Cazperのつれづれ日記: 【仮説】花の開花時期を遅らせるには根の冷却が必要なんじゃないか?

« 高い粗利益率を維持している企業は競争優位性がある | メイン | ルールは単純明快だ! »

2009年5月11日

panda01.gif 【仮説】花の開花時期を遅らせるには根の冷却が必要なんじゃないか?

ちょっと以前に、東北の方の大学で桜の開花時期を遅らせるための研究の様子が行われておりました。冷却水を幹の周辺に流して幹や枝を冷やすことで桜に勘違いを起こさせて開花を遅らせようとしておりました。

しかしながら、結果は失敗していたようです。


一方、個人的に「奇跡のリンゴ」を読んでいまして、植物にとって大切なのは人間の目には見えない土であり根っこの周辺の環境なんだなぁと理解したわけです。

そして、本の中でも林檎の色付きを良くするためには収穫時期に下草を刈って土の温度を下げてやる必要があると書いてあったのです。


そんなある日、この二つの情報が頭の中で繋がりました。「そうか!桜の開花時期を決めているのも根っこ周辺の土の温度なのではないかと!!」 てなわけで、桜の開花時期を制御したい方は根っこ周辺の土そのものを冷却してみたら良いのではないかと思うんですね~。

といっても、実験環境が私には無いので仮説は立てれても、検証は難しいわけですが・・・(誰か検証してみてくださいぉ)

投稿者 cazper : 2009年5月11日 12:23 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/2551

コメント