Cazperのつれづれ日記: Maximaマニュアル作成

« 暗号解読 | メイン | Maxima入門マニュアル作成完了 »

2005年1月20日

panda01.gif Maximaマニュアル作成

[晴れ]
昼頃研究室に赴く。今日はMaximaの入門マニュアルを作成する。このソフト優秀なんだけど、Linuxのディストリビューションによって相性があるらしく、VineLinuxとは相性が若干悪い…。特にグラフィックスの保存関係。マニュアルはLatexで書いているのだが、細かい部分を直すコマンドがよくわからず、グッさんやツッチーに聞きまくる。

日本の財政の話
日本の中央政府だけで借金は700兆円強あるわけだが、これを返済するために税金を高くしようとしている。こんな事をしていたら、悪いスパイラルになることを政府はわかっていないのだろうか?いや、わかっているのだが、公務員自体が自分が不利になるように改革するわけが無いのである。大体、公務員の給与体系の決め方がおかしい。皆は公務員給与の決め方を知っているのだろうか?公務員給与は、全国の従業員数100名規模以上の会社を無作為に選んだ平均給与額で計算されている。しかし、日本に多いのは従業員数10名程度の零細企業なのだ。彼らの平均給与額は公務員給与には反映されていない。
おかしいのはこれだけではない。普通の会社であれば、財務状況が悪くなれば給与体系、余剰人員の整理からはじめるわけだ。しかし、国は税金をあげるところからはじめる。自分に甘く、他人に厳しい状態が長く続けば変な事が将来的に起きるのは自明だろう。

ビジネスの話
服の値段ってどのようにして決まっているのだろうか?高級ブランドに関しては島精機の機械で服を作っているので、製造原価は機械の値段(固定費)と糸の値段(変動費)ということになるかな。固定費を抑えるためには服を大量に作れば良いのだけど、それだとブランド力が落ちるので、固定費がかかっても服を少量生産し、その分を小売価格に上乗せしてるということになる。だから、ブランドの服の値段が高いんだなぁ。
だから、高い服が良い品だというのは妄想に過ぎないよなぁ。何故なら、機械をフル稼働させて服を大量生産させれば、良い品を安く提供できるわけだし…。

ビジネスの話
当初不調だったFOMAも電車内で見ている限り最近は利用者が増えているように思える。このFOMAって伸縮するアンテナが無い。ということは、アンテナが内臓されたりアンプやノイズフィルタが高性能になったのでしょう。とういうこで、ググルとRFモジュールという形で作られているようでした。京セラが作っているというのがわかったけど、他にどのメーカが作っているんでしょう?

ビジネスの話
前にプール金ビジネスで電子マネーが優れてると書いたのだけど、電子マネーには後払い(ポストペイ)方式のものもあるようだ。この一例がPITAPAだ。後払い方式の電子マネーはプール金で儲けるのではなく、決済手数料で儲けるのだ。これは、従来の銀行とジャパンネットバンクやイーバンクなどの決済専用銀行のビジネスモデルの違いと良く似ている。

投稿者 cazper : 2005年1月20日 23:18 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/10

コメント