Cazperのつれづれ日記: 精神世界と物質世界

« キーロガー・アフィリエイトシステムの提案 | メイン | 精神世界の法則 »

2005年9月 3日

panda01.gif 精神世界と物質世界

世の中には、精神世界と物質世界が存在すると思います。

物質世界とは、物理法則に支配されており、普段の生活では目の前で展開される事象そのものです。

一方、精神世界とは、知識・感情・意志からなる意識が働く場です。

現実の世の中は、物質世界に重きが置かれています。そして、目の前に起きる事が全てであると思わされています。そして、精神世界の鍛錬がなおざりにされています。

しかしならが、精神世界は物質世界に影響を与えていると考えられており、精神世界が浅ければ物質世界に対しても浅くしか影響を与えられないわけです。

そして、人間の表面(物質世界)に出てくる物って、その人が何をどれだけ吸収してるかに依ると思うんですね。

例えば、発音1つとっても、アメリカ人であっても日本で育った子供は日本語がペラペラで英語が話せなかっりします。これは、日本語を吸収して英語を吸収しなかったからです。

同様に、人間の表面に出てくるその人のオーラも同様で、精神世界に影響を与える物事を如何に吸収しているのかに依るわけです。
(オーラといっても、霊とかそういう部分じゃないですよ〜)


また、精神世界はその深奥部において潜在的無意識として万人万物の共通意識に繋がっていると考えられています。したがって、物質世界では離れていても、精神世界では近くに住んでおり、それが物質世界に現れる事というのもあると思うわけです。

例えば、「ある画期的なアイデアが出たら、同時に世界で同じアイデアを思い付いた人が居る」と言われています。 これがどういう現象なのかというと、ヒラメキエネルギーが精神世界で発火して、精神世界で発火場所の近くに居る人が複数人いるからこそ、世界で同じアイデアを思い付く人が複数人出てくると思うんです。


よって、良い書物、良い人と出会い、良い行為をしていくと、それが精神世界に良い影響を与え、その結果として精神世界で近い人を引き寄せ、さらに物質世界に良い影響を与えて行くのだと思います。

投稿者 cazper : 2005年9月 3日 20:05 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/554

このリストは、次のエントリーを参照しています: 精神世界と物質世界:

» イメージトレーニング from アヴァンギャルド精神世界
冥想の究極には自分とか他人というのを超えた世界が広がっており、その絶対的な世界の立場から言えば冥想に目的などないが、あえてノウハウもの的目的別に冥想を言うならば... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年9月11日 10:55

コメント

よって、良い書物、良い人と出会い、良い行為をしていくと、それが精神世界に良い影響を与え、その結果として精神世界で近い人を引き寄せ、さらに物質世界に良い影響を与えて行くのだと思います。>>>

精神世界の事物が、物質化する原理は、深層でイメージすることができれば、それが現実として出現するという単純なメカニズムなのだと思いますが、どういう風に運用していくかと言えば、貴殿と同様に善いイメージを作っていくことに尽きると思います。

投稿者 湖南 : 2005年9月11日 10:58