成されてきた「性格」は実はすぐには直りません。


この原理を理解できずに、自分の性格に不正直になって不幸を呼んでいる人が世の中にはいるようです。


もちろん、子供の"強がる"「行動」が子供を成長さていくように、「行動・考え方」と「性格」の乖離(スプレッド)があるからこそ人間は成長できるわけでして、この乖離によって「性格」は時間をかけて徐々に変化していくものなのです。しかしながら、「行動・考え方」と「性格」の乖離(スプレッド)が埋まらなければ精神的な破綻を迎える事がありえます。


そして、大人になればなるほど性格は直りにくくなるので、社会的な制約によって自分の「行動・考え方」に制約が加えられて「行動・考え方」と「性格」の乖離が生じると、慢性的なストレス状況に陥り、精神的な病を患ったり身体に支障が出てきたりしてしまうことがあるようです。


というわけで、自分に正直に生きるのが一番だと思うんですね。(まぁ自分を理解するのが難しかったりするのですが...)

投稿者 cazper : 2009年3月21日 01:19 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/2482

コメント