Cazperのつれづれ日記: 顧客軸(市場軸)、技術軸(製品軸)、機能軸

« 再生ファンドは本当に企業価値を創造しているのか? | メイン | ついにゼロ金利解除&小島屋のうなぎの勧め »

2006年7月13日

panda01.gif 顧客軸(市場軸)、技術軸(製品軸)、機能軸

↓の本をゆっくり読んでいます。この手の本は何冊も読んでいるけど…普段考えていることが文字で書いてあると文章が上手いなぁ~と感心してしまいます。というわけで紹介↓


MBA経営戦略
ドメインを決定する際は、顧客軸(市場軸)、技術軸(製品軸)に加えて、顧客に果たす機能(機能軸)で定義することで、新たな視野が開ける場合が多い。たとえば、かつて、アメリカの鉄道会社は自社の事業を「鉄道」とのみ定義し、「輸送」という機能軸を定義しなかったため、トラック輸送や飛行機との競争に敗れたとされている。当初から機能軸に注目していたならば、輸送業界の展開は異なっていただろう。時と共に変化する顧客ニーズを追いかけながら、ドメインを拡大・修正していくことが求められているのである。(p.33)
顧客に果たす機能という部分は重要なのだけど、「製品の機能」と「顧客に果たす機能」の違いが判らない人が多いのも事実です。(特に技術屋さんはね~)

例えば、プログラム関係の人の会話。
A:「お前のところは製品は何の言語で開発してるの?」
B::「Javaだよ」
A:「俺のところなんて、C++だよ」
B:「でも、Aのところの製品だったらJavaで開発すべきだよ」
正直なところ、顧客にとってみれば、何の言語で開発されても良いわけです。顧客が気にするのは、使い勝手と製品で実現できる事だけです。

よく薄型テレビに用いられる技術で様々な手法が比較されますが、はっきり言って下らなさ過ぎます。お客は部屋のスペースを取らない程度の薄型テレビが欲しいだけで、それを実現する技術なんて興味が有りません。
「TFT」「有機EL」「SED」「新型ブラウン管」等々色々あり、それらは技術としては面白いのですが・・・売れるかどうかは別なわけです。

技術開発型の企業の関係者は、技術その物に惚れてしまう傾向があるので気をつけましょう。


P.S.
気をつけましょうと書きましたが、このメッセージは2種類の人に対して発しています。●一つは技術開発型企業に勤める人です。彼らは技術その物が素晴らしいと勘違いする可能性があるので常に一歩引いた目を持たなければならないと思います。●もう一つは、技術開発型企業に投資する人です。「最新の技術だ!今までの企業とは違う」と思われている分野への投資は超超超慎重になるべきです。なぜならば、「最新の技術」が良いビジネスに結びつくとは限らないですから。

投稿者 cazper : 2006年7月13日 07:10 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1073

コメント