Cazperのつれづれ日記: 議決権こそが株主の権利

« 効率の良い会議の進め方[メモ] | メイン | 中国で液化天然ガス(LNG)が本格的に普及するぞぉ »

2006年6月28日

panda01.gif 議決権こそが株主の権利

本日は、株主総会のピーク日だったりします。私は残念ながら今年も株主総会に参加できていません(ーー;)。過去に参加した株主総会では質問を必ずしていたので、また出席してみたいものです。


と、そんな事はどうでもいいのですが、最近、個人投資家の間では普通株の議決権に対する意識が希釈化しているような気がしてなりません。

何故かと言うと、まず一点はデイトレーダーのような短期売買をする人が増えた事。もう一点は、株を買うか買わないかの判断を…会社の価値ではなく、株主優待や株主総会でのイベント内容で決めてしまう人が増えた事です。

この背景には、東証や各企業が安定株主工作や株の流動性の観点から個人株主を増やすことに注力した事があります。個人株主を増やすのに手っ取り早い方法として、小口で株を購入できるようにしたり、株主優待の設定や株主総会の豪華イベントを開催したわけです。

ホリエモンが敵対的企業買収をやろうとしていた頃には「会社は誰のものか?」という質問がテレビでよく聞かれたり、関連する本が発行されたりしましたが……個人的には、財産権云々はステークホルダーのものであるとは思うものの、会社の経営方針に対する議決権はあくまでも株主のものであると思います。

世の中では財テクのための投資家教育が叫ばれているわけですが…株主優待や豪華イベントに騙される事無く、経営内容を判断して議決権を行使させるような教育を行う事こそが必要なのではないでしょうか?


P.S.
株主の議決権への意識が薄いのも問題ですが、会社の従業員・経営者とて自分の会社における活動資金は株主・債権者の資金を利用していると言う意識が薄いのも問題だと思います。

投稿者 cazper : 2006年6月28日 20:45 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1048

コメント