Cazperのつれづれ日記: たぶん超能力は有る気がする〜

« 韓国からWEBアタックされた!? | メイン | 著作権保護の目的は業界・企業保護なのか »

2005年5月20日

panda01.gif たぶん超能力は有る気がする〜

昨日見たアンビリーバボーという番組で、幽体離脱の話をやっていました。

数人の幽体離脱の体験を紹介した後、アメリカのモンロー研究所の事もとりあげていました。

こういう超常現象の事を言いだす人はキチガイ扱いされやすいのだけど、正直なところ、超能力と言うのは存在するんだろうなぁと感じています。

私は金縛り現象を自らの意志で起こすことが出来ます。金縛りを行なうと、浮遊感があったり、目を閉じているはずなのに部屋全体が見渡せたり、体が無限に伸びた感じになったりします。

そういう感覚を味わっていたので、金縛りをやるついでに、自分が遠くに移動できるように念じたりもしていました(笑 結局、私は幽体離脱はできませんでしたけれども…。

ちなみに、モンロー研究所では幽体離脱をさせるときに、ヘッドフォンで一定の周波数の音を聞かせるわけですが、私が金縛り現象を起こすときには必要有りません。その代わり、金縛り現象を起こす前に結構な確率で 耳なりが生じます。

-----------------
幽体離脱とは別の話なのですが、自分の人生を振り返ると、自分の意志通りになっている気もするわけです。

こうなった理由は二つ考えられます。1つは自分の興味ある通りに生きて来たから思い通りの人生を歩いて来たという考え方です。もう1つは、自分の意志が未来にゴールを作製してくれて自分はそれに導かれただけという考え方です。

前者は一般的な考え方で、後者は超能力的な考え方です。ただ、どうも、前者の考え方だけでは世の中は説明付かない気がします。

投稿者 cazper : 2005年5月20日 00:19 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/321

コメント

お久しぶりです。後半の文に共感したので、コメントさせて頂きます。

私もつい最近までは超能力というか、超常現象というものは全く信じなかったわけですが、最近「運命」というものをよく考えるようになります。現在の自分は、過去の「自分が行った意思決定」のみで創られているとは思えず、目に見えない大きな力が働いているように感じるわけです。

もちろん、運命はもともとレールのように敷設されているとは思いませんし、占いによって決定されている未来が見えるとも思いません。ただ、自分で作っていく運命が見えるか見えないか、それを受け入れるか拒否するかで、自分の人生に対するスタンスが大きく変わっていくのではないでしょうか?

このような考えに至ったのは、作家の白石一文氏の影響が大きいと思います。Cazper様も機会があったら彼の作品をぜひ一読してみてください。

投稿者 とし : 2005年5月20日 08:34

うい、アマゾンで調べたら、それらしき本があったので、今度本を買うときに、ついでに註文してみるよ。

投稿者 Cazper : 2005年5月21日 09:30