Cazperのつれづれ日記: 地図で見る、アジア経済圏の重要都市

« お金で買えないものこそが価値がある | メイン | 経済のクラッシュは次の時代を生む »

2006年8月17日

panda01.gif 地図で見る、アジア経済圏の重要都市

たまには、経済の話を書きます。誰でも知っている事ですが、地理と経済は切っても切れない関係にあります。

例えば、シンガポール。中東からの物資を日本へタンカーで運ぶのに一番便利なのがシンガポール近海を通る事だったのです。そのため、日本の経済が発達すればシンガポールもその恩恵を最大限に受けることができます。


さて、最近は中国の経済発展が目覚しいわけです。それを踏まえて地図を見直すと…上海・香港が重要な都市になってくる事がわかります。

特に、アジア圏に於いて中国経済が発展していくと上海は良い場所にある事がわかります。まず、中国国内の内陸の各都市へアクセスするのに便利な位置にあります。また、上海以北にある韓国・日本・(ロシア)、上海以南にある台湾・フィリピン・ベトナム・タイ等々の各都市の中心に位置しています。


一方、インドも経済発展しているので、それを踏まえてアジア圏各都市へのアクセスのし易さを考えると、タイのバンコクが重要な都市となってくるのがわかります。(地図) その反面シンガポールは、海の物流という部分では依然重要なのですが、アジア圏を統括するオフィスを置く事を考えると若干地の利が悪いように感じます。


というわけで、アジア経済発展の上で今後重要な都市となるのは「上海」と「バンコク」だと思います。(まぁ、上海は既に重要視されてるわけですが…。)


P.S.
世界経済圏で見ると、東京というのは太平洋に面している事もあって今後も重要都市であり続ける気がします。あと、経済圏という話ではないですが、台湾の高雄が今後ちょっと面白いですね。

投稿者 cazper : 2006年8月17日 01:26 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1117

コメント