Cazperのつれづれ日記: 暗号解読

« 学部生不在 | メイン | Maximaマニュアル作成 »

2005年1月19日

panda01.gif 暗号解読

[晴れ 若干暖かい]
研究室に行ったら皆で探偵ファイルの暗号文を解いてたよ。ということで参戦。東工大の頭脳が変な事に使われております。昨日の段階でやればまだ可能性はあったんだけど、結局他の方にやられてしまった模様で賞金ゲットできず。

その後は、2号の学会発表練習に付き合う。実験の結果が重要な研究なので発表資料以前に結果を出すべしという方向になる。

ビジネスの話
プール金を利用するビジネスは意外と多い。このビジネスは上手なビジネスである。保険業がこの典型的な例である。お客からお金を預かり、それを運用し利ざやを稼ぐのである。その他に有名なのは、トラベラーズチェックの事業である。チェックを購入したお客は直ぐにお金を使うわけではないので、一時的にプールされたお金を運用するのである。最近では、電子マネー事業がこの手のビジネスモデルを利用している。確かに電子マネーは便利だけれども、あんまりカードにチャージするのは事業者を儲けさせてるみたいな物なので最低限しかチャージするべきじゃないんだろうね。

中国株の話
1月17日に、本土市場の「エルドスカシミア 上海B 900936」と「承徳帝賢針紡 深センB 200160」が売買停止になった模様。どうも最近中国では不正を働いた者を厳しく検挙しているようでして、それの煽りを喰らったみたいです。というか、去年から上海と深セン市場は株価が思わしくないんですね。お金はH株の方に流れてるみたいです。でも、世の中逆張りが重要。思わしくない市場を見つめる事が重要だよね。

尖閣諸島の話
どうやら、中国が尖閣諸島の領土権を主張してるみたいですね。日本の情報しか取れないからわからないのだけど、日本が主張する歴史的な経緯を見る限り日本の領土だとは思う。逆に中国のサイトの情報を読んだとすれば、中国の領土だなぁと感じるんだろうなぁ。ということで、こういう問題は国際裁判所で判断してもらうのがいざこざ起きなくていいと思う。両者間の交渉だと決裂したときに、あわや戦争なんて方向になってしまうかもしれないしね。こういう問題は感情ではなくて、国際法や歴史の経緯や条約を見比べて決めるべき事。
で、少々飛躍があるのだけど、昨年SARSが中国大陸で流行ったと思うんだけど、何気に私は陰謀説派だったりする。今後も、大陸で何か変な病気が突然流行るとしたならば…ますます疑いたくなるね。その場合、黒幕は日本じゃないだろうけど、日本は被害被りそうだしなぁ・・・いやだなぁ。

日本の話
なにげーに、日本の軍国化シナリオが進んでいるような気がする。憲法改正気運しかり対北朝鮮と対中国に対しての緊張感しかり。私が注目したいのは誰がこのシナリオを描いたのか?そして、推進しているのか?。軍国化への伏線が張られまくってると感じるのは私だけでしょうか(←だいたひかる風)。この問題に関しては黒幕は居ると思います。そして、日本の軍国化への最後の一手も考えられてると思います。それは・・・・国内における・・・・ですね。私の予想が現実化しないことを祈ります。

投稿者 cazper : 2005年1月19日 13:47 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/9

コメント