Cazperのつれづれ日記: プール排水機構にもフィールセーフ設計を!

« 台湾旅行9日目[台北・東京] | メイン | 人生の(経済的な)節目は経済で決める »

2006年8月 7日

panda01.gif プール排水機構にもフィールセーフ設計を!

私が旅行している間に、プール排水口にこどもが吸われて亡くなるという事故がおきました。死因は、圧迫による脳損傷との事です。

このようなプール排水口の事故は今までにも何件も報告されています。それにも関わらず、事故は無くなりません。

何故でしょうか? それは、排水口の事故が起きた直後にだけ点検が強化され、また暫く経つと管理がずさんになるからです。残念ながら人間の性格とはそういう物なのです。

もちろん、管理項目を強化する事で防ぐことも重要ですが、事故が起きたとしても大事故に繋がらないような物を設計・構築していく事が重要になります。

このような設計思想はフィールセーフと呼ばれています。フィールセーフとは、もし機械・設備に故障が発生した時に、安全側に故障する仕組みをいいます(引用元)。既に、飛行機等の大事故が起きたら致命的な物の設計には取り入れられています。

それでは、フィールセーフな思想を反映させたプールの排水機構は何でしょうか?  それは、排水口を複数の口に分ける事でしょう。そして、排水口同士の間隔は人一人の大きさ以上離れるようにする事です。そして、一つの排水口の大きさは子供の頭の大きさよりも小さく作る事です。

そうすれば、排水口を囲う鉄柵が外れて排水口に吸い込まれたとしても、他の口が塞がれているわけではないので簡単に抜くことが出来ますし、一つ一つの排水口の大きさも人の頭よりも小さいので管の奥まで吸い込まれる事がないのです。

というわけで、既にあるプールは管理強化するしかないでしょうけれども、今後新設されるプールはフィールセーフな設計を取り入れていくべきだと思いますぉ。

投稿者 cazper : 2006年8月 7日 06:56 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1109

コメント