Cazperのつれづれ日記: 大切なのはオーナーシップマインド

« 自社株買いは誰のため? | メイン | 【悪の錬金術】ストックオプションのための自社株買い »

2006年8月30日

panda01.gif 大切なのはオーナーシップマインド

世の中には、自分の所有物ではないとぞんざいに扱う人が多く居ます。

例えば、「タバコのポイ捨て」があげられます。自分の家でタバコを吸う際には、部屋を汚くしたくないのでタバコの吸殻をゴミ箱に捨てます。しかし、自分の所有物ではない公道にはタバコを平気で捨てる人がいるわけです。

他の例として「CDのレンタル」があげられます。自分が購入したCD・DVDは傷が付くと嫌なので丁寧に扱う一方で、レンタルしてきたCDは机にポイっと投げたりして多少の傷が付いてしまっても、自分も物ではないから関係ないと思う人がいます。

他に、「人の扱い」も同様です。自分の子供に対しては愛情を注ぐ一方で、社会において自分より地位・身分の低い人に対しては酷い扱いをする人がいます。

他人の物であったり、他人との共有資産だからといって雑に扱ってよいものなのでしょうか? 本来ならば他人が関わる分だけより丁寧に扱わなければならないはずなのです。しかし、現実には他人の物ほど雑に扱う傾向が多く見受けられます。

つまり、大切なのは他人の物を利用する際であっても、あたかも自分の所有物のように扱うオーナーシップマインドを持つ事なのです。

会社で従業員の立場で働いている人がいるとしましょう。あるプロジェクトを進める際に、常に考えなければならないのは、「自分がプロジェクトに自腹で投資するとしたら、投資するだろうか?」という問いなわけです。成功するかしないか分からないけど、自分のお金でやっているわけではないからとりあえずやる、という考えでは駄目なのです。

また、オーナーシップマインドを持っていない従業員に士気向上のために自社株(orストックオプション)を配布したとしましょう。しかし、オーナーシップマインドを持たない人は、ステークホルダーの共有財産である企業体の価値には興味がわきません。そのため、自分が保有する株さえ高くなれば良いと思ってしまうわけです。つまり、自社株を配布するよりも、オーナーシップマインドを植え込む事の方が大切だったりします。


P.S.
目に見える物を与えるよりも、思想・哲学といった見えない物を与える事が重要だという事ですね。ただ、難しいのは、「衣食満ち足りて礼節を知る」のが人間で…人間とは貪欲な生き物なので、衣食が満ち足りるための基準の高い人が多いことでしょうね…

投稿者 cazper : 2006年8月30日 20:14 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1135

コメント